Archive for nachan

着付け教室:プチおでかけ

GW開けの久しぶりの着付けクラスはプチお出かけでした。

先生には「帯締めるところまでは自分で着てね~」と言われていたのですが、生徒さんみんなで「あれ?あれ?次は何だっけ?」となかなか覚えられずに「先生~」のお声があちらこちらから聞こえました。

お教室にあるものを借りているのですが、ちょっとずつ、余裕のある時に小物を買うようにしています。今回、中につかっている気崩れないためのベルトがあるのですが、そちらだけ自分のものを使ってみました。

「浴衣でも、ものによっては長じゅばんを着て、お草履はいて、昼間に着て出かけられるものもあるのよ」と先生に教えていただいたので、今度先生にチェックしてもらう予定です。自分で練習して出かけないと、試験に受かりそうにないわ~。

来年はオリンピックで海外の方も多く来られるから、着物着て出かけられるようになりたいわ~♡

母の日のカード

母の日にもらったカードがすごくうれしかったの。

To the best story teller, tea maker, gift wrapper, taxi driver, hug giver….

私はホームスクールで子供を育てているので、本当に彼らにとっては母親だけにとどまらない、何でも屋さんでした。幼稚園の先生であり、小学生の先生であり、中学の先生であり、高校の先生でもありました。セラピストであり、カウンセラーであり、掃除のおばさんであり、給食のおばさんでした。スクールバスのドライバーであり、チアリーダーであり、コーチでありました。この言葉を読んだとき、10数年のホームスクールの思い出が、走馬灯のように頭の中を駆け巡り、私は多くの思い出を子供たちと共有してきたことを神様に心から感謝しました。

このカードを選んでくれた子供たちのセンスに感動です。思いがいっぱい詰まったカードをありがとう。み言葉も選んでくれてありがとう。

GWとその後仙台ロードトリップ

10連休というGW、皆様はいかがお過ごしでしたか?私の周りでも小さな旅行から大きな旅行に出かけた方、いろいろなGWの思い出があったようです。やっぱりGWはいいね。

我が家のGWは普通にホームスクールだったのですが、合間を縫ってぽつぽつ遊んだりしてました。
教会のお友達に誕生日を祝ってもらったり(誕生日は4月12日だったけれど…)

習い事のお茶に行ったり

あとは、家族でBBQ。そして、家カラオケ🎤すっごく楽しかった~。

世間様のGWが終わった後に、私は一人、東北道を運転して主人の仕事先の仙台に遊びに行きました。

朝、軽くホームスクールをしてから、出発しました。都内を抜けてから、ちょっと遅い昼ご飯です。一度食べてみたかった佐野ラーメンです。

東北道を飛ばしに飛ばし、夕方には仙台のホテルに到着。仕事帰りの主人と和風の小料理店へ行きました。三陸のカキの天ぷらが美味しかったこと。このカキのためにまた仙台に行きたいと思ったくらい。

実は、出発してから知った仙台までの距離…400キロあるのね。ホテルの人にも、その後も出かけ先で「車で来たんですか?」と驚かれること驚かれること。新幹線もいいけれど、車は個室間があるから歌えるし、祈れるし、リラックスできるし、東北道の森林浴もよかったし、新緑にかかる藤の花が見事だったしで、距離はあったけど、私はすごく楽しんじゃいました。夏は暑いから運転しないと思うけれど、秋はまた紅葉の季節に東北道をドライブしたいな~。

昔、東北では冬に農業ができないために自然の素材を使った籠を作って生活の糧にしていたとのこと。籠編みの技術がたけているんだそうです。主人が仕事中は時間があったので、工房でひとつ籠バックをお土産に購入しました。つるに含まれるポリフェノールが酸化して、これからつやつやのこげ茶になってくるそうです。

ご興味のある方はこちら。希工房です。

一泊旅行の帰り道は主人とドライブデート。私が彼の運転しやすいような私服を持って出かけたので、仕事着から着替えて4時間ほど、ドライブを楽しんで帰ってきました。

主人が東北での仕事が時々あるので、その時はついていけたらいいな~というのが私と主人の小さな目標です。

おすすめの本

私が最近勉強しているABA(応用行動分析学)によるセラピーの体験談の本です。

「自閉症って治るの?だって、脳障害なんでしょ?」って。私もそんな風に思っていました。ですが、ABAを学び始め、いろいろわかってきたことがあります。自閉症を薬や手術などで治すことはまだ途上ですが、早期ABA介入によって特性を限りなく消すことはできます。ですから、タイトルの「自閉症を克服する」となるのだと納得です。

