Archive for 2016/05/31

本当の愛

img_1355.jpg

のんちゃんと引き続き、ジョシュアハリスさんの本をかいつまんで読んでま~す。

まだ中学生前だし、じっくり読むというよりは飛ばし読みです。でも、本当の愛とはなにか?という一番大切なことを確認しています。

 

私たちの教会では、

img_1357.jpg

というものがあります。かなり前にもらったのですが、夏になる前に中高生の部分のガイドは読んで聞かせてあげました。

夏=薄着

夏=夏休み=遊び=誘惑

など、夏が悪いわけじゃないんだけれど、やっぱりね、少しは気にしたほうがいいかなと思いました。

 

img_1356.jpg

中高生のおつきあい、デートはなし!としっかり書いてあります。

 

 

ホームスクーラーは時に「根拠のない自信」があって、ちょいと世の中甘く見ているところがあると叩かれますが(笑)、

結婚に関してはこの根拠のない自信をもって結構!だと思っています。←強気ななっちゃんです。

子供たちには「神様は絶対にあなたにピッタリの人を用意していて、いま、その人をあなたにあうように練り上げている(そしてあなたをその人のために練り上げている)」と話しています。

 

教会のスモールグループでクリスマス会をしたときに、ティーンの救われていない子も何人か遊びに来たんですね。それで、ティーンでコイバナらしいことになったんだけれど、娘は今は付き合ったりするのはいいんだ~と話したみたい。でも、あとからスモールグループのママ(こっちはクリスチャン)と話してたら、その娘さんはそういった考え方がすごく新鮮だったらしく、「付き合わなくてもいい」という選択肢があることに安ど感があったみたい。きっと学校ではコイバナは日常茶飯事の朝飯前で、だれそれが付き合って、だれそれが別れた~とか、こくったとかやってるんだろうな~と思うと、なんかクリスチャンが学校に通うって大変なことなんだな~と思いました。

 

大人が、ちゃんと首をつっこんで「本当の愛」を語ることが子供にとっては救いなんだなと思います。

 

img_1393.jpg

今日、ツイッターでも「野のユリの箇所」をつぶやきシェアーしました。

you are perfectly made.

you are just perfect in the way you are.

you are beautiful.

 

このことを子供たち一人ひとりが心から受け止められるようにサポートしたいなと思います。

 

ちなみに、これは週末に主人がくれた花です。きれいに開花して、喜びを増し加えてくれています。
 

散歩

今日は久しぶりのネイルの後に、友達の病院の付き添いがありました。ちょっとした英語の通訳です。

でも、約束の時間まで間があってので、「行きたいなぁ」と思っていたバラ園に行ってきました。

港の見える丘公園のバラ園です。
うちの庭も(小さいけど)こんな風にしたいな。

お花見てると色がほんとに鮮やかで、心が洗われます。

紫陽花ももう直ぐですね。


梅雨が来て、いよいよ夏ですね。

あと数週乗り切れば、夏休み。

今日のジョエルさん


あ そ ぼ

※ホームスクール中です。

TGIF


Yay, yay, yaaaaaaay!!!! It’s Friday night and I really thank God to keep us n care us during the week days. 

My hubby bought me some flowers to bless me. 

This “weekend flower bouquet” will surely add us enjoyment during this weekend and bring comfort as they bloom. 

I will pray and bless my husband who gives me such a romantic surprise gift. 

I like flowers but I like the buds, too. 

I love you, darling,  to the moon and back. 

Current event day L122

昨日、疲れ切って、写真だけアップしたまま寝落ちしていましまいた~。

 

のんちゃんの社会科の課題です。

慌て気味に書いてた(‘◇’)ゞ ピンクダイヤモンド落札の記事についてでした。

 


BBQ

アウトリーチバーベキュー

新しいゲーム アヴァロンで盛り上がりました。


楽しいけど、人間不信になりそうなゲームです。

すごくいい天気のなか、たくさんたのしめてよかったな。

ルッコラのソース


農園から有機野菜ボックスが届いてその中にルッコラが入っていました。

私は野菜はそのままの味が一番すき。だからサラダとかにします。でもうちの男子たちはちょっと癖のある野菜は、嫌だ!と過剰反応はないけど、なんとなくあっちの方へと避ける感じというか、そんなに食らいついてはくれません。

