Archive for ACE

夏休みに入りました

先週末をもって、我が家の2018年度のホームスクールが終了しました。

のんちゃんの成績表をまとめ、体育の時間数を書き込み、PACEテストを一緒にしてLCAに送付します。

これも、先日終了し、私の夏休みも来ました。

まだ夏休みにならない長女は恨めしそうにしていますが、夏休みはそれぞれどのように過ごすのか、これから相談です。

自分の好きな勉強、夏休みに復習しておきたい勉強、ボランティア活動や趣味、将来のために2か月間を充実して過ごしてね。

WEEK 2に入りました

暖かい日が続いたら、寒い日が戻ってきたりと寒さと暖かさが繰り返しの横浜です。3月に入りましたね~。寒い日もありますが、「3月」という響きだけで春になった気がするなっちゃんです。週末の土曜日は気温の上昇も手伝って、すっかり気分が春🌸になり、冬のもこもこセーターなどを片付けて、少し春の洋服をクローゼットに入れました。

さぁ、WEEK2に入りました初日の月曜日。大学生の長女が台湾ミッショントリップに参加でしたので、その日は成田にお見送り。この予定はすでに決まっていたので、その日のホームスクールは自習となりました。スコアーしなくても、スーパーバイザー(それは母親のわたし)のサインやチェックがなくてもなんとかなるようにちょっぴり調整しました。

にしても娘、一週間おきに南国と日本を行き来してもなお、元気です。若さって、素晴らしいね。

先週、LCAのホームページから娘の前期の成績を見てみました。そうしたら、成績がすべて反映されていました。

私が採点するに困っていた問題がいくつかありました。そこで、赤ペンで「確認チェックをお願いします」と書いてLCAの先生方にお任せしていたのです。その部分も採点されて、成績に反映されていましたので、自分の方の記録の方も書き換えしました。もちろん、その時にあげられなかったメリットも本人に渡しました。

LCAのページを見ると、親の私も気が引き締まります。残り半分です。駆け抜けたいと思います。

中古のスコアーキー、差し上げます

先日、PACEのスコアキー、テストキーを整理していたところ、我が家では必要ないものが出てきました。もし、必要な方がいましたらお譲りしたいと思います。

↑ こちらは、9年生のものです。サイエンスのDVDも付けます。主要教科5科目に高校の選択必修のHEALTHが入っています。

↑ こちらは7年生の主要科目です。

文学の方は7年生と8年生のものがあります。このPACEをするための本もすべてそろっています。

必要な方は声をかけてくださいね。

8年生のPACEのスコアーキーとテストキーは、数学、社会、のみお譲りできます。夏過ぎには、8年生の主要科目全てが揃うかなー?と思います。

興味のあるかたは、コメントやメールで教えてくださいね。

ACE セミナーに参加してきました

先週のことですが、年に一回のACEセミナーに今年も参加しました。

毎年行われるセミナー、ACEスクールの先生や保護者やACEホームスクールの保護者を対象に行われます。

 

私も特別なことがない限りは毎年参加しています。もう、毎年毎年、声を大にしてこちらのブログにも書き込んでいるのですが、代表の阿部先生のメッセージやインターナショナルコンベンションの報告映像などを見ると

「もういちど、主に力をいただこう」

 

と七転び八起きならぬ、12転び13起き(ホームスクールも12年たちましたので)させていただいています。

 

今回は分科会という形ではなく、すべて講演メッセージの形でしたが、そのどれもが力強く、のちにこちらでもシェアーさせていただきたいと思います。

 

でも、大きなテーマは

1)クリスチャン教育の大切さ

2)学習を創造論的視点ですることの重大さ

だったかなと思います。

 

毎年グレードアップするセミナー。もちろん、セミナー用のノートもついてきて、

参加したことの証の証明書もいただき、

お土産まで♡

 

ポストイット、重宝しているので、とっても嬉しい。しかもポストイットのケースまでついてきています。ポストイットの最後のほうの紙ってよれよれになっていて、先っぽもくるくるになっちゃっているじゃない?このケースがあればきれいに最後まで使えるよね~。

 

 

アンケートにはホームスクール視点ですこしシェアーさせていただきました

* インターナショナルコンベンションの情報がもっと前に欲しいこと(経済的なことや日々の勉強の負担が親一人にかかるので、前もってがけっこう大切)

* OB・OG生が卒業後も交われる機会の設置:ホームカミングデーとか?

