Archive for nachan

ピューリティーリングの話

その昔、長女が14歳のときに、性の話を色々して、彼女にピューリティーリングを渡しました。

 

その時以来、ずっとずっとつけていてくれているのですが、最近、

「ピューリティーリングを新調したい」

との申し出を受けました。

よくよく見てみるとなるほど、確かにデザインがちょっと幼いイメージかしら?とも思い、どんなデザインが良いのかと話を聞いたところ、本人のイメージするデザインを教えてくれました。

 

彼女的には石がないものがいい、ゴールドがいいという注文だったので、夏休み、ちょっと出かけたときにはアクセサリーショップにも立ち寄って、ちらちら見るようにしています。

 

今日、これはいいかな?と思ったのはNOJESS。

薬指の重ね付けなのもかわいいね。

↑こちらは、今持っているリングともしかしたら2重にできるかしら?

もしくは、↓こんな結婚指輪チックなのもある。

 

本人と一緒に見に行きたいと思います。

 

 

ピューリティーリングの効果は?というと大げさなのですが、クリスチャン家庭でもピューリティーリングをする家の子としない家の子といますし、してなくてもしっかりイエス様を彼氏にしているお友達もいます。

長女は、リングを意識しているし、はめていることを肯定的に捉えていると思います。イエス様との契約(っていうと大げさだけれど、ある意味、特別な約束)として思っていて、教会の友達にも聞かれれば説明したりもしているようです。一度、ピューリティーリングの意味を説明したら冗談だと思われたようですが、「いや、マジだから」と強く否定したと話していました。

 

↑こういう話を聞くと、親としてはうれしいですね。

 

ちなみに、のんちゃんは手にアレルギーが出ているので、リングの代わりにブレスレットを上げました。毎日してくれています。

 

そして、息子にもブレスレットをあげたのですが、なかなかはめる習慣ができなくって、部屋に飾ってあります(笑)。ですが、

「ネックレスがほしい」と話してくれたんで、いま、彼に似合うネックレスを探しているところです。

 

 

あぁ、夏休み、夏休み

先日、子どもたちが教会のカンファレンスに参加した時に、アウトレットへお買い物したと書きましたが、その時にネックレスのチェーンを買いました。↑このペンダントのためです。

 

このペンダント、イスラエル旅行で買ったお土産=ローマングラスなんです。銀細工なので、時々、磨いていたのですが、な、なんとっ、

イスラエルで買ったチェーン、ブチ切れる。

そんなに力をいれたつもりもなかったのですが、ブチって、いともあっけなく、切れちゃったの。

 

どうしても、このペンダントを復活させたくて、チェーンを探し求めていたのだけれど、アウトレットでやっとお気に入りでリーズナブルな一品に出会えました。

で、めでたく、ペンダントができるようになったのですが、このチェーン、最後に留め金的なパーツがなく、何かの拍子にフックが外れたら、ペンダントトップがスルリと落ちそうな勢いだったので、

 

今日は最後のパーツにチャームを自分でアレンジして少し加工しました。

 

パーツを買いに、パーツ屋さんへ行き、それをつけるだけの作業なのですが、ホームスクールをしていると、こんな些細な買い物も優先順位的には下になってしまうんですね。

 

でも、今は夏休み、朝から自由な時間があるって本当に素敵だわ!と意気揚々とパーツ屋さんへ行き、そして思う存分選ぶ時間をとり、そして帰ってきました。

それだけで、かなり嬉しいなっちゃんです。

 

ローマングラスは2000年前の遺跡でもあるそうです。イエス様の生きていた時代を思って過ごせるからいいのよと勧められて、購入しました。

 

もし、もし、イスラエルに行かれることがあったら、ぜひ、探してみてくださいね。

モネ展へ

 

今日は長年仲良くさせてもらっているホームスクールママ友と一緒に横浜美術館のモネ展に出かけてきました。モネ展の情報は→こちら。

 

