Archive for Naoko’s Note

仕事を辞めて1年が経ちました

なっちゃん、徒然日記です。

 

ふと最近、お仕事を辞めて1年たったなと思いました。

今は、時間ができたので、体を動かしにジムにいったり、庭仕事したり、のんびり過ごしています。

 

秋になり、外が気持ちいいので、よく庭先で聖書を読んだり、本を読んだりしています。

 

世間巷ではハロウィンがすごいですが、私は収穫感謝の気持ちを思って、庭をかぼちゃで飾りました。

 

台風による塩害でダメになってしまった日日草の代わりに、ガーデンシクラメンを植え替えました。本当はもう少し寒くなってから、クリスマスを意識して植え替えたかったのですが、繰り上げで植え替えになっちゃいました。

台風の後の塩害で、せっかく伸びたクレマチスが折れたり(´;ω;`)、菊の花や葉が枯れたり、ケイトウも根腐れしちゃって、泣きそうになりながら、傷んだ部分を刈り込んだ日々。

でもそれから1か月、無残な姿からも、きちんと芽が出てきて、また葉を茂らせ、菊はつぼみを付け始めました。クレマチスちゃんも新しいつると葉がでてきて、神様が作られた自然の法則に圧倒された日々でした。

 

いのちって本当にすごいな~。

 

 

もうしばらく、秋の庭を楽しみながら、花々を愛でたいです。

冬はもらった焚火台を置いて、庭で過ごすのを楽しみにしています。

私の霊的な健康のために

シャローム!

夏の暑さが落ち着き、いよいよ秋なんだと肌で感じられるようになりましたね!

我が家の庭のバラも蕾が膨らみ、花開きそうです!秋バラ、楽しみです。

 

 

去年、体調を崩してから一切の仕事を辞め、ホームスクール関連のこともお休みさせてもらい、今は家とホームスクールと教会だけが残っている毎日です。

 

そうなってくると、忙しさに紛れて見えていなかった自分の弱さ、罪、咎、ほんと色々と見えてきています。今思うと、まさに、神様が今の時のために、色々と強制終了してくれたかのようです。

 

この1年間体を休めながら、本を読むこともしていました。ただ、あんまり目標を決めて頑張りすぎると、体を痛めるので、いつもぶらぶら持ち歩いて、電車の移動時間とか、気が向く時に読む感じです。

 

その数ある本の中で、非常に慰めとなったのが『あなたがずっと求めていた人生』です。この本にすごく感動していた時期に、教会のある姉妹が「自分では本をなかなか読まないから、なっちゃんと読みたいわ」となんともありがたいお言葉をいただいて、「この本、どうかしら?」と勧めてみたの。

すると彼女もちょうど、「こういう本が私に必要だったの」と言ってくれて、週に1回、読んではラインチャットで感想を分かち合うってことをしています。

 

ちょっとネタバレになっちゃうんだけれど、3章に眠りの神学について触れられているところがあります。簡単にまとめると、眠るということは神様に信頼しているっていうことだよということです。ですから眠りってすごく大切だという話なのですね。イエス様のようになる(変容する)ためには、お昼寝がむしろ必要なひとすらいるというような文章も書かれています。(特にいつもイライラしてしまいがちな人)

 

まさに、それが必要なのは私です。

 

去年、私が体調を崩してから、色々できなくなって、色々問題も噴出して、なんだかヨブ記のヨブのように全てを取り上げられた気分にもなったのですが、今、「たとえあなたが丸裸になってもあなたは生きれる。なぜなら生かしているのはわたし(=神)だから」という感じです。そして「その生かされている状況を楽しみなさいと言われているように感じます。

 

夫が一生懸命働いたお金を使うだけしか能がないようで、申し訳なく思うこともありました。仕事してないんだから、家のこと、しっかりやらなきゃとか、家にいればいたで、家事やホームスクールにプレッシャーに感じたりもしていました。でも、聖書にあるように逆転の発想をすれば、金銭的に支えられている状況なんて人生の中ですごく限られているのですよね。

 

罪悪感からではなく、心から感謝して眠りを選択すること、後先心配しないこと、まるごと委ねることを「大丈夫」と後押しされたこの本に出会えて感謝しています。

 

寝ることを選択することが成長を促すっていうのも不思議な話なのですが、寝る子は育つとも言いますし、きっと大切なんだろうなと思っています。

来年の春を楽しみに

先週、すこしばかり涼しい日が続いたので、ささっと庭で一仕事。

 

まず、ブルーベリーの植わっている部分のレンガが足りかなかったので、レンガを補充して、花壇を完成させました。

 

