Archive for 2016/04/28

勇気ある発言と「忘れる」ことを勇気をもって選択する信仰へ

昨日、FBでもシェアーさせてもらったんだけれど、発達障害のお母さんが書いたちょっとしたコラムがなかなか的を得ているなと思ったので、こちらでも。

 

なぜ私は、“あなたを選んで生まれてきた“と言われて嫌だったのか

 

うんうん、わかる。って横にチェックシートがあったら全部チェック入れているような感じ?あ~私もいわれたなぁと懐かしさ半分、私だけじゃなかったんだという安心感半分。このコラミストさんの代弁に感謝しました。

そうそう、今だからできる、当時を振り返ってそのころ、私がなんとなく感じていた

心の中がもやっとした感じ?

なんか、いろいろ言われて励まされているようなんだけどしっくりこない感じ?

それが何なのかも突き詰める気力も体力も余裕も時間もなく、過ぎ去っていってたんだけれど、

今思い返して読むと、

あぁ、そうか、「上から目線って思っていたのね」とか、「同情されただけかと期待を裏切られた感だったり」とか、そうやってまるで仕事をこなすかのように回りの人の言葉を本能的にカテゴライズしていたように思います。

 

実は最近、発達障害の子供を持つ母親の傷について黙想しながら神様に訴えていました。えぇ、私も激しく祈るときもあるんですよ。

「もう、子育ていやです!」とか「あんなこと言ったあの人が許せません!私は傷ついた!」とかいろいろ。( ̄∇ ̄;)ハッハッハ。

車で一人だと結構、怒鳴ってます。笑 で、まぁ、イエス様と話しながら、いろいろ導かれて、いろんなイメージも浮かんできて、教えられたんです。

うん、この発達障害のお母さんの心の傷って、大きい傷と小さい傷の2段階じゃないかな?って思うんですね。

まず、診断されたときの傷。これはかなり大きいやつです。

そしてそのあとの、子供の特徴や特性を受け入れてもらえない傷。これは、かすり傷みたいなほんの小さなこともあると思うのですが、(何気ない会話の中で)でも、頻度が多いので、体中傷だらけみたいな。一つ一つの傷は小さいんだけれど、たくさんありすぎるみたいな、そんなイメージが浮かびました。

 

教会だから受け入れてもらえると思ったら、そうでもなく、かえってクリスチャンに言われたからダメージが3倍返しくらいの時もあったりして(笑)

「祈れば治る」とか「要は子育ての仕方」とか、「神様の方法の子育てじゃないから」「のろい」「境界線」とか…。

私が〇〇を見ててあげるから、1時間でもゆっくりお茶しておいで…

とかさ、どうして言えないクリスチャン!って百万回くらい思い

そんなに言うなら、あんたが育ててみろよ!

という下品な言葉を心に殺して、そんな汚い思いの自分を悔い改め、どうしてなんだろうと泣いた日々。(結局、そんな私を神様が愛しているってことで落ち着くんだけれどね)

 

↑すみません、裁きまくってて (´;ω;`)

 

でもね、この間、いい子をやめて、子供みたいに神様に吐き出すということを祈りの中でしたのね。

 

特に息子を育てる中で言われたあれやこれやを ぐわーと吐き出して、

「あれは嫌だった!」「あれは傷ついた!」とか。

 

そうしたら、何に傷ついていたのが分かったのね。人によっても違うと思うんだけれど、私は、

私にとっての息子が他人と違うということは真実なのに、それを「わかってもらえない」「信じてもらえない」と思った時に傷ついていたんだと。

 

で、そんな時にイエス様がやってきて、

私も信じてもらえなかった と。

 

みんなイエス様は神の子だと死ぬまで信じ切ってくれなかった その事実。

 

なんか、もう、涙がやばくって、初めて、そのイエス様とのやり取りの中で、私のたくさんの切り傷にワセリン(クリーム)を塗ってもらった気がしました。

 

 

まだまだ、これは癒しの一つのステップに過ぎず、今、カウンセリングを申し込んでいて、私の心の中を探って、この発達障害の母としての傷を勲章に変えたいと、頭だけでなくって、心からそう思えるようになりたいとそんな準備ができているように思いました。

 

右側のツイートでつぶやいた聖句。ヨハネ15なのですが、良い木であっても、もっと実を結ばせるために余分な枝を整理するとあります。

 

このコラムのお母さんは、いまでもつらいと書いてあります。こんな人はこれからの世の中、もっともっと増えてくることでしょう。私は、このような人と寄り添いたいです。盲人が盲人の手引きにならぬよう、私は変わりたい。

救われたいです。

 

ヨセフが子供に忘れるという名前を付けたように、彼も新たな一歩のために喜んで、神様のために忘れることを選びました。

私も、忘れる信仰をもって歩んでいきたいな。

 

みなさんは、最近、教えられていることはありますか?

