Archive for ACE Records and Rules

ホームスクール、いろいろ変更後その後…

なっちゃん、体調を崩し、朝10からのホームスクールにした後の話です。

 

お腹の張りのような感じ、ときどきチクってなる痛みを感じながら、毎日が夏休みのような、まったく勢いのない生活をしています。

 

さて、ホームスクールを思い切り10時スタートにしてから2週間が経ちました。いろいろなことが習慣づくのに3週間、3か月といいますから、まだこれからどうなるのか未知ですが、いろいろな意味でよかったかな~と思います。

 

とにかく子供たちが穏やかに過ごしています。そして自主的な気もします。自分で習い事が早い日は調節して早めに勉強をしたり、そうでなくて朝、ゆっくりしてからそのまま午後、夕方、夜まで勉強するパターンもあります。主人は7時前には帰ってくるので、そのあとのスコアーの時間もあって、そこから勉強するパターンもあります。でも、そこから勉強しても次の日は10時なので、12時に寝たとしても8時間睡眠できます。

 

いろんなこと、勝手に気負っていたんだな~

とイエス様の前に重荷をおろしております。

 

時々「これでいいのだろうか?」と罪悪感に襲われ、自己憐憫と戦うときもありますが、神様の計画は私の計画よりも大きいと信仰をもって立つことを選ぶように教えられています。神様は私の肉体もそうだけれど、もっと内面の部分をいやしたりしたいのかなとも思っています。

 

 

不思議なのは、ホームスクール時間を減らした途端、「会いたいね」と連絡がどこからともなく来ることです。

 

 

これには驚きましたが、約束を取り付けるのも、今までは「ホームスクールの時間を見て~」と隙間時間を埋めるような感覚でしたが、自由にいつでもいいよと言えるのが新鮮です。

 

 

我が家は今、時間がゆっくり流れています。

休み時間の活用

 

私たちのホームスクールでは20分間の中休みをとっています。

昼寝するのもよし、散歩に出るのもよし…。みんなリラックスして過ごします。

 

 

この20分の休みは母親の私にとっても貴重です。

この時間は子供たちはラーニングセンターからでなければなりません。

 

ラーニングセンターから3人が出てから、朝したテストの採点をしたりします。後回しにすると気が重くなるので、この時間にささっとすると気分が楽になります。

また、時々、朝寝をしに行くこともあります。

自分の部屋に入って、聖書をよんで静まったり、気分がイライラしているときはリセットタイムです。

また午後から出かけるときは、この20分で夕食の下ごしらえなどしてしまうこともあります。

 

もう夏休みですが、この時は、テスト採点をしました。

compassion and grace

写真の時計を見てください!夜じゃないよ!朝だよ!

 

教える母親の感情的な問題に破れがありました。何よりも私が神様にその問題に対して目を開かせてくれたということが感謝だし、それを許してくれた、かかわってくれた人々に感謝です。子供たち一人一人と、そして夫婦で取り組み、子供たちに対して「神様の目で見るように、憐みと恵みの目を与えてください」と祈ったところ、子供たちが変わりつつあります。

 

結果じゃない。プロセスが大切。

 

朝、起きれなかった子供たちが起きれるようになってきました。

イエス様の愛が流れ始めています。

トレーニングを終えての変化

ACEのトレーニングを終えてから、悔い改めとともに生活に変化を付けました。

 

まずはモーニングエクササイズ(朝会)をちゃんとしたバージョンで復活させました。

デメリットを渡すときも、今までよりも、もう少し説明も加えて、子供たちから

“Thank you for correcting me” という言葉が出るように礼儀として教えました。

少し意識をして、子供たち目線に立つように心がけました。

机の整理整頓がよくできているな~と思ったら、メモを置いて、メリットを置くようにしたり、セミナーで受けたものを少しでも子供たちに流していきたいと思っています。そうしないと、あと数年で終わってしまうぅぅ。

 

あと、ホームスクールならではなのかもしれませんが、いろいろとバウンダリー(境界線)をはっきりさせるために、また、母親がストレスをためないために、10時から20分の大きな休憩時間を作りました。子供たちはオフィスのあるラーニングセンターから出ます。そこは部屋なので、そこには立ち入りできないように。でも、自由に自分の部屋で昼寝したり、居間のソファーで寝転がってマンガ読んだり(漫画は決められたもの)、音楽聞いたりさせています。ただ、SNSはダメね。

 

その間に私も20分を使って、台所で夕食の下ごしらえとかしたりします。

 

また、12時からも20分間、フラッグをあげない時間というのを作りました。なので、スコアーはそれまでの間にできるように調節してというものです。この20分間で昼食の準備です。

 

今まで、自分のACEスタイルが神中心から子供中心になってきていて、さらに子供たちの中に悪い実(自己中)も出てきていたので、ママのやり方が間違っていたこと、みんなを間違って導いていたことを謝り、赦してもらいました。

