Archive for Homeschool Music

ドラム検定合格発表結果と息子の会話力の話

ここ最近、息子氏の話題が続いておりますが、今日もまた息子のホットな話題をご提供できて何よりです。

 

息子は非常にユニークで、その心は少年のようにピュアーであるがため、なっちゃんの母親心をいろいろな意味でつついてくれるキャラなんです。

3人子供がいると、真ん中の子供は存在感が薄れがちということもちらほら聞きますが、息子は小さいころからいろいろな意味で奇想天外だったので、群を抜いて存在感を発してくれていました。

 

そんな息子、小さい時から始めたドラムがここ数年さらに大好きになり、ドラムだけは毎日せっせと練習しています。時には夜10時過ぎてからも、今日は勉強が忙しくて一回も叩いてないと思えば、きっちり「一日一回は叩く」という小学生のころのルールを守ってか(← こういったルールを今は夜で近所迷惑だからやめておくかと臨機応変に行動するのが苦手)、音を消して叩き始めるのです。

音は消しても叩く振動はかなりもので、そろそろ寝るかとベッドで横になるものなら隣の部屋でガンガンに叩いている振動が床を伝って寝られないだな、これが。

 

そんな時間の感覚もちょっと一風変わっている息子、いろいろなことも都合のいい具合に忘れることも得意なんだが、ドラムの試験の結果発表となれば、緊張感からかかえって敏感になりすぎて、数日前からカウントダウンが始まっていました。

それに付き合うのが楽しい私です。

「受かっているかな?」と息子。「心配なの?」と私。「だって、間違えちゃったし。」と息子。「ダメだったら、また来年挑戦すればいいよ。」と私。

ある意味、ツーといえばカーみたいな合言葉的な会話です。

健常児のお母さんだったら、「もう、しつこい!」とか思うのかもしれないが、こういった会話でも話してくれるのがうれしいのが障害児の母。ある意味、面白がっています。

 

昨日もあさからそわそわしていて、

「今日、発表なんだよね。」と息子。

「あ、そうなん?」と私。(← 毎日のことなんで、軽い感じでね)

「どうしよう、ダメだったら」と息子。

だめなら、また来年やろう。あきらめないことに意味があるときもあるよ」と私。

「受かってたらラインするね」と息子。

(つーことは、ダメだったらラインはなしってことかな?)と思いつつ、願いを込めて、

「待ってるね」と私。

 

こんな会話を私以外にも

お姉ちゃんと、

妹と

それぞれ軽く話して、ドラムレッスンに向かった息子でした。

 

あぁ、本当にこんなに長い前置きになって申し訳ないのですが、なんでこんなことを書いたかというと、息子は前頭葉(=言語の理解)部分がうまく機能しないんです。そのことが原因かはまぁ、あれなんですが、数年前までたられば的な会の意味を理解するのがものすごく苦手だったんです。

だめだったら… ということばの「ダメ」だけを拾っていました。それで「ダメって言われた」と落ち込んだり、相手に怒ったりしていた時もあったんです。

 

ここ一週間の会話の中で、ずいぶんとスムーズに受け止められるようになったなぁと思っていました。

 

それだけでも息子の成長を感じたかぁさんは、もう胸がいっぱいだったのですが、

 

 

いやいや、受かってました!

 

もちろん、ラインもいただきましたよ。

 

*********************************

 

一夜明け、改めて、

「合格おめでとう。昨日はちゃんと見てなかったんだけれどさ(もう眠くって)、惜しい評価はあったけれど、それは一つだけで、あとは結構いいじゃない。上出来だよ」と声を掛けました。

 

実は本人、納得の演奏を気持ちよく叩いたわけではなかったし、今まではかなり良い成績で合格していたので、どのようにこの合格を受け止めていいのかわからなかったようなんです。

自分の中の気持ちの点数と紙の上の合格の文字の間のギャップを納得させるには時間がかかりそうですが、パニックにならず、落ち着いていました。

 

それだけで母さん、胸がいっぱいさ♡

 

 

だが、さらに驚いたのはその後の会話。

 

ドラムレッスンはどうだったかというくだりの話で、

「で(合格の下りの時)先生とはどんな会話をしたの?」と聞くと、

「先生には『たいして練習しなかったのに、よくお前受かったな』っていわれた」

と息子。

 

?!?!

