結婚記念日

結婚記念日の当日、午前中のホームスクールをささっと済ませてから午後から、東京駅へ向かいました。

昨年夏以来、仙台と横浜を往復している彼(=主人)は、結婚記念日は仙台で仕事でしたので、そこでお祝いをするためです。

 

久しぶりの新幹線、SUICAのアプリがちゃんと作動してくれるのか、改札口をピッて通るまでドキドキしてました。新幹線用の改札口で

 

「ピッ」って通過できた瞬間。

 

あぁ、私は文明を生き抜いた!って思ったよ。あぁ、ホームスクール&車移動の多い私はどんどん文明社会から追いやられているように思う笑笑。

 

1時間半の移動のあと、着きました。仙台。

↑ 仙台の景色。

 

主人が宿泊しているホテルに到着後、部屋へはいると。

お祝いのお花が置いてありました♡ 年々、ロマンティックになっているような。ありがとう。

 

仕事帰りの主人をラウンジで待つこと数時間。そのまま、ディナーへ行きました。

 

同じホテルの最上階の日本食屋さんでした~。

 

いろいろと楽しい話をしながら、最後のプレートに

メッセージが。お花も描いてありました。可愛い。

 

今回、ホテルの方々には本当にお世話になりました。部屋のアップグレードから、結婚記念日だからと細かいサービスまで、心遣いを感じました。派手な祝いではなかったのですが、帰ってきてからも「楽しい時間だったな」としみじみ感じています。

 

20年、う~ん。これは、節目ですね。

10年目の時ほどきらびやかなイベントではないのですが、20年はしみじみとこの人と結婚してよかったと深く思いました。私の欠点も20年もたつと隠しきれないっていうか、いろいろボロボロと自己中な私がたくさん出てきちゃうし、20年の中で一回も苦労がないってことはないし、そういったある意味「影」な部分も含めて驚かずに受け入れて、さらに許してくれちゃう主人の想いに愛を感じています。主人も主人で自分の足りない分部をサポートを感謝していると、従い続けることをありがたく思ってくれているみたいで、そんな話をつらつら話していました。

 

結婚記念日って、やっぱりその日ならではのマジックがあるよね。普段言えないようなことも、さらりと言えたりね。

 

主人の仕事の都合に合わせての一泊だけの仙台でしたが、のんびり過ごさせてもらいました。

 

 

勉強したり、本を読んだり、仙台市内をぷらぷら散策しました。

↑ 帰りの新幹線前に仙台駅で「ずんだシェイク」を購入。

こうして、結婚記念日のささやかなお祝いが終わりました。

 

 

その間の子供たちはというと、お姉ちゃんは大学、した二人は自主勉強で過ごしていました。洗濯と食事、犬の世話さえすれば、掃除はいいよと。普段4人で回している家事を3人(昼間は2人)で回すことになるので、そんな感じで過ごしました。

 

 

次の日の子供たちの勉強のスコアーのチェックが半端なかったのは言うまでもありません。

 

 

ここ数年、夫婦の旅行は北陸が多かったのですが、主人の仕事が落ち着くまでは東北を中心に遊びに行くのもいいなと思っています。

 

片付けたよ~

緑と赤と金色のクリスマスカラーから、家が一気にシンプルになりました。

 

テレビ周りも…

ダイニングも…

 

クリスマス装飾がなくなると、ちょっぴりさみしい気持ちになりますね。

 

 

今回は、私と長男と次女の3人だけでツリーの飾りを取り外し、解体したり、窓枠のガーランド、各部屋の装飾品を片付けたのですが、なかなか骨の折れる仕事でした。

 

子供たちがそれぞれ進学就職して家にいるのは私一人になったら、どうやって片付けるのかしら?とちょっと考えて、口にしたら、子供たちに即効で「無理だろう」と言われました。でも、クリスマスが大好きな私なので、おばあちゃんになっても、クリスマスツリーは飾りたいな~って思っちゃうんだよね。

 

新年が始まり、先日1週間の断食祈り会も終わり、いよいよ今年が始動したって感じです。

 

2019年、行くぜ!

