Archive for 2014/08/29

息子との関係 と 新しい着信音

夏休みが終わる前に本を読み終わるはずなのが、読み終われんっ(泣)

でも、頑張って読み続けよう。読み続けよう。読み続けよう。

 

 

息子と母という子育ての本を読んで、母親の信仰が息子にとても影響力があるというところまで来たよ。

 

この本を読んでいると、男の子が信仰者として育つには多くの誘惑があることを覚悟しなければならないし、その中でまず自分がぶれずにまっすぐ信仰を貫くかっこいい親でありたいと思えた。やっぱりサタンは男の子を攻撃するのかなぁ?だから祈りが武器だということをしっかり息子に教えたい。

 

そして、たくさんの笑顔と祝福を注いであげたいです。

 

まだまだ読んで感想を書きますね。

 

 

************************************************

 

最近、携帯の調子が悪く、メールと電話の音が鳴らないという症状に苦しんでいたんだけれど、いきなり治ったの。何かのアプリとの相性が悪かったのかなぁ?そこで、久しぶりの着信音にウキウキ。でもさ、今まで、リトルマーメードの着信音だったんだけれど、すっかり秋って感じな気候と着信音にズレを感じ、着信音を変えようと以前購入した「トトロ」にしようといたら娘っちに

「それ、あたしと同じだよ」と…。(いっ、いつの間に私のトトロをっ!)

 

ってなわけで、かぶるのもなんだし、私、「モンスターズインク」の着信音を購入。

 

電話とるのがちょっち楽しいです。

 

あー、秋のディズニーランド、行きたいなぁ。秋のディズニーリゾート、行ったことないの。

 

初穂献金 と 痩せた?そして昨日のリップの続き

ずっとずっと仕事のことを祈っていて、それが与えられたことは今まで書いてきたんだけれど、

やっとね、お仕事でね、初!お給料を頂きました。

このお仕事は私にとって内面的な変化と気づきを与えられたものでした。

そして、この仕事とにたどり着くまでに、たくさんの祈りと励ましで一歩を踏み出したのでした。

 

色々な意味で、今回のお仕事の与えられ方は違かったのだけれど、大きな違いは「初給料はすべてを初穂献金として神様にささげよう」という信仰が与えられたことです。

 

この働いたお金の目的も決まっていたのだけれど、だからといってこのお金を使わなければならないほど家計が切迫している状態でもなく、自然と「あぁ、恵みに感謝したい」と思えました。

 

なので、いただいた封筒から、明細書を引きだし、そのまま教会に献金。

おー、ちょっと大人かっこいいことをした気分です。(← いけないいけない。神様に栄光!)

 

神様が、私のキャリアという分野を聖めて用いてくださいますように。

私にはやりたいことがいっぱいあるのですが、この仕事という分野に神様の介入を求めますという気持ちの表れとして、このような記念すべき行動に移せたことはとても嬉しいです。

 

I’m living like no one else, to give like no one else.  だんだん近づいてきているかな?

 

寛大さを与えてください!

 

ダイエット部の成果発表。

IMG_0281

2キロ絞りました。でもって、あと筋肉つける。

IMG_0283

アーンド、新しいリップはちょっぴり赤色。パパさんも気に入ってくれた。

時々、旦那をドキドキさせないとね。

 

 

秋色

いきなり、寒っ!な一日でしたね。

久しぶりに靴下を履きました(笑)

 

今日はお仕事の日。なので午後から横浜へ。

 

横浜のお店はすっかり秋色です。ファーのお洋服。そして、ブーツを見てしまいました!

 

つい1か月前は、オレンジ色のマキシワンピースを見て、「これ、着たいなぁ」なんて思っていたのにね。季節はどんどん過ぎていくね。こんなんじゃ、あっという間にクリスマスが来ちゃう…。

 

今日は、仕事帰りに夏の疲れをほぐすための美容液と秋色のリップを買いました。

IMG_0279

これから子供たちのフリースを3着調達しなければならないため、ママの服はあるもので。でも化粧だけはちょっと季節感を出してみようかなと思ったのです。

 

早く涼しくならないかなぁ。

習い事とホームスクール

娘の発表会が1カ月前になり、わらわらと忙しくなってきているんだけれど、これから忙しさがさらにマックスになる上に、支払いも来るという発表会当日を前にして親は緊張のピークがやってくるわけなんだ。

バレエを習わせるって本当に大変なことだなぁとつくづく感じてしまう。

発表会の基本料金に加え、練習費、普段のレッスン以外のレッスン費も当然発生するし、交通費も増える。そしてなんたって衣装代。メイクも最低限個人でもたなければならない物もあるし…。シューズがボロボロで先生に「ボロボロなので発表会にふさわしくない」と言われれば買い替えもしなきゃならない。とにかく見積もり+3万円くらいでちょうど良いんだよね。