 

文面だけ取ると、

まぁ、なんてひどい先生って思うのですが、いやいやちょっと待て、先生は息子の努力を知っている。息子はレッスンを無駄にさぼったことはなく、時間通りにきちっといくので、いつぞや、電車が遅れて時間通りに現れなかったときに先生から電話をもらったくらいだ。

 

母の結論(ここ、スーパーコンピューター並みに超高速計算だからっ)

これは、先生なりのエールでは?「これからもしっかりやれよ」的な?(先生、わかりにくっ!)

 

「その言葉の意味、分かっている?」と念のため確認しておくかと思った瞬間に

 

息子「ほら、俺、試験の前のレッスン、家族旅行で行けなかったから。」と会話を続け、

 

「先生、これからもがんばれって意味だと思う。」

 

 

どうやら、ちゃんと先生のエールを息子なりに解釈できていたようだった。

 

 

(´Д`)ハァ…

 

 

大人は時にして、正しく気持ちを表さない。マイナスの言葉を用いてポジティブなメッセージを送ることがある。

 

つ、ついに、そういう皮肉めいたこともちょっとはわかるようになってきたらしい。

 

 

ママはね、合格もうれしいが、成長した態度、それが一番うれしいよ!

今年も!ドラム発表会

じいじ(なっちゃんの父)の楽しみ行事の一つ、ドラムの発表会。

 

今年は、家族とじいじ&ばあば、そして教会のお友達親子が見に来てくれてました。

キャプテンカリブという曲を何か月もかけて頑張っていたんです。

 

今年は6回目の発表会です。小学4年生から始めたので、もう7年もドラムをやっているんだな~。

ホームスクールの音楽の授業がわりに始めたドラムですが、この1年くらいでぐぐっとまた上達しました。

それは、高校生になってアップルミュージックのアプリをアイフォンに入れることをOKにし、自分で音楽を聴き始めたことも大きいかなと思います。

 

好きなバンドができて、あこがれのドラマーみたいなのができたので、パパと一緒にユーチューブで検索して見たり、友達とジャムで叩いてみたりと、音楽の文字通り音を楽しむようになってきました。

 

 

こちらに動画を張り付けておきますので、よかったら見てね。

最近はスタイリッシュになった息子の発表会当日コーディネートもご覧あれ!

 

トップス:One OK Rock 2017 ツアーTシャツ

ボトムス:ジーンズ

シューズ:ナイキ白

アクセサリー:ワンオクのラバーバンドと聖句入りピュリティーブレスレット

 

Rock☆Power

息子はヤマハのドラム教室に通ってもうかれこれ5年くらい経ちます。

 

そして今年、初めて教室に通う人同士で作る即席バンドに参加することになりました。

 

顔合わせと数回の練習を経て、いよいよ本番です、

最後から2番目、ドリカムの「やさしいキスをして」のドラムです。

 

司会のお姉さんたちが繋げている間に。

準備、準備。

ドラムから入るので、ドキドキですね。でも、ゆっくりなテンポをよく見極めて、早くなりすぎずによく叩けました。

 

本人は、間違えちゃったと話していたのですが、ヴォーカルの方ものびのび歌ってらっしゃいました。

 

 

音楽辛口の長女とパパも、はーくんのバンドが一番よくできた!すごくまとまってて、よかったと。

 

来年は、ドラム検定も頑張るそうです。ますます、ドラムに磨きをかけて欲しいな。

 