いよいよ結婚20年です。

年を明けてもクリスマスデコレーションの中で生活している辻家です。

 

先週の日曜日の夜に、辻家の誕生日でもある私たちの結婚記念日を祝ってケーキを食べました。

 

結婚式当日の写真をおいて撮ったら?という娘のアドバイスをもらい、写真を撮ったのですが、

 

「なんか、私たち、死んじゃったみたいね…」

 

ってなって、結局、ブログ冒頭の写真を撮ってもらいました。

 

20年たって変わったことはいろいろあるけれど、あえて、増加と減少で考えると

増えたこと

体重、白髪、しわ、笑い、年収、そしてなによりも主の弟子が加えられました!

減ったこと

髪の毛、体力、奨学金返済金、歯、……あとなんだろうねぇ。減ったものを思い出すのはなかなか難しい。

 

子供が二十歳になると大人といいますが、私たちの結婚生活も大人の域に入るのでしょうか?あと5年でいよいよ銀婚式です。

結婚した時は20年後がどうなるか全く想像もつきませんでした。今、次の20年後を思うとそれは簡単に想像できます。どこで何をしているのかは不明ですが、私の横には主人がいるってのはわかります。(お互いに健康であれば(笑))

 

今年は20周年という区切りの年でもあるので、久しぶりに結婚式の写真を引っ張り出して、家族で見ました。

そこにはウェディングドレスとタキシードの二人、そして、結婚式の式次第なんかもちゃんと残ってて、20年前のあの日にタイムスリップした気持ちになりました。

私は、バージンロードを結婚行進曲ではなく、マラナサのI love you, Lord.で歩きました。主人もそのことを覚えていてか、ギターを取り出して、演奏してくれたので家族で初めてこの曲を歌いました。

最近、ヒルソングのYOUNG and FREE でこの曲がカバーされたそうです。→ こちら

この曲と私たちの家族の縁について話をしたのは、その時が初めてだったのですが、子供たちは個別にこの曲を聴いて、いいな~と思っていたそうで、「自分が好きな曲が家族の思い出の曲とわかって、ますます好きになったわ~」と話してくれました。

私が、子供たちに子守歌として歌っていた古い賛美も、最近、どなたかが現代風にカバーしているそうで、「ママ、この曲、めっちゃいいんだよ!」って伝えてくれた時も、そんな下りの話をしました。

 

時代が巡り巡って、よい賛美は受け継がれてゆくのですね~。自分が好きな曲を、子供たちもいいな~って言ってくれるのはうれしいです。

 

step by step, hands in hands…. これからも楽しく暮らしましょうね。

 

 

おまけ。  ジョエルの位置!

 

ジョエル、ケーキ、狙ってます!

2019年の習い事

2018年はカジュアルフレンチのお料理教室に通っていました。

ですが、悲しいことにその先生が年末でおやめになってしまったの。

でもこれは何か新しいことを始める転機かも?と

前からやってみたいと思っていたけれど、ハードルが高くって無理だろうと勝手に思っていたお茶に挑戦することにしました。

といっても、毎週通うことはできないし、お着物もないので、こちら普段着で椅子で習える、茶論さんにて気軽な感じで始めました。

気持ちとしては毎月1回、ホームスクールが終わった午後に自分を見つめなおす時間としていきたいと思っています。

 

お茶ってもっととっつきにくいものだと思っていました。やってみると楽しいです。

 

さっそくアマゾンで簡単な茶器セットを購入したのですが、やはりお道具が違うと泡立ちとか違うのかな?と感じています。

 

お出かけしたら、茶道具や茶器のお店にふらりと入るくせが今年はつきそうです。

年末のいろいろ〆と片付けの末

2018年の後半はなんだかカオスな状態で過ぎて行ったのですが、その中でちょっとしたご褒美的なこともありました。

 