そこで、大量のルッコラ、すこしでも食べやすく無駄にしないようにと、軽く塩茹でして、パセリ、ナッツ、オリーブオイル、ニンニク、粉チーズとフードプロセッサーで砕いてペースト状にしてみた。

めちゃ簡単。

でもさ、試しにパンにぬって、とろけるチーズのせて焼いてね、みんなに味見してもらってら

おいし〜

って喜んでパクパク食べてくれたのよ。

バジルじゃないジェノベーゼソースって感じ。大ヒットでした!
パンに塗ったりやパスタにあえたりだけなら子供たちで調理もできから、助かる。中身は添加物もないのですごく安心。

バジルよりルッコラの方が安い気もする。
グリーン系のペースト、週末まで活躍することまちがいなしだなー。

FBM

主人の1週間のお休みの最後の二日、夫婦で1泊しました。私も仕事を休ませてもらい、朝、子供たちのホームスクールをしてから出かけ、入れ替わりに教会の姉妹が泊まりに来てくれました。次の日は長女は高卒認定のための勉強会へ、長男は学校へ、次女は近所に住む教会の姉妹がピックアップしてくれ、彼女の家で勉強させてもらいました。

「子供たちが成長した」ということもそうですが、それ以上に教会の姉妹やホームスクールつながりのクリスチャンの方々の好意に本当に感謝します。ホームスクールを始めたときは、どんなファミリーも最初は孤軍奮闘だと思います。でも、主はつながりや友人にホームスクールの理解を与えてくださり、そんな小さな積み重ねがこんな風になったように思います。

 

******************

今回、訪ねたホテルは、みなとみらいにあるホテル 横浜ベイホテル東急 です。

img_1326.jpg

近っ!

 

私たちの家からわずか30分という生活圏に一泊。

 

意味あるの?

 

と思われて当然ですが、

 

えぇ、意味、大ありなんです!

 

というのは、今回の目的は

 

家族のための戦略会議←ことを大事にするのが大好きな家族♪

ファミリービジネスミーティング略してFBM←そのまんま(笑)

 

家にいるといろいろなことにさいなまれて話が遅々として進まないって経験ありませんか?

 

うちは、あるんですょぉぉぉ。

 

 

きっと1日あったら、結構話し進むよね…と大事なことをかいつまんで話してきました。

 

パパさん、この時間、すごく期待していたみたいで、話すことのトピックとスケジュールまで作ってくれました。

 

というわけで泊まったホテルは近くて、なるべく広くて、それで値段もそこそこのホテルとなったわけ。

お部屋からの景色が最高とか、朝食のよさとか基準ではなく…ね。

img_1332.jpg

この部屋にはテーブルがあり、またサイドテーブルもあったので二人でテーブルいっぱいにいろいろな書類を並べて、PCも並べて話し合いました。

 

ブログのカテゴリーを見て、ある程度、想像つくかもしれませんが、今回、二人でよくよく確認しておくことは家庭の経済にかかわることが主でした。

でもそれだけではなく、子供たちの進路のことも話しましたョ。

 

私たち夫婦がどうやって借金(家のローン以外)を整理し、毎月の予算を立てて生活し、と同時に年間のこと、貯金のことをやりくりしてきているのか、子供たちにお金の使い方と意味を教えてきているのか、というのはブログにも書き続けていましたが、もっといろいろ突っ込んで話す必要があって、時間を取りました。

以前に二人でFinancial Peace Universityというクリスチャンのお金にまつわるオンライン講座を受けた時、「身の回りを整理する、備える」ということを教わりました。それで、去年、自分たちなりに簡単には整理したのですが、昨今の地震や生活環境や状況をみて、もうすこしきちんと煮詰めたいなと思ったのです。

 

簡単にいうと、、

もし、パパさんが死んだら、どうなるの?

もし、なっちゃんが死んだら、どうなるん?

一緒に死んじゃったら、こどもたちはどうなるの?

