Archive for ACE **Japan

ACE セミナーに参加してきました

先週のことですが、年に一回のACEセミナーに今年も参加しました。

毎年行われるセミナー、ACEスクールの先生や保護者やACEホームスクールの保護者を対象に行われます。

 

私も特別なことがない限りは毎年参加しています。もう、毎年毎年、声を大にしてこちらのブログにも書き込んでいるのですが、代表の阿部先生のメッセージやインターナショナルコンベンションの報告映像などを見ると

「もういちど、主に力をいただこう」

 

と七転び八起きならぬ、12転び13起き(ホームスクールも12年たちましたので)させていただいています。

 

今回は分科会という形ではなく、すべて講演メッセージの形でしたが、そのどれもが力強く、のちにこちらでもシェアーさせていただきたいと思います。

 

でも、大きなテーマは

1)クリスチャン教育の大切さ

2)学習を創造論的視点ですることの重大さ

だったかなと思います。

 

毎年グレードアップするセミナー。もちろん、セミナー用のノートもついてきて、

参加したことの証の証明書もいただき、

お土産まで♡

 

ポストイット、重宝しているので、とっても嬉しい。しかもポストイットのケースまでついてきています。ポストイットの最後のほうの紙ってよれよれになっていて、先っぽもくるくるになっちゃっているじゃない?このケースがあればきれいに最後まで使えるよね~。

 

 

アンケートにはホームスクール視点ですこしシェアーさせていただきました

* インターナショナルコンベンションの情報がもっと前に欲しいこと(経済的なことや日々の勉強の負担が親一人にかかるので、前もってがけっこう大切)

* OB・OG生が卒業後も交われる機会の設置:ホームカミングデーとか?

* ホームスクールのネットワーク支援

* 進路指導についてシェアーできる場

 

こんなところだったかな?もっと書いたようにも思うのですが、ACEスクールはいろいろな生徒さんがいて、とても有益な情報があると思うので、そこから学んでホームスクールに活かせたらいいなと思いました。

 

 

また、今回はホームスクールのお母さんたちがセミナーに参加していて、一緒にランチを食べる機会が与えられました。

 

それぞれのホームスクールの近況をシェアーでき、祈りの課題も見えたので、祈らせていただきたいと思いました。と同時に、近況を聞いて、改めてACEプログラムをホームスクールするって本当に並大抵のことではないように思いました(自分で言うのもなんですが…)

 

いちいちチェックが多いし、スクールのように他に手伝ってくれる人がいるわけでもないし、どこを手を抜いていいのかわからないし…

 

ACEプログラム、本当に良いプログラムなので、ホームスクールの子供たちやそれを支える親が今後、もっと良い支援を受けられるように、神様に聞いていきたいです。

 

 

最後に阿部先生のメッセージで心に響いた言葉の一つ

 

神様はフェアーな方です。神様は必ずつじつまを合わせてくださいます!

 

アーメン!

ACE Educator’s Seminar 2018

 

お知らせです。

 

ACEスクール、ホームスクールの先生たちのためのセミナーです。

 

10月26日 10時からです。 東戸塚のレイモンド学園にて。

 

この日は我が家のホームスクールも休講(自主勉強)になりそうです。

 

 

4000円でお弁当もつきます!とっても励まされます。ぜひ!

ACE ホームスクールファミリー用 ワークショップ&懇談会

 

私たち家族がACEというクリスチャンホームスクール教材を使っていることはみなさんご存知と思いますが、日本にはこの教材を使っているチャーチスクールのほかに、ホームスクールファミリーが数家族いらっしゃいます。

 

昨年のACE教師セミナーの後、ACEジャパンの方から「ホームスクールの方々を支援したい」というお声がけをいただき、レイモンド学園にご招待される形でワークショップを持つことができました。

 

ACEのすべてがそろっている天国のような環境で、子供たちが勉強し、そしてそれをサポートする私たち親をレイモンド学園の先生が指導してくださるという、夢のような企画でした。

 

午後はお昼ご飯を食べながらの懇談会。子供たちは別部屋で遊び。

 

具体的なアドバイス、例えば👇

チェックアップ前のサインのこと

読みはどこまでするのか

日本語を書くことの是非

ペーステスト前のSTUDYやREVIEWの扱い

新しい単語の取り扱い

進路について

日本語がメインの補強教材

 

もありますが、

基本的な心構え

なぜ、ホームスクールなのか?

どうしてACEを使っているのか?