今回、少し自信がついたようで、もう少し頑張ったら、教会のワーシップミニストリーのオーディションも挑戦できるかもしれませんね。

音楽の単位のために

ライトハウスクリスチャンアカデミーを卒業するために必要な0.5単位を音楽の実技で取得しようとしています。

音楽にまつわることならなんでもいいのですが、ピアノレッスンだけでは🎹つまらなくなり、曲の翻訳などアレンジもしていました。

ですが夏前にそれも行き詰まり、結局、賛美の作詞作曲をするようになりました。

教会の仲の良い兄弟姉妹2人も誘って三人で歌詞から全部作った賛美です。

教会でも、ワーシップのソングリストに入ったようなのでいつか歌われますように!

創君のドラム発表会

今年も参加しました。ドラム発表会。

 

今年は ミッションインポッシブルのテーマ曲です。

 

ドラム発表会は毎年日曜に行われます。なのでリハーサルは自分で出てもらい、家族は基本礼拝へ。そして、午後の発表会本番に合わせて、全員集合!

じいじもばあばも駆けつけてくれました。

 

 

小さい順から発表するのですが、最初の子たち(ペア)がたたいたネバーエンディングストーリーに思い出が重なって、号泣しそうななっちゃん。

 

 

もう、自分の息子がたたく前にかなり感動しまくっています。

 

あぁ、この曲もたたいた、あの曲も、あの時はあぁだった、と思い出がよみがえる、発表会は罪深いね~。

 

また、ドラマーのタイプもいろいろで、性格が出るっていうか。

 

もう、それはそれはXJAPANのヨシキさんのように(決して悪く言っているわけではなく)、もう体全体で俺が叩いているぞ~というカリスマタイプの型もいれば、地道に、えぇ、それはそれは、地味にリズムを刻み、他の演奏者を引き立てるようなタイプもありで、そういったところも、ドラム発表会の面白いところ。

 

まぁ、自分の息子は体全体、フィーリングでたたくというよりは、正確にたたくタイプなのかもしれない。

 

後ろのバンドマンのオジさまたちが気持ちよさそうに演奏しておられました。

 

それはそれでよしっ。

 

*****************

 

小さなドラム教室の発表会なので、おなじみのメンバーが多くて、1年ぶりに演奏を聞き、「うまくなったな」とか「背が伸びたな」とか、相手はこちらを1ミリも知らないのですが、オバちゃん、オジちゃん(=旦那)で盛り上がるのもこの発表会の楽しみの一つでもあります。

 

その中で、一つ。

 

そう、ドラムを続ける男の子は、どうやら、年頃になるとけだるい感じの雰囲気になるらしい。髪型は顔が半分くらい隠れて、目がよく見えない感じ(よくも悪くも鬼太郎系)。ズボンも穴あきな感じで…。

 

あら、うちの息子ってば、なかなか清潔感、あるじゃないの♡

と普段だと見えない良さに気付いた母、なっちゃんなのでした。

 

 

 

それにしても、最初のペアーの小学生がかわいかったな♡

もうドラムに体が埋もれちゃっててね~。

もし、来年も続けていれば、息子のドラム、聞きたいな。

お花の代わりにスポーツタオルを貰いました。おじいちゃん、おばあちゃん、ありがとう。

おさらい会


先日、のんちゃんのギター🎸おさらい会がありました。
今回はGreeeenのキセキ。
毎年、発表会前には何かそれ用の服を新調してるんだけど、前日に

Greeeenだから、緑の服にしようかなーと。
綺麗なパステルグリーンのTシャツでメロディー弾きもできました!
見にきてくれた祖父母、教会のお友達、ありがとう😊


新しい教本

次女がギターを習い始めて約1年が過ぎました。

 

先日、先生から最初に用意した教本が終わってしまったので、新しいものを用意するように言われたらしく、先日、近くのデパートにくっついている楽器屋さんへ家族で遊びに行き、新しい楽譜を購入。