 

ということですね。

 

はい、ここでドン引きの方、さよ~なら~。

くらいついてくる方、いらっしゃ~い。

 

地震や災害も、「備えあれば憂いなし」と言いますが、こういったことも、一度は話しておくとよいらしいです。

だって、人間、いつかは死ぬんだから。

 

私の姉は職業柄、遺産整理のお手伝いをすることもあるそうなんですが、実は姉といろいろとこの手の話をしていたときに、アドバイスをくれたんです。それは、「死期をあまり実感してない40代でやるのがいいよね。ぜひ、やっておいたらいいよ」とのことでした。姉もある程度自分のことは取りまとめているとのことでした。(それを聞いて、安心した妹の私。)姉曰く、年齢が高くなればなるほど、人間は欲が出たり、情がでて、理論的に考えられなるそう。そしてその結末は…。なので、こういったことに理性がまだ働くうちにある程度形を作っておくと、後は変更や追加、削除するだけなので、楽だということらしいのですね。

 

なるほどね~。

 

今の我が家の状態も、もしパパが死んだら、

 

パパは、なっちゃん(と神様)にすべてを丸投げ状態( ´∀` ) でした。

 

そして、なっちゃんが死んだら、

 

お返しの、パパに丸投げ状態。

 

そして二人一緒に死んだら、どうなってしまうのでしょうか?

 

親戚に丸投げ状態?長女がある程度、分別つくとしても、あまりにも可哀想すぎる!!!ホームスクールはどうなるのだろうか?みんなの進学はどうなるのだろうか?全部は手厚くできなかったとしても、なにができて、なにはできないのかは、わかることは伝えておかないとね。

 

ということで、もし今、死んだら、どうなるのか?をガイドラインに従って打ち込み作業。ひとまず、今回はパパのものをつくることに集中しました。私個人で使っているものはすごく少ないので、パパのものを元にコピペで作成することもできるし、一家の大黒柱であるパパが死んだら、私が世帯主としてやらなきゃならないから、ちゃんと把握しておかないといけないしね。

 

まず死亡したら誰に連絡するのか、その人の電話番号や連絡先(メール、SNS?その場合のパスワードは?)を確認しあい、

葬儀はどうするのか、どんな歌を歌いたいのかとか、ばかばかしいけれど、もう本人に聞けないとなったらやっぱり慌てると思うんで、ある程度は文書にしておこうね、と話したり。

 

そして、葬儀のあとの各種手続きやお金のこと。会社関係の保険、遺族年金、それで生活できるのかのシュミレーション。そこから、ホームスクールができるのか、大学資金の資金繰りはどうするのか?子供たちにも手伝ってもらえるのか?また私の老後の生活は?私はすぐに仕事をする必要があるのか?など。

先に書いておきますが、もちろん、祈りと信仰が大切です。

これなしには生活できません。でも、やってみてわかったのは、意外にシュミレーションできるものでしたし、夫婦の一致がすごく感じられました。それで、本当にパパさんは私のことを考えてくれているんだな、子供たちのことを考えているんだな、いい時も悪いときも一緒に乗り越えられるんだなと思ったし、二人のこれからのこともますます一致して神様に祈っていける感じがしました。

私が死んだ場合ってのは、そんなに金銭的に保障や保険があるわけではないのだけれど、遺品をだれに渡してほしいとか、毎月私が生活に必要な主な買い物をしているのだけれど、何に、どれくらいお金をつかっているのか、どんな調味料を買っているのか、表をつくってファイルしておこうと思いました。(母が風邪で寝込んでしまったときに家族のみんなが「○○どこ?」とか「××、どうしたらいいの?」ってことが伝えとかないといけないことだよね。)

また、私しか知らない押し入れや倉庫の中身とか、毎日の家事はどうにかなるにしても、季節ごとの家事(衣替え、掃除のルーティーン、家電の買い替え時期、税金関係の支払い、習い事関係の書類の管理)など、ある程度、表にして指示してあげれば、あとで家じゅうをひっくり返さなくてもいいし、残された家族がなるべく今のような生活のパターンを続けられると思うし、それが死んだあと、私ができる愛の形かなと思います。(もちろん、神様の力でなんとかなるという確信はありますし、すべてが益になることもわかりますが、それでもしてあげていたらなおいいかな?と)