そしてその奥の木の部分の下に

ネモフィラを植えてみたの。どう育つのか、ちょっと不安でもあるのだけれど、やることはやってみた。

来年の春にここにかわいいお花をつけてほしいな。

 

前庭から裏庭に続く部分に石を置いて小道っぽくしたり、

 

ミニバラが伸びてきたので、大きめの鉢に移し替えてあげました。

玄関前できれいに咲いてくれるといいなぁ。

 

そして、枯れたゴーヤや夏のお花たちを片付け、

チューリップの球根を植えました。

 

******************************

夕食後の雑談で、「去年の今頃は~」という話をしていたのですが、あんちゃんは大学受験と高3のACEの勉強で死んでつぶれていた状態でした。主人も前の会社に勤めていたし、私も入院した後の体が弱っていたし…。

だれが今を想像できたかな~と思います。

チューリップを植えながら、この花が咲く来年の春、私たちはどうなっているのかな?とふと思いました。

答えは わからない です。

 

でも、神様は必ず私たちを良いほうへ導いてくれているということを感じます。それは神様は良い羊飼いだからです。

 

 

庭にテーブルと椅子を置いて、読書するのが最近の楽しみです。

今月のおうちフレンチ

ホームスクールが夏休みということもあり、今月もお料理クラスに参加することができました。

 

今回はブランケットソーモン(鮭のホワイトクリーム煮)と大葉のジェノベーゼ、レモンマドレーヌです。

 

今回の目からうろこは、大葉(シソ)のジェノベーゼ。香りがバジルと何ら変わりないのよ。「シソだよ」って言わなかったら、ほとんどの人がバジルで作ってるって思うと思う。

バジルって高いじゃない?ソースを作ろうとなると値が高くつくのがちょっと残念で、だから、庭でせっせと育てちゃったりしていたんだけれど、このシソのジェノベーゼを知ってしまったからには、おそらく来年はバジルなんか庭で育てないように思う。それくらい、おいしかったのです。

見た目もシソには思えないでしょう?

 

マドレーヌも基本から教えていただき、これからたくさん焼きそうです。

 

さっそくおさらいのために家でも焼いてみました。

12個焼いて、次の日には消えてしまっていたという。

 

 

最近は、涼しくなってきたので、煮込み料理や焼き菓子も楽しく作れそうです。

 

 

ホームスクールもいよいよ始動なので、しばらくお料理教室はお休みかな?

やる気スイッチはいったのか?

旅行から帰り、ふと、息子のオフィスをみたら、こんな本が置かれてありました。

 

 

お、おぉぉ~

 

息子が苦手なことに挑戦しようとしています。

 

母の私は見守るばかり。

なぜ、この本を読むに至ったのかには訳がありますが、そのうち報告しますね。

8月も終わりですね

先日のモネ展へ行ってから、家の壁の絵をモネにしてみました。

↓ 暗い印象なのですが、モネのバラ

 

そして二階の壁にも少し大きめのモネ

みことばも一緒にくっつけてみました。

 

そして、自分の作業台+祈りのスペースにも

朝もやのロンドンのポストカードを飾ってみました。

 

今も、ドレッサーの上でブログを書いているんですが、最近、ここが私のお気に入りの場所になってきています。

 

というのも久しぶりに祈りの力という映画を見て、影響を受けたからです。

自分のドレッサーの中身をかなり処分し、空にしました。

そして、ドレッサーには自分の祈りのメモを貼り付けて、一日の中で、時々、自分の部屋に入っては、ドレッサーを開けて祈ったり、日記を書いたり、イエス様に手紙を書いたり、そんな時間を過ごすようにしています。

 

壁に十字架をつけて、目の前にあるので、導かれるままに祈る時もあります。

 

今は夏休みなので比較的時間があるのですが、夏休みが開けても、ここで過ごす時間を取れるように心がけていけたらと祈っています。

 

 

 

箸置き

夏休み、ゆるりとした時間が流れています。

先日立ち寄ったデパートで、ふと5人そろった箸置きがないなぁって思い、探してみようかな?とうろうろしていたら、お豆の形の箸置きに目が止まって購入してみました。

なかなか5人揃って食卓を囲むことが少なくなってきましたが、それでもやっぱり5人分、揃えてあげたいと思うのが母心ね。

 

この日のデパートめぐりは食器売場の他、香水のお店に立ち寄ってみたりと、小一時間ほどリフレッシュしました。

 

来週は、子どもたちと日帰り旅行に行く予定。そして、いよいよニノの映画も公開とあって、どこかの日にみんなで見に行くのでしょう。

 