きっかけはFBで以前私が、「だれか一緒にいかんかね?」と一吠えしたところ、「行こう行こう!」と乗ってきてくださったTさん。

一度、7月のとある日に約束したものの、まさかの休館日に待ち合わせしてしまい(二人で笑ったわ)延期となったのを、今日、念願かなってやっと行ってこれました。

 

私は特にモネの色使いなんかが好きで、モネ展って聞いただけで、あぁ行きたいと細胞レベルで行きたいスイッチが入ってしまうのですが、ほかにもミレーやゴッホ、ピカソとかも好きです。でも、こうやって書くほど、通でもありません(笑)

きっと、アートな空間や雰囲気が好きなのかなと思います。音楽やダンス系も好きだし。

 

今回、初お目見えの絵画もあるとのことで、とても楽しみにして行きました。モネの絵もたくさんありましたが、モネに影響を受けた画家の絵もあり、彼らの絵の中にモネの破片を探す作業も楽しかったです。

 

モネがなくなって100年、今尚、影響力を与え続けるモネに、私も自分の言動や発言が100年後の孫に至るまで影響力があるような人になれるかしら?とふと思う。

でも、モネはきっと、100年後なんかはさらさら思わず、神様が下さった賜物を用いただけにすぎないのかもしれませんね。

 

心に栄養を頂いた一日でした。

 

ホームスクールママと頻繁にではないけれど、こうやって時々でもあって、励まし合えるのは本当に嬉しいです。

夏休み 頂きました

子どもたちがカンファレンスへ参加のため、2日ほど、自分の時間を持つことができました。

一日目は料理教室へ。

トマトのファルシ(ファルシは詰め物という意味だそう)白いんげんのソース添

副菜はアボガドとエビとマンゴーのタルタル

タルタルも細かく刻んだものという意味らしい

 

そして、一番上のスフレチーズケーキ

 

 

今回は直前キャンセルが2名、そして残った私ともう一人の方でレッスンだったのですが、そのもう一人のお方も電車おくれとかで、最初の数分タイマン的なレッスンでございました。

 

でも、改めて、料理の基本的なこととか聞いたり、先生の目もよく届くので、「いいですね」とか直接的に声をかけてもらえたりして、すごく楽しいレッスンでした。

 

 

そして後半は主人と二人、お出かけ。

アウトレットに行きたいとのことだったので、二人で越谷レイクタウンのアウトレットまで車でドライブしました。

 

 

 

ちょっと、子育てに休憩を頂きました。

 

お庭いじり

少し前に、NETFLIXのガーデニングドキュメンタリーをみてから面白そうで初めてみた庭いじり。

ここにきて、前庭がいい感じに完成してきました。

 

入ってすぐの小鉢(バラなんだけれど、今は花は付いてない)にイスラエルで買ったタイルを飾ってみました。

SHALOM シャローム=平安がありますように です。

 

本当に小さい前庭なのですが、全体はこんな感じで、

入ってすぐの家側には紫、ブルー、白、ピンクの花壇を。

正面にも白、紫、ブルー系のお花を置き、こちらにもイスラエルで購入した二匹の魚と五つのパンのタイルを置いてみました、

タイル右側にコスモスがあります。

正面の花壇には差し色として赤を使ってみました。

反対側から見るとこんな感じです。⬆️

そして ⬇️  こんな感じ。

 

 

こちらは表通りに面している庭なので、バードバスやベンチなどを置いて見せるお庭にしたいと祈っています。

 

こちらは裏庭の方。

 

裏庭は白と緑の花を。

そして、秋になったら、木の下にネモフィラのタネを植えて、春に可愛いお花をみたいと計画中。

裏庭はおしゃれとは程遠いので、まだお見せできません(笑)

 

土いじりはどうやら、霊的にもすごい良いそうです。庭いじりを通して、自然界の法則、そして神様の摂理を色々知れるようになりたいなと思います。

メリットのあげるタイミング

先日、息子のオフィスがとても綺麗に整頓されていたので、勉強前にそっと100メリットを置いて置きました。

「オフィス、綺麗です。」とメッセージを添えて。

 