というところの吟味についても励ましとおすすめをいただくことができました。

 

個別にACEジャパンの代表であるM先生ともお話したのですが、

 

私が12年間したACEの経験で感じたことと、先生が長年チャーチスクールで思っていたことでいくつかのポイントで同意ができて、これからのACEを使ってのホームスクール、チャーチスクールの対応がもっとスムーズに、もっと希望をもった結果になっていけるのではないかな?と思います。

 

 

今回、私個人的にうれしかったことは、私が個人的にホームスクールでかかわった方が、みな、素晴らしく頑張って、ACEを続けていたことです。そして、オフィスで立派にふるまっていました。素晴らしい!

 

レイモンド学園のスタッフの方もそのことにとても驚いておられました。(自慢警報が出てます!← 初心に戻って神様に栄光ですね)

 

我が家の子供たちも、ぜひ、来年度はワールドコンベンションへ行けるように準備したいなと思いました。夏には、準備しないとね。

 

お金もいろいろと。

 

 

引き続きホームスクールファミリーの勉強会を続けていけたらと願っています。子供たちもたくさん交われて、すごく感謝な一日でした。

 

A.C.E. Educators Seminar 2017

先月の話です。

毎年、A.C.E.のシステムで勉強しているチャーチスクール、ホームスクールの先生のためのセミナーがあります。今年も、体調がイマイチでしたが、祈りに支えられ、なんとか会場にたどり着くことができました。

 

行けば必ず何かをいただけるセミナーですので、毎年、楽しみにしています。

 

私もホームスクール前から教材だけは使っておりましたのでかれこれ12年選手なんですよ〜。

 

 

今年のテーマは「影響を与えるものになる」ですね。直訳的には、「違いを作ろう」だけれど、ニュアンス的には「みんな違ってキラリと光ろう」みたいなものがあると思います。私はこの表現が好きですね。

 

チャーチスクールの先生方が多いですから、先生が生徒に対してどのように接するのかという表現が多いです。そこが親子で学習を進めるホームスクールとは違うところですが、たくさん学ぶことがありました。

 

特に今回、デメリットの受け渡しについて、すごく学びました。

 

帰ってから子供達にもシェアーしたのですが、

You might think Mama gave me a demerit, but that attitude is not proper.  the thing is that I EARNED the demerit.

ママがデメリットを渡したって思ってしまっていたかもしれないんだけれど、実のところはね、自分でデメリットを稼いでしまったんだよ。

 

実際に、そのあと、何回か説明しているにも関わらず、態度が変わらなかった子供に対して、

 

“I’m so sorry to give this(a demerit card) to you.  I explained several times not to do, but you did and didn’t show me your improvement.  so so, sorry for this…”

 

残念だけれど、(デメリットカード)これ、渡します。ママは何回かやめるように説明したけれど、繰り返してしまったし、改善もなかったから、残念だけれど、渡すね。

 

って感じでしました。

 

 

実際に、今までは私がジャッジみたいな感じで、駄目出し的にデメリットカードを渡していたのですが、今では、哀れみの心を持って渡すことができるようになっています。

 

このことは、セミナーでの大きな収穫の一つです。

 

 

ホームスクールの人のためのワークショップでは、特にプログラムということを先生が話されていたように思いました。これは私も今までも10年間、このブログで語り続けていたことに共通します。プログラムにそうようにするというのは、成功の秘訣に思います。

 

 

あと、個人的に感じ、非常に励まされたのは、中国などでもACEのホームスクール生徒がいるということです。260人ほど。もしかしたら隠れ宣教師の子供達かもしれませんが、でも、ACEという教材を通して福音が広められていることは大きな喜びですね。

 

 

 

また来年のセミナーまで!

 

 

 

 

 

参考までに…(ペースのオーダーあるある)

色々とACEに関する書類をまとめている中で、我が家はこうしたよーということを書き留めておきますね。

今回はペースのオーダーに関してです。

オーダーはネットのショップから買うのですが、その時に


Expeditedでお願いしますと一言添えています。

そうすると、ネット上で今、どこまでペースが送られているのか把握することができます。


また、届きましたらインボイスが中に入っていると思います。これも、兄弟が多いお宅ではとっておくといいです。

というのは、ペースはバージョンが数年で変わることがあるのです。つまり上のお子さんで使ったペースキーは下のお子さんでは使えない時があるかもしれません。

今後、追加オーダーしていく時に失敗しないためにも是非、インボイスはとっておいて、次にペースを注文する時にバージョンがあっているのかを確認してください。

ちなみに、郵送ってことで付け加えですが、今後、ライトハウスクリスチャンアカデミーに入り、郵送が必要な時は


私たちはEMSを使っています。こちらもトラックバックできるし、保証もあるので、大切なテストや書類はこちらがいいとら思います!

