Archive for Family One on One

奇跡を信じて

お久しぶりです。

前回のブログからずいぶんと時間がたってしまいました。

 

いやぁ、もう聞いてよ!状態です。

先々週の週末に喉が腫れ、耳鼻科に行って薬をもらって、週末明けには回復したのですが、その後、熱はないものの午後になると体がしんどいという日々を過ごしていました。今年の風邪は熱は出ないけれど長引くタイプらしいです。( ;∀;)みなさんも気を付けてね。

 

先週は9時から12時までホームスクールをし、午後は母さん店じまい状態でベッドで横になる日々を送っていました。先週末もじっくり休んで、今週は元気です。昨日は久しぶりに運動をしました。いやぁ、それにしても、先週丸まる一週間は運動をしなかったので、体がなまってしまいました。昨日、久しぶりにジムに行き、今日は全身筋肉痛に包まれております(笑)

 

さてさて、私の話はこんなところで、本題です。

 

大学に入学してから、集団生活や勉強、新しい環境に慣れるのに苦心し、アップアップだったお姉ちゃんですが、夏休みを終え、さらに夏休み中にしっかりと霊的栄養補給もして、落ち着きを取り戻しています。夏休み中は、バイトしたり、勉強したりして過ごしていましたが、再度英検に挑戦することにしたのでした。(お友達と一緒に受験しようと決めたようです)

 

高2の時にとった英検準1級が好成績だったため、高3のAO入試前に試しに受けた1級。単語がめちゃめちゃ難しくて、(まぁ当たり前だよね、だって対策勉強しなかったし)1次で落ちたのですが、夏休み、自分で練習問題なんかを買って、少しは勉強していたようでした。

 

んで、もって、テストの日。

 

1次試験ではライティングに力を入れているようだったので、かなりの時間をかけてエッセイを書き上げ、意気揚々と帰宅。

 

そしてその後、テスト問題をパパと二人で見ながら、

 

危機的な間違えに気づいた模様。英作文のテーマの…

 

問題文の単語1つをちょっと勘違いしていた!!!

 

なんか、わりと本人的には致命的だったらしく、まったく見当違いのことを書いたかもしれない…。

 

 

(ノД`)・゜・。

終わった。

(↑ 本人の心の声)

 

そんな中、いやいや、奇跡を信じて祈りましょうと「あーでもない、こーでもない」と話した挙句に一応はそういう落ちで会話を〆たのだけれど。

 

本人も忘れかけたころ。ふと、今日、合格発表だったかもと期待せず、ふたを開けてみたところ、

 

わずか合格点よりプラス2点で一次試験を合格していました!

 

まさにこれこそ神業。

 

神様は恵みをもって私たちを悔い改めに導くお方。このことを通して、自分を誇るのではなく、神様にゆだねる信仰を教えられたお姉ちゃんだったのでした。

 

*****************************************

 

長女がホームスクールを終えて半年が過ぎました。そして最近、お姉ちゃんとの会話の中でよく、

「去年の今頃は…」ということが出てきます。

 

本当に去年の今頃から、この春までは怒涛の変化でした。よく頑張ったなと思います。

 

 

親としても、最近、不思議な気持ちになるときがあります。必死にホームスクールで教えていた時には気がづかない、終わってふと、神様に教えてもらえるようなことです。

 

私は子育てに後悔がないという清々しさです。

 

「もっとあーすればよかった、もっとこうすればよかった、あれはしないでもよかった」といった気持ちに全く縛られていません。

 

娘から、大学の勉強面での準備という意味で、ホームスクールの勉強の量が足りなかったことを指摘されたりもあるのですが、そしてもちろん、「ごめんね」という気持ちにもなりますが、それ以上にホームスクールを否定するほどまでの気持ちにはならないんです。

「不完全だったけれど、だからといって後悔はない」という不思議な思いになっています。

 

長女はくだらないことから深いことまでいろいろ話しますが、そういう関係であるということがまず感謝だし、加えて学校では学べなかったことをたくさん教えることができたし、あたしって、本当にダメなんだ。と落ち込んで帰ってきても、父親も母親も彼女のホームスクールの努力をつぶさに見ていることもあってか、確信をもって彼女を抱きしめ、

「あなたは本当によくやった」

と伝えることができるこの恵みに感謝しています。

 

 

最後はちょっとしんみり終わりますが、ホームスクールをした人しかわからない苦労もありますが、した人しかわからない恵みがありますってことで、

 

おやすみなさい。

 

 

 

久しぶりに長男と

先週、久しぶりに長男と二人で出かけ、夜、とんかつを食べながら人生について語り合いました。

 

一緒に映画もみたよ。

 

いちいち怖いシーンの度に「キャーキャー」いう母を嫌がらずにいてくれてありがとう。

 

にしても、怖かった。ジュラシックワールド。

FUNタイム 末っ子編

久しぶりののんちゃんとのファンタイムは

 

 

ピーターラビットの映画でしたぁ❤️

 

 

月一回のデート

ママは筋力アップのためのトレーニングに出てからの映画で眠気に襲われそうになったけれど、なんとか映画に集中できた。

Lunch time

 

今月ののんちゃんとのランチアウトは彼女の希望でシェイクシャックに。

今年チャレンジしてみたいこととか、ラインスタンプのこととか、大切なことからくだらないことまで話しました。

母娘タイム

娘とのデート。

 

パンケーキ屋さんでランチして、春物の服の買い物が今回のテーマ。

 

 

もう、先生と生徒の関係ではなくなった、楽しい親子時間です。

 

 

新しい季節♡🌸

Fun Time with Mom

今年になってから、子供たちともっと気軽に遊ぼうという時間を作ろうと思って、一回3000円のバジェットで月に一回、遊ぶことにしました。子供たちにとっては月1回の楽しい時間、私にとってはほぼ毎週が子供たちのだれかと密に遊ぶ時間です。