私が興味を持ったのは掛け捨ての保険で、私が死んだ場合、子供たちに一人200万まで支給されるものです。子供たちの万が一の保証もしてくれるのですが、親が死亡した場合も支給されます。掛け捨てなので、なにもなければもったいないのですが、掛け金と補償の内容が見合えば、もしかしたらありかな?と思います。あとは控除もできるとは思うので、税金で返してもらうことも可能かな?子だくさんの家庭はお母さんにこのような保険をかけてあげることも愛情の一つかもしれませんね。ぜひ、夫婦で話してみるのもいいのかもしれません。

お母さんが死んで、いきなり兄弟で家事を割り振らなければならない中、経済も乏しかったら大変だと思いました。大学資金の足しか、そのままいつかのための預金として運用してもらうの手もあるかなとも考えました。

 

また、主人が就労不能な状況になった場合についても話しました。この場合は意外に厄介で、会社などの保証契約をしっかり妻が読んでおく必要があるなと感じました。意思疎通ができないほどの場合は、介護と育児と手続きが同時に来てしまう状況になりかねず、最愛の人がどうにかなって悲しむ間もなく、パニくりながらあれこれやらなければならず、私の性格的には無理!って思いました。そんなことも、主人と生きている間に話せて、(まだもう少ししっかり確認しなければならないけれど)、いざというときの心づもりもできたし、私が苦手だった手続き系は主人に任せきりだったので、主人に感謝しつつ、私も任せきりはだめだなと思いました。

 

そうそう、今回、身の回り整理するにあたってファイルを買うことにしたんだけれど、みなさん、ノビータαってファイル知ってる?

すごく画期的なファイルでびっくり。すごく使いやすそうです。日本人の痒い所に手が届くタイプのファイルです。

 

今回、いろいろ話し合ったことは、プリントアウトもしますが、オンライン上でも保存しようと思っています。おかげで、クラウドについての講義を受けたなっちゃん。あぁ、完全に社会から切り離されているホームスクールママであることを痛感した一幕でした。でも、家族の大切なこと、家事で燃えたら悲しいので( ;∀;)、そういった仕組みも知っておかないとね。(でも、意外とやってみれば使い勝手がよさそうで、ハマるかも。)

さてさて、いろいろなこと、全部はできなかったのですが、主なことは二人でホテルでやりきり、あとは一人でまとめることを確認して、終わりました。一緒に祈り、神さまに「私たちのやるべきぶぶんはやりました。あとは主にゆだねます。」と祈りをささげて、本当に夫婦の一致が深まった不思議なときを過ごしました。

 

最初の夜のごはん、みなとみらいの新施設 marine&walk の Pie Holic へ。

こちらでは子供たちの進路のことで、親としてやれることの最終確認と子供たちへの励まし方やかかわり方の役割分担的なことも話しました。またそれぞれ子供たちから聞いたことを話し合って、神さまがどのように導いておられるのかを祈りました。(でも、もちろん、最終決定は本人たちですね)

img_1345.jpg

img_1346.jpg

↑ 甘いものを求めて、こちらで ぜんざいたべて、まだ語る。

 

家に帰り、子供たちに、パパとママがどんなことをしてきたのかをかいつまんで改めて説明しました。(行く前は、家族の将来のことについて話してくるよという軽い感じでした。)

「もし、両親が死んだら」とちょっと驚いた感じでしたが、簡単に手順を伝えると、確認できて安心したようでした。シェアーできてよかったです。こういったことをキチンと話し合える親子関係であることも感謝ですね。子供たちを信頼できるということは親として最大の喜びであると思います。

 

そんな深い関係をはぐくんでくれるホームスクールに感謝。神様にも感謝です。

 