ちなみに、ペースなどの送料はこちら持ちですが、向こうから定期的にくる手紙は送料は向こう持ちです。

私も採点するのですが、小さな間違いや、そこまで減点しなくてもよしという調整が入って改めて、テストのコピーが送られてきます。


こちらも送料向こう持ちです。

立場逆転…そして更新完了

Who wants to sign for my “homework assignment slip”?

“Me!!!”

と一番に手を挙げたのは次女。
今年は五年に一回のACEスーパーバイザーの更新年だったため、一週間セミナーに参加しました。

毎日の宿題に子どもたち、1日ずつ、わたしの宿題カードにサインしてくれました。
3回目のトレーニングでした。ACEの教育理念ややり方を勉強するこのセミナー。やったみなさんはわかると思うのですが、なんというか量が

膨大なんです!

なので正直、今までの二回はやることに精一杯だったのですね。
でも、今回、単語とかある程度はわかるじゃない?少し読む方にも余裕があるというか。心にスペースもあって、よくよく読んでいると、

なんか、クリスチャン教育ってすごいことだなー

と。

じーんと心にしみました。

 

と同時に、「知恵」のテキストでは涙が止まらなくなってしまいました。

 

知恵のテキストはクリスチャン教育論の基本が書かれています。ちょっとした論文のような内容です。でも、本当によくまとまっていて、ACEでホームスクールしなくてもいいから、この本はぜひ読んでもらいたいと思います。「私たちが次世代に伝えなければならないことって何?」「主にある教育って根本的になに?」ということがぶれなく書いてあり、これを読むといかに自分がぶれまくっていたのかがわかります(😢でも感謝)

 

こんなこと、今回初めてだったのですが、知恵の本を読みながら、たくさんの、本当にたくさんの失敗が走馬灯のように駆け巡り、涙がでてきて、字が読めないほど、苦しくなりました。

まじ、悔い改めです。

ほんと、ACEの指針からずれまくりがあり過ぎて、「あー、もっとあのようにできたのでは?」「このようにできたのでは?」と子どもたちにごめんなさいと謝ることがあり過ぎました。

その日はそれ以上、宿題を進めることができず、別のテキストを進めなければならないほどでした。

 

2日目、先生に特別に時間を取ってもらい、祈っていただきました。

 

その中で、10年間、やってきたからこそ、そう思えたのだねという慰めとともに、自分を赦すことを教えていただきました。先生方もたくさんの失敗をして、でも、その時の自分にはそれがベストだったと主に栄光をお返しすることを学びました。実際、子供たちは私の失敗に傷ついたかもしれないけれど、それでも信仰をもって育っているし、いろいろな意味で傲慢だった自分を砕き、祈ることができました。

 

もちろん、子供たちにも謝って、赦してもらいました。
涙で止まらなかった初日、終了できるのかしら?と思ったのですが、

無事、できました!

 

 

皆さんも2回目、3回目、是非受けてね!
今回はホームスクールで始められる方がまた増えました!感謝です!
ネットワーク作りもやっていきたいと思います!

来週はACEスーパーバイザートレーニングです

5年に一度の更新、ACEのスーパーバイザートレーニングが来週やってきます。

先日、「日本語と英語、どちらでされますか?」と聞かれ、今回は日本語でやることに決めました。その心は→ちょっとでも楽したい( ´∀` )

おそらく、英語能力的には5年前より今の方がちょっとレベルアップしているように思うのですが、また5年後もやるんだし、その時は英語にしよう。(えっとその時のんちゃんが12年生?)

 

念のためにドレスコードを確認したところ、

「スカートは膝が隠れるものでお願いします」とっ。

 

常にパンツ派の私はスカートそんなに持ってないよ~。あっても膝、見えちゃうよ~と( ;∀;)

隙間時間を見つけてはスカートを探しています。

 

1着は自分で気に入っているものを買い、もう一着は値段のこともあるから安いものにしました。「とりあえず来週しのいで、もし気に入らなければ娘にあげればいい」と自分を励まし、えいって購入。

普段、教員スタイルなんてしてないから、こんな時困るね。

 

******************

 

あちこち回っている際に、ピンクのチューリップを見て、ピンと来て買いました。

 

この季節のチューリップ大好き。先日編み上げたピンクの花瓶カバーに合わせてみました。

 

来週は、きっとブログの更新なんかできないくらいにヘロヘロっていると思いますが、ホームスクールで見えなくなっているへなちょこな部分をデトックスしてきますっ!