ACEセミナーでも、「子どものいいところを見つけて、なるべく褒める!そして褒めるタイミングを逃さないように」と語られていたことを思い出してやってみました。たとえ、アカデミックな面で褒めるところを見つけられなくても、別の面で褒めてあげるように…と語られたことが印象的でした。

ホームスクール10年たったからこその初心に帰るです。

まず救い、それから保険(笑)

のんちゃんが、もうすぐ8年生のMATHを終えようとしてます。

先日、黄色いストラップが出てきて、サインをするように促されたので、よくよく読んでみると、子供と救いについて話すように書いてありました。

 

今、のんちゃんは保険の仕組みについて勉強しているそうです。

そこで、保険も大切だけれど、なによりも救いが大切ということが書いてあったらしく、そのことを確認して、サインをしました。

 

皆さんは、保険に入っていますか?

 

私は主人とお金のことや老後のことを話していると時々ブログにも書いてきましたが、主人に万が一(死ぬだけじゃなくて、生きているけれど就労不可能になった時も含む)のことがあった時に生活が回るようにシュミレーションしたものを持っています。そのことによって、自分が働きにでなくても生活でき、ホームスクールが継続可能な最低限の保険金がもらえるようにしました。

 

個人的な計算ですが、がん保険を改めて入るよりは貯金を給与の6倍もっていることがお得で、夫の年金が崩せるようになるまでの期間の就労不能保険は入っているとよいという決断に至って、そのようにしています。

 

保険の仕組みも若いうちにもっと知っておけばよかったなと思うので、子供たちがこのように学んでいることはとても感謝です。

久しぶりに長男と

先週、久しぶりに長男と二人で出かけ、夜、とんかつを食べながら人生について語り合いました。

 

一緒に映画もみたよ。

 

いちいち怖いシーンの度に「キャーキャー」いう母を嫌がらずにいてくれてありがとう。

 

にしても、怖かった。ジュラシックワールド。

いよいよ始まる

我が家はホームスクールをしていることはみなさんご存知でしょうが、ホームスクールと地元学校とのかかわり方は各地域ごとというよりは、自分の学区の校長先生とのかかわり方でいろいろ変わるのではないかな?と思います。

 

私たちの住む横浜市の港近辺では、インターナショナルスクールが多く存在し、そちらに通われる子供も多いことから、日本国籍の子供がホームスクールをすることに寛大というか、規制も緩やかな感じが多い印象です。

 

我が家は、末っ子ののんちゃんだけが義務教育の範囲の子供で、地元学校に在籍はしていますが、中間期末テストを受けに学校に行ってはいません。健康診断も行ってはいません。まったくもって、地元のお医者さんの範囲で健康管理をしているのですが、特にそれで問題はなく過ごしてきました。

 

そんなわけで、おそらく、学校に通っていれば、歯科検診で引っかかるだろう我が子たちの噛み合わせの問題もゆるりと構えてきてしまいました。矯正歯科はとてもお金がかかるので、いつもいつもどのようにそのお金を捻出したらよいものだろうと悩んできたのですが、ここ数年になって神様が「今がタイミング」と声をかけてきてくださっている出来事がいくつかあり、スタートすることになりました。

 

先日、のんちゃんは最後に残っていた子供の歯をすべて抜歯しました。(14歳まで乳歯があることに驚きですが…)子どもたちが生まれたときにそろえた「歯のおうち」に3人のすべての乳歯が収まりました。

 

長女は夏休みに親知らずを抜きます。そして彼女も矯正を始めるつもりです。そして二人の様子を見てから長男も始めたいと思います。

 

矯正を通して、かみ合わせのみならず、口呼吸の習慣を直したりできたらいいなと思っています。かみ合わせの悪さはボケにも影響があると聞くので、長い目でみたらやっぱりするのがいいのかなと思います。

続いてます………夫婦の時間

まだこれからが8月で夏本番ってところなのに、いやぁ、本当に毎日暑いですね。

⬇️ こんなの食べて、仕事帰りの主人を待ちました。

 

週に一度の夫婦の時間、今年は割と続いています。

 

 

子供達との時間が持ててなくて、そっちを夏休みは頑張らないとなぁ