あぁ、夏休み、最高だ。

 

子どもたちと勉強のことなしで過ごせるとウキウキしちゃうなぁ。純粋に楽しみます。

あぁ、夏休み、夏休み

先日、子どもたちが教会のカンファレンスに参加した時に、アウトレットへお買い物したと書きましたが、その時にネックレスのチェーンを買いました。↑このペンダントのためです。

 

このペンダント、イスラエル旅行で買ったお土産=ローマングラスなんです。銀細工なので、時々、磨いていたのですが、な、なんとっ、

イスラエルで買ったチェーン、ブチ切れる。

そんなに力をいれたつもりもなかったのですが、ブチって、いともあっけなく、切れちゃったの。

 

どうしても、このペンダントを復活させたくて、チェーンを探し求めていたのだけれど、アウトレットでやっとお気に入りでリーズナブルな一品に出会えました。

で、めでたく、ペンダントができるようになったのですが、このチェーン、最後に留め金的なパーツがなく、何かの拍子にフックが外れたら、ペンダントトップがスルリと落ちそうな勢いだったので、

 

今日は最後のパーツにチャームを自分でアレンジして少し加工しました。

 

パーツを買いに、パーツ屋さんへ行き、それをつけるだけの作業なのですが、ホームスクールをしていると、こんな些細な買い物も優先順位的には下になってしまうんですね。

 

でも、今は夏休み、朝から自由な時間があるって本当に素敵だわ!と意気揚々とパーツ屋さんへ行き、そして思う存分選ぶ時間をとり、そして帰ってきました。

それだけで、かなり嬉しいなっちゃんです。

 

ローマングラスは2000年前の遺跡でもあるそうです。イエス様の生きていた時代を思って過ごせるからいいのよと勧められて、購入しました。

 

もし、もし、イスラエルに行かれることがあったら、ぜひ、探してみてくださいね。

モネ展へ

 

今日は長年仲良くさせてもらっているホームスクールママ友と一緒に横浜美術館のモネ展に出かけてきました。モネ展の情報は→こちら。

 

きっかけはFBで以前私が、「だれか一緒にいかんかね?」と一吠えしたところ、「行こう行こう!」と乗ってきてくださったTさん。

一度、7月のとある日に約束したものの、まさかの休館日に待ち合わせしてしまい(二人で笑ったわ)延期となったのを、今日、念願かなってやっと行ってこれました。

 

私は特にモネの色使いなんかが好きで、モネ展って聞いただけで、あぁ行きたいと細胞レベルで行きたいスイッチが入ってしまうのですが、ほかにもミレーやゴッホ、ピカソとかも好きです。でも、こうやって書くほど、通でもありません(笑)

きっと、アートな空間や雰囲気が好きなのかなと思います。音楽やダンス系も好きだし。

 

今回、初お目見えの絵画もあるとのことで、とても楽しみにして行きました。モネの絵もたくさんありましたが、モネに影響を受けた画家の絵もあり、彼らの絵の中にモネの破片を探す作業も楽しかったです。

 

モネがなくなって100年、今尚、影響力を与え続けるモネに、私も自分の言動や発言が100年後の孫に至るまで影響力があるような人になれるかしら?とふと思う。

でも、モネはきっと、100年後なんかはさらさら思わず、神様が下さった賜物を用いただけにすぎないのかもしれませんね。

 

心に栄養を頂いた一日でした。

 

ホームスクールママと頻繁にではないけれど、こうやって時々でもあって、励まし合えるのは本当に嬉しいです。

夏休み 頂きました

子どもたちがカンファレンスへ参加のため、2日ほど、自分の時間を持つことができました。

一日目は料理教室へ。

トマトのファルシ(ファルシは詰め物という意味だそう)白いんげんのソース添

副菜はアボガドとエビとマンゴーのタルタル

タルタルも細かく刻んだものという意味らしい

 

そして、一番上のスフレチーズケーキ

 

 

今回は直前キャンセルが2名、そして残った私ともう一人の方でレッスンだったのですが、そのもう一人のお方も電車おくれとかで、最初の数分タイマン的なレッスンでございました。

 

でも、改めて、料理の基本的なこととか聞いたり、先生の目もよく届くので、「いいですね」とか直接的に声をかけてもらえたりして、すごく楽しいレッスンでした。

 

 

そして後半は主人と二人、お出かけ。

アウトレットに行きたいとのことだったので、二人で越谷レイクタウンのアウトレットまで車でドライブしました。

 

 

 

ちょっと、子育てに休憩を頂きました。