この本の本質は、応用行動分析学です。ABC分析など少し専門的な用語もありますが、非常に読みやすく、様々な問題行動への対処が書かれています。そして、そのいくつもが、実際に母親(もしくは父親)ができそうな内容だったり、セラピストさんに相談して協力してもらえそうな内容です。

息子は会話はできますが、自然な形の会話は練習が必要です。「言おうかな?なんて言おうかな?」と考えている間にタイミングを逃すこともあります。本を読んで、このような息子の手助け(プロンプト)をどのようにすればいいのかが書いてあったので、試したところ、彼の行動が増えてきているように感じています。それは、私が聞いてほしいなというタイミングで「創君、今、ママに『今日の一日どうだった?』って聞いて見ていいよ」とか兄弟のだれかが困っていそうなタイミングを見つけたら、「創君、今、お姉ちゃん困っているみたいだから、『何か手伝おうか?』って聞いて見たら?」とか、会話の細工をしています。ちょっとしたことです。でも、これが成功体験につながっているようにも思います。ちょっとしたことが、人との関係をスムーズにしてくれて、好印象を持ってもらえるのだったら、最初はある意味仕組まれたへんてこりんな会話ですが、やる価値はあるかなと思い始めました。私との会話では、「聞いてくれて嬉しかった」とか「実は話したくって声かけられたかったんだよね~」とか『君と会話できて最高だった』ビームを出しています。

残念なことに、この本は絶版になっています。きっと図書館にあると思います。新品でなくても中古でOKという方は、アマゾンや楽天で販売されているみたいです。

100/1000 CLUB

息子は高校生で、通信制の高校に入っています。ですのでしばしACEはお休みですが、本人の希望もあるし、私もモチベーションの維持のためにいいかなと思っているので100/1000クラブはそのまま継続しています。

レポートが100点だったら、PACEテストが100点のように、ポイントをためていけるようにしています。

先日、学校のレポート採点が出ていたのでチェックしたところ、みごと2つのレポートで100点がありました。800点の位置につけていた息子の芋虫は、900点の蛹スペースとひとっ飛びしてみごとな蝶々になりました。1000点になりましたので、ご褒美の映画チケットです!

そして、芋虫が待機しました。新たな芋虫の旅が始まります。300点のスモモを食べている芋虫は次女の芋虫です。

子供たちも頑張って勉強しているので、できて当たり前、将来できないと困るからではなく、よく頑張ったことは褒めてあげたいな~と思っています。お楽しみって大切よね♡

のんちゃん誕生日

先週の日曜日はのんちゃんの誕生日でした。15歳です。のんちゃんのリクエストでアイスクリームケーキになりました。

長女が19歳なので、三姉弟妹(きょうだい)が全員ティーンな記念すべき最後の年になりました~。

のんちゃんの誕生日プレゼント、何が欲しいのかよくよく聞いて見ると、物ではなく体験だそうで、今後本人、家族でゆっくり考えながら、のんちゃんの一番したいボランティア活動体験をプレゼントしたいと思います。

さて、このアイスクリームケーキ、なかなかカチカチに凍っていて、私が切るのに悪戦苦闘していると(ほんと、手首炒めるレベルの硬さだったよ)

息子が力を貸してくれました。こういうところ、優しいな~♡

平成から令和へ

また一つ、時代を通過しました。昭和から平成、平成から令和へ。

平成を終わる前に、どうしても食べたかったものがありました。それは、わが地元、横浜でこよなく愛される崎陽軒のシウマイ弁当の「平成ありがとう」バージョンです。

このお弁当を食べながら、自分なりの30年を振り返ってみたところ、なんと、30年前の私はイエス様に出会っていませんでした!