ACE Educator’s seminar

久しぶりのアップです。

そして話題が先月の話!(どんだけ温めてんでしょうか?)なのですが、10月の終わりの金曜日に毎年行われるACEプログラムをしているチャーチスクール、ホームスクールの先生のためのセミナーがあります。

お誘いいただく限り、基本出席をしています。

その理由は数えたらきりがないのですが

1) 阿部和子先生の力強いメッセージに触れられること

2) 先生というプロ意識を頂けること

3) ACEの最新情報や先輩教師の体験談を聞けること

などがあります。

 

img_2857.jpg

今年のテーマは HERE AM  I わたしはここにおります です。

阿部先生からのメッセージで私がとてもすてきだなと思ったのは、「私たちの国籍は天国、だから天国の文化を身に着けさせるのです。」ということです。

あなたの子供は天国の文化を持っていますか?と聞かれれば、え~、途上です。ってところですが、これもまたチャレンジですね。

 

そして、今年もまた、たくさんの常連の先生たちに囲まれて、私は母であり、先生なんだと改めて襟元を正されました。

img_2853.jpg

この姉妹は私が初めてACEに出会ったときに一緒に講習を受けた博多のチャーチスクールの先生です。

5年目のライセンス更新も一緒に。

毎年この時期にお会いすると、その存在だけで心に励ましを受ける方です。

 

運転免許だって5年ごとに更新する。それは命に係わることだからだと思うのです。ならなおさら、霊のことはなおざりにしてはいけないと思っています。子供たちの大切な霊的な健康管理の一部を主に託されているのですから、私はこのセミナーを大切にしたいなと思っています。(今回は教会の姉妹のケアーよりも、優先させてもらいました。)

今回、ACEをやってきてほぼ10年、ホームスクールのある意味先駆者として、進路についての分科会にも参加させていただきました。いろいろな形のACEやLCAの終わり方、かかわり方を聞き、とても参考になりました。

 

そして、最新情報です。

小学1年生のABCのテキストとSPEAKINGのテキストが一緒になったものが紹介されました。

 

これはマニュアルが4冊の新バージョンで、1年で一年生のカリキュラムがカバーされます。いままで、一年生はABCをすると、そのあとの科目の追い上げが大変でしたが、それらが考慮されていること、そして、話すことに力が入れられています。

 

個人的には私が指導している英語クラスでやってみたいなと思いました。

ACEはSpeakingが少し弱い気もしていましたが、こちらは話す力を養ってくれるようです。試してみる価値はあるかも。ホームスクールなら毎日のことなので。

(たぶん、私が自分の子供が小さかったらやらせたと思う。)←新しもの好きのミーハーです。

 

来年は、いよいよ3回目の先生の資格更新のトレーニングを受けます。

 

あのころ、のんちゃんとはーくんはまだ保育園児。10年の時って、すごいよね~。

Educator’s seminar


年に一回のセミナーです。

ぜひ!

ACE セミナーのお知らせ

ACE Educator’s Seminar の開催日時が決まったようです。連絡もらいました~。

 

10月28日 金曜日 10時~

 

場所はいつもの東戸塚キリスト教会です。

 

セミナーにはどなたが来られるのか、どのような内容なのか?ということは折り入って連絡が来ると思いますが、この日時は確保しておきましょう。

とりあえず、

予定表に書き込む!

 

やっておく!← そうしないと忘れるから (´;ω;`)

 

このセミナーに行くと、毎回毎回裏切られません。恵みと励ましだけを受けて帰ってきます。

ACEの教材をやるか迷っているのならば、ぜひ!

ACEをやらないと思っていてもぜひ!

ホームスクールで煮詰まっている人は、アイデアをたくさんもらえると思います。お弁当つきだし、ぜひ、考えてみてね!

 

去年のセミナーで、GOAL CHECK REPORTの解釈と対応について話したいと思うというようなことをちらりとおっしゃっていたので、私はとても気になっています。

 

たとえ、今日の課題がどれだけできて、どれだけが宿題になって、どんな態度で勉強していて、いろいろ達成感とかそういうのを図れるけれど、実際問題、そこからどうやって勉強のやり方に反映させていくのか?ということは個々にゆだねられている感じでした。

ACE30年の歴史の経験からいろいろ教えてもらいたいなと思います。

 

また教わったことはシェアーしますね~。