我が家は習い事を部活にイメージして経済を備えています。ただ習うだけ以外の費用の発生を頭から考えておくと、突然に対応できていいです。ホームスクールをしているとこういった感覚に疎くなるし、学校に比べて情報量も少ないですよね。

たとえばバレエじゃなくてもふつうに学校にいって部活に入っていれば、試合の遠征費用、合宿代金、部費…そういったもろもろを合わせたら2年に一回のバレエの発表会くらいの金額になるだろうという感覚です。

中学、高校生は多感な時期だから、ネガティブな影響も受けやすいけれど、と同時に精神的にも、運動能力もすごく伸びる時期だと思うんだよね。だからこの時期は「これ」というものにはお金をかけたいとずっと思っていました。だから長女が5年生、6年生くらいになったときくらいから、経済の調整をしていて、教育費の部分を確保できるようにしてきていました。

 

と同時に家計の中で占める教育費の割合のマックスを決めています。我が家は手取り(基本給)の10パーセントがマックスと決めています。というか、これ以上言ったら破産してしまいます。子どもにもっと教育費をかけなければならない時期は収入も上がらないといけないです(笑)

 

娘がバレエを習いたいとき、しばらく待ってもらいました。というのは、パーセンテージが越えそうだったのですね。全体的な収入が増えて、これでGOという安心ラインに来てから始めたので、守られています。

 

習い事で予算をパンパンにしてしまい、余裕がない家計簿だと、無理が来てしまいます。そうするとせっかく習わせても「これだけお金出しているのに成果がでない」とか不平にもつながってしまいますね。また、夫婦のデート費などを削ってまで子供にお金をかけすぎるのも良くないなと個人的には思っています。

 

私たちはホームスクールという世の中とは違う価値観で生きているので、お金の使い方にもその価値観が現れたらいいなと思います。そして、無理のない生活ができるのがいいなと思います。

 

つぎつぎにティーンが増えてくる我が家の家計がパンクしないように、今から準備中。

しっかり備えて、子供たちにはその時期にしかできないことに(主の導きがあれば)挑戦してもらいたいなと思います。

 

発表会、もうすぐ。支払い、まってろよー

 

のんちゃん、アイスクリーム屋さんに

教会のお兄ちゃんが教えてくれたアイスクリームイベントに参加してきたよ。

くわしくはこちら

幼稚園の子もいたけれど、小学生もちらほら。アイスクリームの話しを聞いて…。

IMG_0259 IMG_0260

これから作るアイスクリームを決めます。ベースのアイスとトッピング。味を想像しながら考えます。

IMG_0261

のんちゃんはミントアイスをベースに選んで…

 

IMG_0262

トッピングも決定。

 

IMG_0263

いよいよ、氷の板でアイスクリームを練り練りです。

IMG_0265

トッピングを重ねて…。(ちなみに、オレオとブルーベリーとホイップクリームを選んだよ)

IMG_0267 IMG_0270

コールドストーンと言えば、名物の歌♪

そちらも歌います。

 

そして、ワッフルの中に移し替えます。

 

IMG_0272

完成だよ!

 

IMG_0274 IMG_0275

ミントのアイス。美味しかったです。

 

修了証書とレインボースプレーのトッピング無料券をもらいました。

 

ちょっぴり夏休み体験しました。

予定が合わないよ~

最近、みんなの予定がごちゃごちゃ過ぎて、あらかじめ『この日は空けておくよーに』コールをかけておかないと家族5人がそろうのが難しい。ってなわけで、この間もなんとなく、みんなバラバラに出かけた。

 

そんな中、パパの用事にはーくんがつきあい、そのままOne on Oneしてきたよ。

 

男 de ガッツリ

IMG_0234 IMG_0233

やっぱり男の子には男親が必要だね。パパとの時間を過ごして

「パパとの旅、楽しかった」とはーくんなりの表現で伝えてくれました。

 

体の変化も大きいし、周りとの差も開いてくるし、いろいろとギャップのある年頃でもあるので、丁寧に話しを聞いてあげたいなと思ってます。

 

最近、いきなり大きくなった気がする。

IMG_0231

もうすぐ身長、追い越されちゃうし…。

 

(食事中の方、すみません)

 

てか、足はもう越されました。

IMG_0232

 

そうそう、金曜日ははーくん&パパ&ママという普段ない組み合わせで出かけました。最近、はーくんの興味がまたレゴに戻っていて、レゴ熱が復活しているのですが、とんかつを食べながら楽しい時間を持ちました。