 

よかったら、ツイートしてね。

 

 

さあて、これから、中学校の個別面談なの。パパを仕事場にピックアップしてからの進路の話。神様、がおられると信じます!

 

夕飯の支度はばっちり。今日はカレーっす。

有言実行

昨日はやり切った感満載の一日だった気がする。

img_1084.jpg

青梗菜とガーリックのオイル蒸しできた。これやっておくと、パスタゆでて混ぜてもよし、ジャガイモ入れてもよし、すぐになんかになる。ウィンナーも入っているから、サブ(副菜)からメイン(主菜)に格上げされることもあるかも?

 

 

あと、ずっと心にあった、かぼちゃとヨーグルトのケーキ。レシピに

チーズケーキの味わい

の一言をなっちゃんは見逃さなかったぜ!

img_1083.jpg

こんな感じ?

ヨーグルトの水分を落とすときにホエーができたので、

img_1079.jpg

もったいないから、ピクルス液を作ったよ。乳酸菌たっぷりのピクルス液。中年夫婦の喜びそうな響きです。

腸内環境、大切だからっ!

img_1080.jpg

ブロッコリーが冷蔵庫にあったので、つけてみた。

 

昨日は、パパさんが前から「ぶりの照り焼きが食べたい」と言っていたので、

img_1085.jpg

そして、

img_1088.jpg

ケーキも食べた。

 

ケーキはもうちょい甘味があってもいいかな?と酸味ややや強かった気がしたので、こんどははちみつか、メープルシロップかちょっと隠し味に入れてみようと思います。

 

リベンジケーキに認定。

 

合間に英語のレッスンもして、ファンケルのお店で買い物して…。

 

あ~、充実した一日でした。

Hubby’s surprise gift of this week


Lovely pink flowers, simple but heartwarming 

姉妹

先週、主人が主張で沖縄でした~。

 

そのとき、ちょうどお姉ちゃんから「横浜でしごとなんだけれど、ごはんでもどう?」との誘いがあって、せっかくなので、子供たちを教会姉妹のおうちに預け、夕食を食べてきました。

 

子供たち、だいぶ大きくなったのですが、やはりまだ、夜遅い時間は子供だけにするのに抵抗があります。6時、7時くらいで帰れそうなときは、「兄弟で助け合ってくれ」というのもあるのですが、8時、9時ってなりそうなときは、頼んでしまいます。やはりきちんと預けていると安心感があって、食事もゆっくり楽しめるしね♪

 

いつも、「いつでも声かけて~」と言ってくれる教会の方々に支えられて感謝です。

 

ホームスクールファミリーは、じじばば以外に複数の『子供を預けられる友人』をたくさん作っておくことはすごく強みですよね。

 

手土産のニンジンケーキを持って、友人宅へ子供たちを送り、そのままお姉ちゃんを車でピックアップ。一緒にタイ料理を食べに行きました。

 

img_1019.jpg

mmTHAI というお店です。

お姉ちゃん、きれいなところがいいってことで、ここにしましたが、MM地区でも少し奥まった立地にあるのか、ビジネスマンばっかりで静かだし、素敵な雰囲気で、おいしかったです。私はまた来たいな~。

 

お姉ちゃん、「この間の誕生日のお祝いね」とお支払いしてくださいましたぁ。

ゴチで~す。

 

その後、カフェにて。コーヒー飲みながら、だらだらといろんな話をしました。うちの母さんがUSJに行きたがっているということで、70歳中盤のばあさんをどうやってUSJに連れていき、どんなプランで遊ばせればいいのだろうかと、びっくりしすぎて死んでしまわないだろうか?と、あれこれあれこれ…。母さん、どうやら死ぬ前にどうしてもホグワーツ城に行きたいらしい。もっと、温泉とかあるんじゃないのか?と思うのだが、我が母様は、70代とは思えないフットワークの軽さで大阪まで行きたいとは!本当に驚かされるね。