 

子供たちも大きくなるとそれぞれの予定で忙しくって、なかなか時間が取れず…。そして改まって、「さぁOne on Oneで話しましょう」という堅苦しいのもねぇ…となり、まずは楽しく遊ぼうとなりました。私にとっては「これは胃もたれするかも?」と思う食材でも、とりあえず「いいよ」と拒まないようにしています。内容がついていけないMARBELの映画であっても絶対見ようと決めています。

まずは子供たちの好きなことを知りたいし、知っているだけじゃなく体験したい!「興味を持っているよ!」というのを伝えることから始めたいと思っています。

 

長女とは、普段食べないような中華料理やさんへ行って、ファッションの話やら、大学いったら友達できるかな~とかそんな話をしたり、

長男は回転ずしとかいろいろまよったあげく、

もう一回スターウォーズを見に行くことにしました。

 

家族5人だとバジェット的には食べられないおやつとかも食べることができます。一緒に写真をとって、やれやれ話したりするのが楽しいのです。

 

説教されるかも…とか思われない雰囲気を心がけて、私も童心(ティーン)に帰ったつもりで若者文化を楽しもうと思っています。

 

愛とは… 相手に対して関心があるという意思表示を選び取ること…かな?と思い始めているアラフィフの入り口に立っているなっちゃんでした。

冬休み再び

今年はお正月休みがなかったため、1月中旬に再度、1週間お休みをとって家族で休みに出かけました。

 

 

北軽井沢(群馬県)のです。浅間山のふもとのキャンプ場ロッジに2泊してきました。

 

薪ストーブに薪をくべて、とにかくのんびりすごしました。

 

****************************************

 

2階のハンモックで寝る人あり

薪交換を楽しむ人あり

探検したり

 

ホテルではないので、調理はしなければなりませんが、室内にコンロがあるので、地元のスーパーで購入した地元のお野菜やお肉、チーズなどを使って、ビーフシチューを作って食べたり

 

薪をつかっての焼きリンゴを楽しんだり

地元コーヒーMARUYAMA COFFEEのドリップコーヒーを楽しんだり。

 

二日目は雪も降ったので、一面うっすら雪化粧したキャンプサイトをお散歩したり

↑ ジョエルも寒い中、楽しんで散歩しました。  ↑ ジョエルの足跡

 

↓ 雪が降らなければ、焚火もしたかったけれど、そちらはまた次回かな?

 

二日目は雪も降って寒いし、今回のテーマは『のんびりすること』だったので、持ってきたボードゲームで遊んだり、本当に久しぶりに子供たち一人ひとり対夫婦とう3人の形で一人1時間半以上、最近の勉強のことや信仰のこと、健康のこと、将来のことなどじっくり話すことができました。

 

ホームスクールってこういうことができるから感謝。

 

残りの夜までは、Netflixでダウンロードしてきたドラマをみんなでムービーマラソンのように見まくりました。家族で

「え~!」(驚き)とか「あ~~~⤵」(まさかの落胆)とか「はぁぁぁ♡」(喜び)とか言いながら盛り上がって楽しかった。

次の朝の朝焼けの美しかったこと。

キャンプっていうと「忙しくって」というイメージが大きかった我が家の子供たち。今回はゆっくりできたね。このキャンプならまた来たいなと行ってくれました。

 

 

キャンプ場をチェックアウトした後は、軽井沢プリンスのアウトレット。

兄弟同士でお互い勧めあいながら、これがいいんじゃない?とか言いあう姿にウルウルのなっちゃん。

予算を言ってあげて、その範囲でそれぞれお目当ての洋服などをゲットできました。

 

成長を感じます。

 

 

後期ティーンとの会話の中で

最近、ホームスクール生活がのこり半年を切る中で、長女がぐんと信仰において成長したように感じています。

特に、大学受験を通し、ホームスクールで育った自分の人生がどれだけユニークだったのか、また、その中で父と母がどうしてホームスクールを始めたのか、その本意を理解しつつあるように感じています。

マラキ書にある

父の心を子に向けさせ、この心をその父に向けさせる

という感じを肌で感じています。

ホームスクールは賜物磨きが目的の教育ではなく、イエスキリストの弟子としてのアイデンティティーと信仰の土台を据えることが目的の教育だと思う。

長女にとってホームスクールの最後の最後に大学受験というおおきな砦が立ちはだかりましたが、ここで、彼女の今まで培ってきた信仰と人となり(キリストの品性)が一気にむき出しにされています。

感謝なことだと思います。

この試練は、母としても12年間のACE教育がどれだけ彼女の信仰を建てあげたのかを知るご褒美のように感じています。

 

 

大学に提出するお姉ちゃんの志望動機、ママ、泣きました。めっちゃ証しです!

父と娘 パート2

Daddy is helping his daughter to prepare her presentation.

 

It’s 11:00PM.

 

All that mommy can do is just praying.

父娘

かなり前ですが、大学の願書提出のためのあれやこれや。
アピール文章書くのに、ものすごいエネルギー使ったよ。周りも。
アメリカからの書類が!頼んだものがなかったり∑(゚Д゚)

 

推薦書がギリギリだったり。

 

ハプニング満載の濃かった1週間。

 

『あわてないあわてない、一休み一休み』とまではいかないけど、色々ありすぎて、こうなったらホント、神様しかないっしょ?!

と返って、大きな信仰を持つことを学びました。
神様との交わりとか大学に行く意味とか、いろんなことを整理できたことは大きな収穫だったし、彼女の文章は良かったと思う。母は読んで泣いたよ。

 

 

あとは祈るのみ。