Archive for ACE **PACE work

冬休み終わったよー

ちょっと真面目なホームスクールの話題。

年末にA.C.E.プログラムでホームスクールをしている家族とミーティングをもち祈りと励ましの時間を持ってから、また子供達のやる気も違うような気がします。次に会えるのは3月のホームスクール家族のためのセミナーかな?

やっぱり『仲間がいる』っていいよね。

 

私の体調は相変わらずです。今は、10時から12時までのホームスクールをみさせてもらい、時間を空けて16時くらいから小一時間、ほとんどスコアーの時間となります。そして、夜のパパのスコアー時間。

子供達もティーンだからこそ、こんな時間でもできるのかな?と思います。

 

ちなみに、スコアーキーはもちろん毎回毎回片づけ、そして引っ張り出しています。

 

今月のみんなで読むみ言葉は詩篇119篇。

毎朝、一緒に読んでいます。もちろん、子供達は暗唱です。

 

Your statutes are my delight; they are my counselors.

まことに、あなたのさとしは私の喜び、私の相談相手です。

 

 

子供達の心の良心にたくさんの神様の良い言葉が入りますように。

 

 

冬休みが空けて、セルフテストやペーステストが戻ってきています。子供達は柔軟に対応できてすごいな〜。

ホームスクール 最近

 

最近、朝二時間、夕方一時間のホームスクール体制が慣れてきています。

朝二時間の勉強時間でサインするものを終わらせることもできるようになってきています。

私の体調はまちまちですが、朝10時のスクール開始には助けられています。

私も午後はジムに行って体を動かしたり、そんな感じです。

新しい試み

 

私が体調を崩してから、どうしてもホームスクールに割く時間を前ほど取れなくなってしまったので、思い切ってトライアルで

10時ホームスクール開始にしました。

そして、すごくフレキシブルなスケジュールになってしまったので、制服をやめて、それぞれに、TPOに合わせた服装でお願いしますとしました。

 

思い切った決断ですが、(私の体力的にも)できないものはできないので。

 

夜にパパが採点時間を設けたりしていますが、今のところ、うまく回っています。

 

 

私のお腹、とにかく疲れちゃだめって、病院の先生から。

 

 

本当にのんびりしています。そして罪悪感と感じちゃだめだよと周りに祈ってもらっています。

 

ホームスクールを始めた神様が、私のできない時間を必ず埋め合わせをしてくれます。

 

大きな信仰が必要です。私も子供たちも。

 

 

いろいろな変化の時は摩擦も起こるけれど、親子関係の絆が大切だと最近感じています。

 

the best has yet to come

休み時間の活用

 

私たちのホームスクールでは20分間の中休みをとっています。

昼寝するのもよし、散歩に出るのもよし…。みんなリラックスして過ごします。

 

 

この20分の休みは母親の私にとっても貴重です。

この時間は子供たちはラーニングセンターからでなければなりません。

 

ラーニングセンターから3人が出てから、朝したテストの採点をしたりします。後回しにすると気が重くなるので、この時間にささっとすると気分が楽になります。

また、時々、朝寝をしに行くこともあります。

自分の部屋に入って、聖書をよんで静まったり、気分がイライラしているときはリセットタイムです。

また午後から出かけるときは、この20分で夕食の下ごしらえなどしてしまうこともあります。

 

もう夏休みですが、この時は、テスト採点をしました。

compassion and grace

写真の時計を見てください!夜じゃないよ!朝だよ!