IMG_1045

なんか、はーくんだけ外食続きだなぁ。

きたきたっ

今年は2年に1度の発表会の年。

あー、来た来た。

IMG_0236

衣装です。まだ一部。これから衣装つけてのリハーサルとか始まるし、そうしたら誰が誰のか分からなくならないように名前を縫い付けしなきゃならないんだよね。衣装に直接縫い付けないようにタグを付ける。シューズに至るまで…。発表会を実感するときです。

そして、発表会前の練習で痩せていくからね、衣装もこれから詰めたりしたりしなきゃならないんだろうなぁ。

バレリーナのお母さんはお裁縫が鍛えれます(笑)

 

バレエグッズってみんな重なるから、衣装ケースにもシューズケースにも刺繍で目印付けておいてます。

 

IMG_0237

 

今日は横浜でチャコット祭りだったから、化粧下地(バレエ用)とTシャツを買ってきてあげた。さっそく化粧練習(バレエ用)のアンナ。最近、ネイルとかの作業も慣れてきて、化粧も上手になってきました。

 

「下地ってめっちゃいい仕事するね!」と下地にほれ込んでおりました。

IMG_0238

 

ちなみに、バレリーナのお母さんは 裁縫の才能の他にも…

肌の手入れの仕方(ニキビなど)、化粧の仕方、髪の毛のお団子の仕方、体重管理…など結構いろいろと知っておくことが多いです。

 

私もモダンバレエをしていたので、母が衣装を作ったり、いろいろしてくれたのを覚えています。だから娘がバレエするって言った時、ある程度は覚悟していたのですが、何も知らずに子供にバレエを始めさせて、あとから母親の作業が多すぎて耐えられなくなってしまいやめてしまう人は少なくないそうです。

 

バレエを続けさせている先輩お母さんを尊敬します。

 

 

最近のジョエル

散歩のあと、足ふいてもらえるまで家には入れませんので、お待ちしております。

IMG_0226

はやく、足、拭いてくれー。

God made me a mother of the talented one

この間の続き。

 

障害児のお母さんになると、いろいろとチャレンジがあるなと思います。

それは子育てがユニークになるからなんですね。

 

その中で、私の信仰もたくさん引き伸ばされ、普通の子育てでは体験しないようなことがありました。

もちろん、ほっこりする経験、大切な出会いもあるけれど、やっぱり誤解されたり、悲しい体験もたくさんあります。

 

人に謝ることも普通の子育ての何倍もあるし、気が抜けないこともたくさんあります。

 

その中で、私がいくつか神様から教えられたことを書いてみたいと思います。

 

① 神様はいつもパーフェクト - 神様は失敗作品を作りません。たとえわが子に困った行動があっても、神様はそれを必ず益と変えてくれます。神様は絶対的に良い方で、愛の方であることをいつもいつも感じられるようにする。

② 神様は一人ひとりに計画と目的がある - となりの芝は青く見えるけれど、比較しない。比べること自体が無駄なことであることをいつも気を付けておくこと。あと、サタンは「将来どうなる」という不安を健常児よりもあおってくるので、そこはシャットアウトする。そして宣言する。「神様はわが子にご計画がある。その計画は希望の計画だ!」

③ 律法ではなく、福音の中を生きる – クリスチャンをやっていると「クリスチャンとはこうあるべし」的なことにぶち当たるんだけれど、そういったことに当てはまれないのが障害児です。だから余計に教えられました。私たちは何者なのかということを…。赦された恵み、自由を生きることを選択することが大切です。形ではなく、本質です。人は形を見て批判します。本当に簡単に批判してきます。クリスチャンであっても罪びとです。間違えます。失敗します。本当に神様との関係をしっかり保ち、いのちを神様から握ってください。そして、批判されてもしれっとできるくらい図太くなりましょう。大丈夫です。

 

私が障害児の子供の母親になることは、私が産まれる前から神様が決めておられたことだということ。そして、神様は決して耐えられないようなことを私にしない方だということ。

 

たくさん攻撃がありますが、いつも希望が前にあることを忘れないように!

 

私は、息子を育てて、サタンがほとほとうそつきでだますものなんだと気付くことが出来ました。

 

蛇のようにさとく、鳩のように素直に…です。

 

 

障害児のお母さんのすべての人に言いたい。サタンに喜びと希望を奪われてはいけませんっ!せっかく自由と愛と希望を与えられたのだから。

 

なんか最後、熱くなってしまいました。でもたまにはいいかなと思います(笑)

 

この辺にて。

 

connected!

if U are FB user, plz check this site

You Know You Went to an A.C.E. School When…..

 

my daughter felt so connected with those A.C.E. people all over the world

 

no more lonely feeling