 

ゴールカードの書き方も一から見直しました。今、取り組んでいるのはページ設定です。子どもたちと話してよいサイクルを作るために、ゴールの設定ページ数を一緒に見直しました。ペースのページ数を機械的に15で割って出てくるパージ数をやりきれる子はよいのですが、長女と長男はそれぞれ別の意味でそこが難しいようでした。そしてそれが重荷になってしまうので、むしろ、少し軽めに設定し、あ、もう少しやれそうと思わせるようなゴール設定にしました。そのことで、子供たちはより内容をよく読み、理解し(前はただ穴を埋めることがメインだったかも…)、そうすると間違えも減り、となり、いま、少しずつですが、ポジティブになれています。

 

もう、最悪、夏休み削ってやろうねと話しています。

 

ACE10年以上やっても、試行錯誤です。(笑)

ナゲットタイム

ACEのスクールでは朝礼があって、そこではちょっとしたメッセージがあります。ナゲットのように一口でぱくりと食べられるそんなみ言葉の糧の時間です。

 

ホームスクールをしているとなかなかやることに追われちゃって、そこまで~というのがあると思います。

なので、私たちのナゲットタイムは朝ごはんの前です。

 

ACEで勉強した恵みの一つは、子供たちが英語がわかるので、英語のディボーションブックがとても役に立つのです。

「大切なきみ」でおなじみのマックスルケードさんの学生向けのディボーションガイドブックです。

一日一ページでショートメッセージがあります。これをお互いに読みあって、ナゲットタイムとしています。

 

(今はみな大きくなったので、親も含め、それぞれ子どもたちはこれとは別に朝、一人でするディボーションの時間を持っています。)

 

この本は、いつもダイニングテーブルに置いてあります。

こんな感じ。

こんな感じです。

 

いつでも届くところにあります。

 

ディボーションガイドの良いところは、準備をしなくてもよいところです。ホームスクールで勉強も教え、しつけもし、さらに家事もあり、放課後の習い事など目まぐるしい中で、自分のためのゆったりとした時間をとるのも大変なのに…という中で、読めばいいだけですから、本当に楽です。参考までに記事にしてみました。

整理

え~、今週は大腸炎の診断を受けて、安静だったためにずっと家で寝ていたのですが、木曜日くらいからだいぶ痛みも取れて、少しずつ食べながら少し起き上がったりもしていました。

 

先週、ACEセミナーに行き、ここ2~3年、自分の体調の悪さや引っ越し、主人の転職(それに伴う出張の多さ)などを理由にACEの方もミニマム化していたように思います。

 

去年の9月からはのんちゃんもACEに戻ったし、この4月からははーくんも週5日のホームスクールになることも含め、もう一度見直ししようかなと思いました。

子どもたちのpermanent recordをもう一度見直す必要もあるし、

ホームワークアサイメントシート(宿題がどれくらい残ったのかの記入する紙)もリニューアルしました。

 

また、子供たちにプリビレッジの申請をするようにもっと励ましていきたいなと思いました。プリビレッジCを取るようにすると、スコアーの時にフラッグをあげなくてもよいので、スピードがアップ。つまりACEのAのアクセルを踏み込むことができます。

 

 

そのためには★の数が18個になるように調節しなければならないので、日本語のテキストや習い事などを利用して、3週間で★が取れるように、各々の子供の器量によって設定しようと思っています。

これが、そのメモね。

これはかなり我が家流なのだけれど、はーくんは本を読むのがすごく苦手なのね、だから3週間で1冊読めるように設定し、本を読んで、ブックリポートを書いたら★をあげるなどしてみようと思っています。そうすると、そのブックリポート(もしくはオーラルリポート)がそのままプリビレッジ申請に使えるので…。苦肉の策ですが、ペースの量が少なかったり、3週間でペースが進めない子供には他で★が取れるようなシステムを作ってあげるのがいいと思います。はーくんで言うならば、ドラムを習っているのですが、新曲に入ったら(前の曲が完成したら)★もいいかなと思っています。だいたい1か月に1回は新しい曲なので、丁度よいと思います。

 

日々の勉強とテストの記録のファイルが子どもたちそれぞれにあります。それはほぼ毎日記入するので、いつもファイルを出しておきます。

上のファイルは保管する成績表やいろいろなフォーマットが入っています。滅多に出し入れしないのですが、フォーマットを整理しておくと後々楽ですね。

 

あと、100/1000クラブも新しいボードで作成中。

今回ははらぺこあおむしで作ってみようと思っています。これはマグネットシートです。両面テープのマグネットシートはプリントアウトした紙を張りつけて切り取るだけでマグネットができるのでとっても楽です。800点までは青虫、900点はさなぎで1000点になったら蝶々。そして、1000点になったら、1000円のご褒美にしています。(なかなか高学年に入ると1000点取るの大変です。ペースナンバーが低い場合は一年で3回くらい回るかもしれませんので、ご褒美を500円くらいとか、各々家族で調節したらいいと思います。現金ではなくメリットでもいいかもしれませんね!)