 

教える母親の感情的な問題に破れがありました。何よりも私が神様にその問題に対して目を開かせてくれたということが感謝だし、それを許してくれた、かかわってくれた人々に感謝です。子供たち一人一人と、そして夫婦で取り組み、子供たちに対して「神様の目で見るように、憐みと恵みの目を与えてください」と祈ったところ、子供たちが変わりつつあります。

 

結果じゃない。プロセスが大切。

 

朝、起きれなかった子供たちが起きれるようになってきました。

イエス様の愛が流れ始めています。

最近の勉強

暑いですね~。溶けそうです。

この暑さに一番困っているのは、毛むくじゃらの彼☝です。

 

今年度は、いろいろなことがうまくいかなくって(笑)、夏休みがなかなか始まらない我が家です。7月末までにWEEK9が終わることを願っています。

 

でも、そのいろいろうまくいかないからこそ、「イエス様が中心のホームスクール」を学んでいます。イエス様が私に見せてくれた『赦しと愛』ががホームスクールの中で感じられるだろうか?教える私から出ているのだろうか?気づかされることが多いのです。

毎日、毎日、同情心(compassion)を祈っています。やはりどうしても、私には「なんで〇〇なんだろう」と相手を責める(=裁く)親目線があるし、そこが行き過ぎて「この子は××なんだから」と限界を設けてしまったりするんですね。ほんと、人間って身勝手だよね(笑)

 

「イエス様ならどうしますか?」

 

と聞くようにします。

 

でも、そんな風に過ごす中で、すごく不思議なのですが、自分の中に子供から傷つくことがあることに気が付きました。よかれと思ってやっているのに、その反応が自分の予想と違うときとか。いつもいつもじゃないけれど、「ムっ」という瞬間があるんですね。そういった小さな「ムっ」をいくつもいくつも飲み込んできていましたが、そこで疲れている自分を発見しました。

 

そんなときも、「イエス様、どうしましょう?」と聞きます。

するとイエス様が「なら、無理して教えるのをやめて、私のところへ来なさい」と…。

 

え~!!!

 

だよね。だって、ホームスクールだよ?って思ったのですが、イエス様、まさかの子供たちをそのまま放置。子供たちには「その態度、ママ、悲しいんだ。だから、教えるの、ここでやめるね。」と率直に話したところ、

 

すごく気持ちが楽になりました。←私の。

そして、イエス様が、私から放り出された子供の心に語ってくれたのでした。

 

 

そして、お互いにごめんなさい、赦してください、赦します…とそんな聖霊の風を感じたのでした。

 

モーニングエクササイズ(朝の会)前のテーブル

スコアーテーブルにスコアーキーが並びます。

最近は科目ごとにきれいに並べるようにしています。

 

ファイルは、モーニングエクササイズの後に子供たちに宿題の具合をチェックしたり、チェックアップがあるのかどうかなどもう一度チェックするためのものです。

 

一人ずつ、朝、宿題とゴールカードを持ってきてもらい、ここで再スケジューリングします。それが終わったら、このファイルは横に置いて、スペースを作り、スコアーできるようにしてあげます。

 

スコアーテーブルには、レポート用紙を置いておいておきます。

スコアーで間違って説明が必要な時や、子供たちが計算で困ったりしたときに説明できる黒板のような存在です。

 

最近、コンピューターも使うので、テストがない時はコンピューターデスクを置いておくようにしています。

 

オフィスの反対側からの景色はこんな感じです。

 

子供の勉強部屋(ラーニングセンター)に勉強するものを集中させることによって、リビングとの気持ちの変化を楽しんでもらっています。

 

 

勉強が高度になると、切り替えやリフレッシュがとても大切ですね。

パパさんから、

 

しっかりリフレッシュさせてあげて

 

 