数年前に家族の経済が危機的な状況になった時から、月々の予算、年間の予算、そして長期的なプランを3本立てでチェックするようになったのですが、年末に年間の予算を〆ますかとチェックすると、

 

予定していた家族の『お楽しみDAY』の予算が2回分、まるまるそっくり余っていました。

 

せっかくなので、使いましょうということになり、服がいいのか、どこかに遊びに行くのかとか、考えた結果

 

全員の予定が合うのは結構無理があるよね~ということになり、家族で遊べるニンテンドースイッチを購入することにしました。

 

それに伴い、古いWiiやソフトを処分、そして本も整理しましょうとなりすっきりブックオフで買い取ってもらいました。

 

早速、楽しそうに遊ぶ のん&はーの二人組

 

そして、ブックオフで

日本の歴史の漫画を買いました。なんで今まで家になかったんだろうか不思議でもあるのですが、なんか、昔、読んだなぁって懐かしくて、自分が一番読みそうです。

 

美術のレポート、時間がかかるぅ。

我が家の息子君が10月から通信制高校に入ったことはすでにこちらでも書き込んでおりますが、この学校は入学から9か月間で全レポートを仕上げ、残りの3か月でスクーリングやら、総合テストを受講するようです。科目によっては年間12枚のレポート提出が必要です。なのでそのような科目は1か月に1枚というよりは3週間で1枚というようなペース配分になります。

 

入学して3か月たちますが、彼の特性=1)長期記憶の保存が難しい 2)時間感覚をつかみにくいので、急に時間が差し迫るとプレッシャーに弱い 3)マルチタスクが苦手…などなど を考慮し、勉強の仕方を変えました。

 

一番大きな変化はACEのすべての勉強をストップしました。

今は、通信制の勉強の仕方をまずしっかりと抑え、指定されているレポート最終期日(6月15日)より前にレポートをなるべく終わらせることを目標にしています。

そうして、残りの3か月をACEの残りのペースや英検などの資格取得のために時間を使うということができると、彼の心に余裕ができていいなと思っています。以上は彼本人と決めました。

 

さて、昨日は美術のレポートをしたのですが、美術は教科書がありません。

なので、iPadでレポートを進めながら、質問に答えるためにパソコンで動画を流すということをしてみました。他の科目のレポートでは、教科書の何ページという指定もあったりするので、教科書がない美術のレポートは動画を見返すしかないかなというのが大きな理由ですが、あとは彼は長期に記憶を保持できないという理由もあります。

 

例えばこんな質問で、

質問:ドローイングでは、O先生はクレパスを使った後、?を使って、しかも筆を使わずに描きました

という質問は、いきなり答えるのは難しいと思います。

なので、勝手ながら、やれるだけ自力で答え、これは厳しいなという問題は動画に戻って書き込むこともやりました。

 

同じディバイスで動画に戻ってしまうと、それまで書いていた答えがすべて消えてしまうことが前にあったので。

ということで、PCとiPadを同時に開いてレポートです。

こちらの学校、レポートに不合格ですと、再テストを受けて最終的には合格点に達成するまでレポートを受けられるのですが、最終的に成績に残るのは最初のレポートです。

 

ACEのシステムとそこが違うことがわかりました。ACEでは、PACEテストで合格点に届かないと再テストですが、再テストの点数が成績に反映されるからです。

 

なので、レポートはなるべく慎重に一緒にやるようにしています。

日本のカリキュラムは初めてなので、質問の意図していることがわからないということがあるんです。慣れもあると思うのですが、彼の特性も踏まえ、

日本語を日本語に訳してます。笑

 

ADSの子供は、内容はわかっているのにその表記の仕方がわからなくて誤解されたり、間違っているということが多くあります。それは相手の立場にたって考えてみるということが難しい特性の一つでもあるとおもうのです。

ですから、この質問はね、と質問を擬人化して、質問の答えになるキーワードを探したり、質問の中に隠されているヒントをヒントとしてわかるように説明してあげたりしています。