 

一人ひとりのスケジュール(時間割)も書き出して、一緒に勉強のペースをつかんでいくクウォーター1にしようと思います。ゴールデンウィークまでに、流れをつかめるといいんだけれどね。

Master Record Sheet

ホームスクールの話。

 

娘が11年生を終わったので、ACEの通信制学校、LCAに記録とペースを送ります。

img_4186.jpg

このカードに今までのテストの点数や学校の出席日数などを書きます。親のサインをして、まとめます。

そこに

img_4189.jpg

テストを一緒に着けます。

MATHのように別紙で計算することを言われているものはホチキスなどでとめておきます。

img_4190.jpg

サイエンスはラボがあるので、そちらも忘れないように。

img_4188.jpg

忘れるとね、あとでまた送りなおすの。送料もばかにならないのでね。

img_4187.jpg

運動の記録も忘れずに入れましょう。こちらは必修科目の体育0.5単位になるので、大切ね。

img_4191.jpg

これをまとめて入れます。

入れ間違えないように気を付けてね~。

 

EMSで先生のもとへ送ります。今回は送料が2100円でした。

その時のペースの量にもよるのだけれど。

 

しばらくすると、LCAのホームページのペアレントリンクに成績が出てきます。

 

また3月から来年度をスタートさせたい旨を先生に一報して、そのための手続きをスムーズにできるように確認しました。先生、時々休暇とかとっちゃうんで、そうするとスケジュールが組めなくなっちゃうのよ。

先生、2月は出かけないから大丈夫、テキスト送るのに12日ほど必要だから気を付けてとお返事をもらいました。今週には来年度の履修をしないと。

といっても最終学年、もうあとは4.5単位です。

今日のおやつ


コーンスープと柿の種とチョコ。
勉強始めて2時間ほどで投入です。だいたい10時くらい。
やる気アップ⤴️

最近の取り組み(Grade7からのチェックアップ)

久しぶりにACEのブログです。

 

ACEには目的意識をもって勉強したり、効率的に勉強できるような独自のルールがあるのですが、自学自習をベースとしていますので、生徒に正しく解答することが要求されます。

 

中学生になり、チェックアップが点数制になったり、チェックアップまでの間、今まで2~3ページごとに答え合わせしていたものが減ったり、7年生(PACE1073~)になると少し変化があります。

 

次女はこの解答にきちんと答えるというところの詰めが甘くって、セルフテスト前に親がすべて答えをチェックするとボロボロと間違いが出てきたりして、どうしたものかと思っていたのですが、

まだ、そこまで精神的な部分で成長してないのだなと思い、こんな風にやってみています。

 

まず最初のページのゴールを読む。

新しい単語が出てくるページはクリスチャンフラッグをあげてもらい、日本語と発音をチェック。

たくさん間違いをしたページ(半分以上が目安)はクリスチャンフラッグをあげてもらい、どこをどう間違えたのか私と話して考える。

チェックアップ前、それまで間違えた解答をすべてノートに書き出し、日本語に訳す。

チェックアップまでのPACEの解答を親がチェック!

間違いを見つけたら、直してもらう。(間違いではないが、コンマの使い方や字が読みにくいものもチェックして直す)→ デメリット

これをセルフテスト前まで繰り返す。

セルフテスト前、チェックアップで間違えた部分をノートに書き出し、日本語に訳す。

セルフテスト前、それまでのチェックアップで85点以上取れていない場合、(もしくはおおむね)セルフテストをコピー。(セルフテストで85点くらいとれていればペーステストはほぼ合格)

セルフテストで80点以下の場合、次の日、REVIEW。→コピーしたセルフテストを次の日復習。(だいたい合格する)→ 次の日、テストする。

 

チェックアップ前の3回の答え合わせで解答が間違わずにされていれば、100メリットあげる。

 

(高校生バージョン)

教科によって激しく出来不出来が分かれる場合があります。チェックアップ前にたくさん間違えている場合、チェックアップもコピーする場合があります。チェックアップで75点とか、80点きるとセルフテストも出来が悪いこともわかってきました。

 

img_3970.jpg

スコアテーブルにて。

 

img_3973.jpg

週後半になるとセルフテスト率が高くなります。

コピーして使わなかった分は、裏紙をメモ用紙や、お絵かき、計算の紙に使ってます。

 

 

 

冬休みのオフィス

ACEでは、勉強する机をオフィスと呼びます。

オフィスは整理整頓されてなければなりません。

ですが今は休み期間…

なのでそれぞれの個性が出てます。