と言われているので、悩みながらもいろいろと工夫するようにしています。

復活 最近のホームスクール

今日は起きれた。


朝のホームスクールの様子。今日はバスケ🏀⛹️⛹️‍♀️があるので、チーム服を着てのホームスクールです。

マネージャーを卒業したアンちゃんは、コツコツ勉強。最近は制服ではなく、TPOにあった服を選んでます。

ペースの冊数は少ないですが、最近は英検の勉強をちょっと頑張りました。

あと一週間では英検ですが、これが終わったら、AO入試対策をしないとなー。


おまけ

最近、ジョエルはすっかり落ち着いたダンディー犬となり、朝は今までに増してよく寝ます。

寝言もよく言ってます。笑笑

ACEスーパーバイザートレーニングより


学習障害のある生徒を助けるという項目をみて、感謝した私。
こういった手順やまとまったものはわたしはなかなか出会えてこなかったので、大切な資料♡

いい時も悪い時も

先週、ちょうどわが家にとってはホームスクールがweek3でした。色々な意味で、ペースの進ちょく具合がわかる週です。

学年の始まりは、つまりはペースナンバーが1013,1025,1037,1049,1061,1073,1085,1097,1119,1121,1137に入るときは、ペースの内容が少し高度になるし、文字も小さく、読む量が増えます。選択科目に関してはどれくらい難しくなるのかは本当に検討もつきません。なので、日々の習い事や土曜日なんかの行事もなるべく少なくして、まずはペースの進み具合のバランスを図ります。

長女はもう12年目ですが、高校生になると、ただ勉強だけではなく、奉仕もあるし、大学のためのもろもろの資格や受験勉強もあってなかなかのスケジュールになります。
12年生を初めて、すぐに、宿題の量を見ても、これをこなすには相当の覚悟が必要と感じました。やる気がないわけではないのですが、空回りしている感じや、焦りも見えてて、そんな感じです。でも、もうティーンも後期になれば、頭ごなしに話すのは知恵がありませんし、効果もありません。彼女自身が戦わなければならない霊的な戦もあるので、親としては悪い実が出るまでほっておく勇気も必要です。

ACEのAはアクセルですが、勉強が慣れからではなく、(慣れもあるけど)心からの動機があって楽しく進んでいるべき(アクセル=前進している)なのですが、そうなってないなーってときには何かを見落としています。

これは一つのサインなので、様子を見つつ、神様に聞いて確認するといいと思います。(← これはスーパーバイザーの親の仕事)

ある朝、彼女の怒り💢がうわーって出てきました。直接、それを聞いたのは父親ですが、私もその前触れ的なものを感じていました。彼女に祝福の祈りと心からの謝罪をしました。

みなさん、12年生になってまで?と驚くかもしれませんが、私はこの歳でも、向き合えるチャンスをくださった主に本当に感謝しています。

特に親が未熟でティーンの娘をよく導けなてなかった部分、説明不足だったことを謝りました。その上で、今、主人が仕事でどんな立場で働いていて、どんなストレスの中生活しているのかを再度説明し、和解しました。また、進路に向けては、心の動機を確かめました。また、親としては、信仰面での成熟を期待しているし、そうでなければたとえアカデミックな部分で受験を突破したとしても、人生においては失うものが多いことなど、ザックリ話した上で本人の信仰に任せました。

下の兄弟たちには、お姉ちゃんの態度が好ましくないことがあるけれど、ママとパパはそれを許しているわけではないこと、だから、人をみて(これくらいならいいかな?と)判断ではなく、常に神様に聞いて言動を考えるように話していました。

今回、長女にも、兄弟たちがどれだけお姉ちゃんの態度に傷ついたか考え、赦しを乞うように進めました。
先週はそんな大波乱のホームスクールだったのですが、そんな中、私はセミナーに通っていて、その中の知恵というテキストに、もう本当に砕かれました。そのことはまた書きまーす。
良いときだけではないです。でも、悪いからってやめる必要もないホームスクール。

大切なのは、動機かなー?とやんわり思うこの頃。

最近、心に留めているミコトバ👇

Dear friends, don’t be surprised at the fiery trials you are going through, as if something strange were happening to you. (‭‭1 Peter‬ ‭4:12‬ ‭NLT‬‬)

For God has not given us a spirit of fear and timidity, but of power, love, and self-discipline.(‭‭2 Timothy‬ ‭1:7‬ ‭NLT‬)