夏は暑くて危ないので、秋になったら連れて行こうかな?と思っております。

 

食事はごちそうしてもらったので、カフェは私が。一緒にルバーブタルトをかじったりして、姉妹は年とっても姉妹でいられていいね。

昨日はバスケでした

2月のホープ杯以来のバスケでした。

img_1068.jpg

CHEA HOPE バスケットボールクラブも結成してな、なんと6年目です。

この5年間、いろいろな人が加えられて、また去っていき、いろいろなことがありますが、我が家の子供たちはみなそれぞれに続いています。

 

今、コーチは3名、アシスタントコーチも1名、チルミニ、体操教室とそれぞれ担当者が1名とホームスクールのお母さん、お父さんが立ち上がって一つのクラブみたいになっています。

毎月1回の活動だけれど、なんというのかな?やっぱりホームスクールの子供たちはみんな「従う」ということがとても当たり前に思ってくれているのか、教えたことは素直に吸収するので、神様が祝福して上達も早い気がします。

 

なんかね、ちょっと見てても、だんだん形になってきているし、すごくいい感じなのですよ。ぜひ、ぜひ、ホームスクールの方々には見に来てほしいし、参加してほしいなぁ。もう、部員はいつも募集中です。

 

遠方よりの参加、オーケーです!

cheahope@gmail.comへご連絡くださいね!

 

今回、末娘ののんちゃんも、小6ですが、アドバンスクラスにステップアップしました。まだ体は細いし、小さいですが、あと数年で体格も変わってっ来るかなと思います。息子に至っては、コミュニケーションにチャレンジがあるので、まさか、団体スポーツできるのか?という時点のスタートだったので、みんなに混ざってやっているとまるで奇跡を見ているかのようです(← もう、完全に親ばか視点です)

 

今回は、3時に練習が終わりましたので、家に帰り、みんな、

img_1066.jpg

べ、べんきょうっス (´;ω;`)

 

でも、母さんもティーンに混ざって、試合10分したので、もう心臓バクバクの体ガクガクだったため…。

 

そして、まさかの今月の「娯楽費」予算が丸々余っているではないか!を発見し。

 

img_1071.jpg

ごはん、手抜きさせてもらいました。

 

ほかのHOPEのお母さんたちは夕食どうしてるのかな?

 

キッチン


明日作りたいレシピを並べて置いてから寝る。

たったこれだけの事なんだが、大事。

私なりの時間の節約術です。
やる事がはっきりしてると、テキパキ動けます。
というわけで、キッチンには料理スペースと作業スペースをわけて設計したんだけど、料理スペースの後ろにある、このちょいとした作業スペース、頭と心の整理に役立ってます。
ホームスクールママはキッチンはこだわるのもいいと思う!作業効率が違うから。

そして


今度は夏休みの夫婦旅の予約。
完全なるリラックス旅の予定。
こっちは遠出です。
夏休み、しっかり休んで、遊んで後半のホームスクールの気力回復したいと思います!
今年はしっかり予定が立てて、ホッとします。

夫婦の時間


パパさんと二人、おやつを食べながら、今度夫婦で泊まるホテルの予約をしているところです。

家族の未来のための会議  笑
内容は…また、いつか、書きます。

英語の理解力が心配な時は

英語の理解力が心配なとき、私は先に早読みして

IMG_0983

緑ペンで間違えそうな単語をチェックしてあげたり、

IMG_0984-001

高校生で習うような高度な文法表現の時は、ヒントを書き出したり、

また、どこまでが主語?と思えるような長~い主語の時には、これが動詞!とメインの動詞を浮き上がらせたり、

IMG_0985-001

やっぱり長いイデオムの時にはこれがA,これがBと書き込んであげます。

 

そうすると、読みの速さが変わります。

また、とんちんかんな理解ではなくなります。

 

お子さんの学年にもよると思いますが、4年生高学年になったら本人の英語力はついて、辞書引きもできるのですが、どこまでが主語とか探すのは難しいので、先読みお勧めします。

 

というか、先読みしていると、けっこう内容が霊的にもよくって

 

恵まれます。

 

春だから、春巻き

IMG_0263

どうしても、食べたかったおかず。

 

手作り春巻き、楽しい♡