* ホームスクールのネットワーク支援

* 進路指導についてシェアーできる場

 

こんなところだったかな?もっと書いたようにも思うのですが、ACEスクールはいろいろな生徒さんがいて、とても有益な情報があると思うので、そこから学んでホームスクールに活かせたらいいなと思いました。

 

 

また、今回はホームスクールのお母さんたちがセミナーに参加していて、一緒にランチを食べる機会が与えられました。

 

それぞれのホームスクールの近況をシェアーでき、祈りの課題も見えたので、祈らせていただきたいと思いました。と同時に、近況を聞いて、改めてACEプログラムをホームスクールするって本当に並大抵のことではないように思いました(自分で言うのもなんですが…)

 

いちいちチェックが多いし、スクールのように他に手伝ってくれる人がいるわけでもないし、どこを手を抜いていいのかわからないし…

 

ACEプログラム、本当に良いプログラムなので、ホームスクールの子供たちやそれを支える親が今後、もっと良い支援を受けられるように、神様に聞いていきたいです。

 

 

最後に阿部先生のメッセージで心に響いた言葉の一つ

 

神様はフェアーな方です。神様は必ずつじつまを合わせてくださいます!

 

アーメン!

さよならフラッグ

長女のオフィスを片付けていました。ひっそり置いてあったフラッグ。何百回、何前回と上げてきたこのフラッグ。

 

もう、お役目を全うしました。

 

自分で飾り付けたフラッグ立て…。今となっては懐かしい思い出です。

 

 

さぁ、気を取り直して、長男、次女のための遠足準備、しなきゃっ!

新学期が始まりました

新しい季節の始まりです。

それぞれ、自分の進路の方向性から課題を決めなおしています。

特に長男は高卒認定試験を受ける準備を始めています。

彼の中に、自信が育つことを祈りつつ。

もう一度、本を読みながら、長男との関係を見つめ直してみたいと思います。

新しい季節。新しいスタート。

10年かぁ。

気づけば、ホームスクールも10年たちました。

11年目です。

 

よろしくお願いいたします。

 

さてさて、3月後半、まったくアップロードできなかったのは、病気だったからではありません。

 

ホームスクール10年目と結婚してそろそろ20年(正確には19年だけれど)ということで、思いがけずに二週間ほど旅行に出ておりました。

 

先日、無事、帰りましたので、ブログも再開です。

 

 

どうでもいいのですが、車も新しくなりました!ホームスクール家族には何かと必要な車です。子供たちの体が大きくなり、車も大きくなりました。

ACE ホームスクールファミリー用 ワークショップ&懇談会

 

私たち家族がACEというクリスチャンホームスクール教材を使っていることはみなさんご存知と思いますが、日本にはこの教材を使っているチャーチスクールのほかに、ホームスクールファミリーが数家族いらっしゃいます。

 

昨年のACE教師セミナーの後、ACEジャパンの方から「ホームスクールの方々を支援したい」というお声がけをいただき、レイモンド学園にご招待される形でワークショップを持つことができました。

 

ACEのすべてがそろっている天国のような環境で、子供たちが勉強し、そしてそれをサポートする私たち親をレイモンド学園の先生が指導してくださるという、夢のような企画でした。

 

午後はお昼ご飯を食べながらの懇談会。子供たちは別部屋で遊び。

 

具体的なアドバイス、例えば👇

チェックアップ前のサインのこと

読みはどこまでするのか

日本語を書くことの是非

ペーステスト前のSTUDYやREVIEWの扱い

新しい単語の取り扱い

進路について

日本語がメインの補強教材

 

もありますが、

基本的な心構え

なぜ、ホームスクールなのか?

どうしてACEを使っているのか?

というところの吟味についても励ましとおすすめをいただくことができました。

 

個別にACEジャパンの代表であるM先生ともお話したのですが、

 

私が12年間したACEの経験で感じたことと、先生が長年チャーチスクールで思っていたことでいくつかのポイントで同意ができて、これからのACEを使ってのホームスクール、チャーチスクールの対応がもっとスムーズに、もっと希望をもった結果になっていけるのではないかな?と思います。

 

 

今回、私個人的にうれしかったことは、私が個人的にホームスクールでかかわった方が、みな、素晴らしく頑張って、ACEを続けていたことです。そして、オフィスで立派にふるまっていました。素晴らしい!