平成3年にイエス様と出会い、そして救われ、信仰生活を歩み、結婚し、大学院へ。その後、子供も与えられ、ホームスクールに導かれ…。なんだか平成の間は私のクリスチャンとしての歩みの準備期間というか、そんな風にも思える30年だったのだと思ったのでした。

平成のほとんどの時間を、神様から右にも左にもそれず、ただひたすらに信じてこれたことは、喜びですし、その力をくださったのも主のおかげだと思います。

平成は平和が成る(平和の君に出会えた)時代でした。令和はどのような年になるのでしょうか?もしかしたら、いえ、きっと、もう一時代、過ごせそうかもしれませんね。昭和、平成、令和、そして次の時代もきっとイエス様と共に歩みます。

子供たちは初めての天皇即位の儀に、なにか不思議な気分になっているように感じました。

ありがとう

週末は大阪で行われるRBTセミナーに参加してました。

その出発前に、子供たちがこの本をプレゼントしてくれました。嬉しい!3人でお金を出して買ってくれた本です。RBTの資格をしっかり取ったら、読みたいと思います。

最高の強化子!

 

新しい命

先週はイースターでしたね。復活祭、ここ数年で日本でもポピュラーになりましたね。皆さんは、よい時間を過ごされましたか?


先週は我が家の庭でエッグハントをしました。お客様の子供たちはバッグにプラスチックの卵をいっぱい入れて、みんなにっこにこで楽しんでいました。

自分の子供たちはエッグハントをする年ではないのですが、子離れできないなっちゃんは小さな籠にプラスチック玉子を用意してしましました。中にはおやつが入っています。ちょっとしたサプライズ。夜ご飯の後のお楽しみです。

新しい命といえば、昨年、台風の塩害で死んだと思っていた庭のクレマチスとバラがなんと復活したのでした。枯れてしまったので、ダメ元でお水を上げていました。春になって、なにも出てこなかったら掘り起こして新しい苗を植えようと思っていました。ほとんど期待していなかったので、芽吹いたときの喜びは「復活祭」並みの喜びでした。

紫のクレマチス
黄色のモッコウバラ

紫と黄色を伝わせています。塀が覆われるのはいつになるかしら?

そして、百合の芽も出てきました。こちらは夏に大きなカサブランカが咲いてほしいな~と思って昨年の冬に植えました。同時期に植え付けたチューリップがいまいちだったので、中で虫に食べられたかもと思っていたのですが、やはりこちらも忘れかけていたころにぴょこんと芽を出し、その後はタケノコのようにぐんぐん伸びています。

ガーデニングはまだまだ初心者ですが、毎季節、失敗と成功があって、学ばされます。

最近、ネットフリックスのドリームガーデンを見始めました。大好きなモンティーさんの番組です。ある回で、ガーデニングを通して鬱が回復したという下りがありました。その時にふと、「ある神学的研究でも、土いじりと霊的健全さには関係があるということも言われているそう」という話を思い出しました。自然の法則は神様が作られた法則ですから、ガーデニング(草花や土いじり)を通して、霊的に触れられるものがあるというのはその通りなのかもしれないな~と思いました。かくいう私も、去年、庭いじりを始めたのは、体と心が弱っている時だったので…。

GW中も時間を見て、庭の手入れをしようと思っています。夏の草花を植える予定です。ガーデニングのこと、詳しい方がいたらいろいろ教えてもらいたいな~。

着付け教室

「着物が似合う50歳」を目指して着物教室に通い始めました。最近始めたお茶と合わせて、ぼちぼちやっていきます。

今日は初めて、先生に教えてもらいながら一人で着物を着てみました。まだまだ下手なのは承知で、ここからどれくらい変われるかという記念のために一枚、パシャリ。

その後、上級クラスの生徒さんの見本のために、私の体をお貸しして帯のデモンストレーションがありました。おかげで私は先生に帯を締めてもらい素敵な仕上がりになりました。

着物を着ると背筋がピンと伸びて、気持ちいいなって感覚を少し感じました。

お着物を着る時、ちょっとした所作に着物を大切に思う思いが込められてて、お茶の時も感じましたが「日本って、ほんと気配りの文化なのだなぁ」と改めて思いました。大和撫子な新しい自分にご対面しちゃって、くすぐったいやら恥ずかしいやらな気分です。

7月までに一人で着られるようになるのかしら?あと8回、頑張るわ。