 

img_4115.jpg

☝ こちら、終わりました教本。

☟ こちら、新しく買い求めた教本。

img_4118.jpg

どんな曲が入っているのかというと

img_4119.jpg

最近の流行曲のオンパレードです。NHKの連続テレビ小説で流れている曲や去年の暮に大はやりの「恋」なんかも入っていました。のんちゃんの大好きなゆず様まで。

 

のんちゃんはクリスチャンではない先生から月2回、そしてクリスチャンの先生から月2回、習っています。クリスチャンではない先生は時間も短くちょっとお値段も高めなのですが、プロとしても活躍されている方。クリスチャンの先生は1時間、とってもリーズナブルな価格でしてくださるのですが、こちらもセミプロとして頑張っておられる方、彼にはこだわりがあってクリスチャンの曲しか練習させません。というわけで両方がいい感じにブレンドされて、どんどん上達しています。

 

最近、創君も、ドラムに少しずつ芽生えがっ!

課題曲ではなく、自分であの曲をたたいてみたいという思い(だけ)が出てきました。音楽は、そうなってくるとどんどん上達しますよね。

そこまでの投資はまぁそれなりにあるけれど、どこで扉が開かれるかわかりませんね。神様のタイミングまで親は辛抱辛抱。

なんでも発表会

なんでも発表会に参加しました~。

昨年は引っ越しの後だったのでいろいろな意味で余裕もなく(笑)、パスさせていただいたのですが、今年は参加させてもらいました。

 

パパも去年は新しい仕事に忙殺されておりましたが、一緒に参加できました。

いろいろとミキシングなど手伝ってくれたのかな?(パパの大好きな分野です)


アンナも自発的なお手伝いが増えてきました。

あ、身内ネタですが、アンナは髪を切りました。

img_3036

そして、今年は(今年も?)

img_2934

↑ ドラム演奏と ↓ ギターとキーボード

img_2946

 

詳しくは、こちらでどうぞ→ なんでも発表会2016前編

 

まだ救われていない私の両親も見に来てくれました。雰囲気を感じてくれたらいいな。

クリスマスにも会おうね、と約束できました。父と母の救いを忍耐をもって導いてくれている神様に感謝とともに、

 

「生きてれば、また来る」

と言ってくれたので、神様、父母を長生きさせてください!

 

Aファミリーのショップでたくさんお買い物できました。スモールグループの姉妹たちのクリスマスプレゼントにします。(ФωФ)フフフ・・・

Guitar


ギター背負って石川町(元町・山手町)まで。

びっちり1時間練習でした

#guitargirl #martin #lesson 

ドラム発表会

年に1回のドラム発表会がありました。

今回、息子のドラム発表会も4回目。そして初ソロ!

私もとっても楽しみにしていたのですが、体調不良で安静だったために、今年は残念ですが生でみることはできませんでした。

 

でも、なっちゃんじぃじとばぁばが見に来てくれたよ!

img_1511.jpg

はーくんもだんだんと年月がたって、発表の順番も8番目までに後退しました。

 

パパいわく、リハはちょっと後ろのベーシストさんと合わなかったようなのですが、さすが、プロのバンドのみなさん、本番ではしっかりは~くんの音に寄り添い、あわせてくれて、リズムも乱れることなくたたくことができました。

img_1510.jpg

本番ではライティングもよくって、少し薄暗がりの中始まるベース、そしてドラム。

 

めちゃめちゃかっこよかったです

 

じぃじもすごく感動していて、「また来年も聞きたいから1年頑張って生きる!」とな、なんと人生の生きがいを与えたほどだったようです(笑)

 

この日はちょうど父の日だったので、じぃじを喜ばせることができて、私もうれしかったです。

 

ちなみには~くんが習っている教室は横浜日吉のヤマハの教室です。「岡村孝雄 ドラム」とググってみたら、いろいろ情報が出てきてます。

 

次は、ドラム検定だね。7級目指して、またまた全力を尽くそう!