 

3年間ありますので、1年目はフルプロンプト(かなりの手助け)で成功率が上がればと思います。3年生の時までには私の手助けがなくても、記述式レポートや記憶式の質問に答えられるようになるのが目標です。

 

きっといろいろな質問に答えていく中で、勉強するコツもわかってくるかなと期待しています。

2019年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

2019年1月1日は、家族だけで過ごすことができました。感謝です。

 

年末年始の過ごした方としては、横浜で一番高い山と言われる大山へハイキングに行くんです。ですので、今年も張り切って車に乗り込み、森へ向かったところ…その森の施設の大幅改装工事ということで駐車場が閉場でした~。残念。

 

ということで、海の公園へ。

 

久しぶりに取り出したチェキを使って、浜辺でカメラマンごっこ。

その後、家でボードゲームして、すき焼きを食べました~。

 

すでに2019年も1週間がたちましたが、今週の月曜日からホームスクールが始まっております。

 

ちびちびと書いていきますね。

2018年 お世話になりました!

バイト帰りのお姉ちゃんを待ってからの、家族の年越しです。

神様に感謝しかない1年でした。

また、子育てのこと、個人の話し、書きにきまーす!

クリスマス2018

いよいよクリスマスが来週となりました。

クリスマス礼拝やクリスマスパーティーで忙しくしている方も多いと思います。

 

実は今だからか書けるのですが、私は去年、毎週末クリスマスパーティーのような12月を過ごし、そしてクリスマスイブに父が入院したと知らせを聞いて、なにかがプチっと切れてしまったのでしょうか?

 

円形脱毛症になってしまいました。ほんと、初めてのことでびっくりしました!!!

 

それで、今年は少し意識してゆる~く過ごしてきました。本当に私が行くべきものか?私が行かなくてもいいものは断るというくらいの気持ちでいました。

それでもやっぱり忙しい12月です(笑)

 

話は少し変わるのですが、私は毎年、ロイヘッションのカルバリの道という本を読むようにしています。この本はとても薄い本なのですが、自分が砕かれる必要があると感じます。イエス様の十字架が心に迫ってくるそんな本です。

町がクリスマスでにぎわっている時に読むと、あぁ、こんな罪深い私を許してくださるために生まれてこられたと、イエス様の誕生のありがたみがひしひしと感じられました。

 

今朝、神様にお祈りをしていた時に、週末のクリスマス会準備で少し心が騒いでいまる自分を発見しました。私の中の「やらなくっちゃ」スイッチが入ってしまい、そのことをイエス様に告白した時に、私がトラウマの出来事が頭にふと浮かびました。そして、そのことをイエス様にもっていき、悔い改め、裁いていたこと、裁いていた人を赦す祈りができました。クリスマス会の主役はイエス様でイエス様をお迎えすることが会にとって最高に幸せなことだと気づきました。はっきりいって私の下準備はどうでもいいことなんだなと。その時に、マリヤとマルタの話を思い出し、大切なことは一つと思い出すことができました。

 

と同時に、頭の中に

♪Holy Spirit ここに、そばにひきよせ、あなたを知るため♪

といつも教会で歌っている賛美が浮かんできました。

クリスマス会が最初から最後まで聖霊様がいてくださるので、私をあなたのそばに引き寄せてくださいと賛美することができました。

 

 

アドベント最後の週に、神様が「私の元においで、一緒に祝おう」とクリスマスに招待してくださったように感じました。

 

 

どうか、ブログリーダーの皆さんも素敵なクリスマスとなりますように。

 

 

LAB

ACE9年生の理科は生物です。

生物の実験はDVDを見ながら勉強します。

こちら、ミミズの解剖だそうです。

めっちゃクリスマスの雰囲気のリビングで、そして大画面で…

 

ミミズの解剖…。

 

なんか妙にシュールな光景でした。

 

あと1日で冬休みです。