 

レイモンド学園のスタッフの方もそのことにとても驚いておられました。(自慢警報が出てます!← 初心に戻って神様に栄光ですね)

 

我が家の子供たちも、ぜひ、来年度はワールドコンベンションへ行けるように準備したいなと思いました。夏には、準備しないとね。

 

お金もいろいろと。

 

 

引き続きホームスクールファミリーの勉強会を続けていけたらと願っています。子供たちもたくさん交われて、すごく感謝な一日でした。

 

腸痛。

疲れたなーと思って休んでいたら、腸の動きが滞ってしまった。

シクシク痛み出したお腹。夏以来の痛みです。でも、レベル5〜6くらいの痛み。

絶食して、とにかくお腹を空っぽにして、そして痛みが引いたので、またおかゆから始めてます。

そんな中、パパさんが買って来てくれたお花。慰めてくれます。

ちょっと動けても、ホームスクールはやっぱり精神的な負荷がかかるのでおやすみしました。ほとんど1週間まるごと。

それだけACEってきちんとしたプログラムなんだよね。子供に勉強してもらうには、親もそれなりに整われてないとできないの。そこが難点っちゃ難点なんだけど、イエス様に委ねます。

はーくん、のんちゃん、春休み、短くなっちゃうけどごめんね🙏🙇‍♀️赦してね。

クォーター3、駆け抜けました!

もうかれこれ3ヶ月くらい前のことになるので忘れてしまったかと思いますが、夏おわりに入院していた私。その後、退院してから、カウンセリングをはじめ、アドバイスを受けて、大幅にホームスクールの時間をチェンジした2学期でしたが、そこから9週間がおわり、なんとか第3クォーターが終了したのでした。

 

はっきり行って、この9週間はどうなるのかわかりませんでした。子供達にも、第4クォーターは訪れないかもしれない勢いで始まった第3クォーターだったので、ただただ走り抜けることができたのは感謝でした。

 

しかし、受験を控えて要る長女に関して言えば、すでにちゃんとした9週のカウントはできておらず、別日程を組んでやっています。(=もちろん、当然オーナーロールとかからは対象外の存在に。)

 

 

主人も仕事が終わってから、子供達に付き合って、夜ご飯の後の勉強タイムに奮闘してくれました。

 

大変なことだったと思います。しかし、手伝ってくれたことによって、共通の思いが確認できたことも私には収穫だと思っています。

 

 

先日、ポロリと長女が出した言葉が、主人をキズづけたそうなのですが、それはやはり関わりがあるからこそのカチンとくる一言だったわけで、あまり関わりの少なかった私は「うーん、この言い方は?」とは思いましたが、カチンと来るところには行きませんでした。

主人が、夜、寝室で「思わず怒りをぶちまけたくなった」と告白してくれたのですが、それを聞いて、私は安堵しました。ホッとしました。(もちろん、大人ですから、娘に対しての気持ちは納めました。)

「あ、そうだよね。ホームスクールして、色々子供のためにしていることや愛に対して、なんのお礼もないばかりかネガティブな反応だったら、普通にイラって来るんだよね。学校に行かせたら、学校のせいにできる部分もあるけれど、ホームスクールは自分とに帰って来ちゃうから、行き場のない気持ちをどうにもできないんだよね。私、今までその気持ち、わかってもらいたかったのかもしれない。同じように感じることができて、嬉しいよ。」と話しました。そして、娘のことは「私が明日フォローしておくよ」と話すことができました。今までは、いつも私が疲れて、イライラして、主人がフォローに回るばっかりだったから。逆が新鮮でした。

 

その日は、主人と二人、家族のことをとりなす祈りをした素敵な夜となりました。

 

そう、共感ができた夜でした。

 

 

このような意味では、私が体調を崩したのはよかったのかもしれません。

 

朝、ゆっくり起きるから、夜は遅いのね。でも、それで、自然と会話の時間も増えたように感じます。

 

ゆるりとした時間が流れています。

 

クォーター4が始まりました。(そして来週1週間お休みします。)

 

オーナーロールの旅行はいけないので、のんちゃんには空手着をオーナーロールに、はーくんには、テニスラケットをオーナーロールにしようかなと考えています。

 

苦しい時に、ついて来てくれる子供達に感謝します。

 

(1クォーターのオーナーロールの旅より)