FMB 今年中にもう一度、必要かも。 ファイリング、頑張ろう

オーダーメイド

よく学校教育とホームスクール教育の違いを表すのに服の仕立ての例がでます。

(こうやって書いちゃうと失礼な感じだけれど)、学校は既製服、ホームスクールはオーダーメイドという感じです。もちろん、人生そのものが一人ひとりオーダーメイドなんだから、学校に行くことが御心だったらそれでよし、ホームスクールが御心だったらそれもよしっなんだけれど…。

私は、ホームスクールで子供たちが成長しているのを見て、一番オーダーメイドだなぁと感じるのは、発達障害の息子のホームスクールです。

健常児の二人は、ホームスクールといえども、年齢に沿った勉強をしますし、学校ではあまり教えない聖書のこと、また家事とかちょっと変わったこともあるけれど、習い事をすれば世の中とのやりとりもあり、おそらく、進学し、就職したり、道筋っていうのかな?大まかな部分は流れがあるように思います。たとえば神様からのコーリングってことになっても、何歳くらいでどれくらいの分別がつくってことは予測し得えるんですね。

ですが、息子はそのどれもがどうなるのか、障害のために予測つかないし、いまだに彼がどんな成長をこの後なすのかも分かりません。本当に祈らされるし、「人が人らしく生きるってどういうこと?」という根本的な部分を考えさせられます。あ、これ以上いくと深みにはまりそうなんで、抜けますね~。

 

ホームスクールでいろいろ迷うけれど、息子のホームスクールはそこに輪をかけて悩みます。でもだから、一番親としても成長させてもらえているんです♪

 

今までも、いろいろな療法士さん、言語指導の人、小児心理の先生とかかわり、クリスチャンのスペシャリストさんともかかわらせてもらっていたけれど、あるスペシャリストさんに新しい自閉症の専門家を紹介していただき、数回のカウンセリングを受けて、月一でも続けていこうと決めました。

 

彼は男性なので、主人が主にコミュニケーションとってくれるし、親の指導もしてくれるとのことなので、すごく楽しみです。

で、この間、オンラインで診断テストが送られ、やってみました。

 

img_1111.jpg

適応行動尺度のテストらしいです。

私たち親が息子が質問に該当するのかをこたえるものなのですが、今まで市で受けてきたテストのようなものとは違い、もう少し日常生活に近いことを突っ込んで聞いてくる感じがしました。

 

例えばなのですが、ティーンの年齢で

夕飯の献立をたてて、家族のために食事をつくることができますか?

というような質問がありました。

 

こんなこと、考えてもいなかったし…と、心にどきゅーんと来ました。

よくよく考えれば生きていくためには必要なことだし、やりたいやりたくないにかかわらず必要なことだと思います。

でもなんでやらなかったんだろうか?

 

こういう内容を見るときに、私の個人の感覚というか感想というか、思ったことは。

1 火が危険

2 毎日の予算の中で献立立てれるのか?

3 料理する時間があるのか?

とか物理的な意味でも

4 やりたくない子供を傷つけてないのか?

5 親の役割を単に押し付けてないか?

という心理的な意味においても

6 タラントのある子がすればいいのでは?

という霊的な意味においても

 

私の中に疑問があったのだと思います。

 

気づけて、本当に感謝しました。

 

今は学期の途中なので、なにがどこまでできるのかわからないのですが、この診断テストを通して、息子(とまた姉妹たちにも)、どんなチャレンジがあるべきなのか、お手伝いの質を考えるチャンスとなりました。

 

私の考えの中で、子供たち小さいうちは簡単なたくさんのお手伝い、そこから成長につれて少し複雑な手伝いになり、数も減らし、簡単なお手伝いは自主的になってゆくイメージをもってやっていました。そのことは今でもそれでいいかなと思っているのですが、お手伝いのどこまでの範囲を任せるのか?という部分でできてなかったように思います。

子供たちに1000円でできる夕食の献立を考えてとか、パパや息子の弁当作りとか、ごみだしの確認とか、食料の買い出しとか、なんとなく暗黙の了解でそれはお母さんの仕事的な風に私が握っていたものをもっともっとシェアーしたらいいかなと思いました。そのことによって、家族全体がお互いを思いやったり、それぞれのタラントや賜物を生かした人生を送れるのかもしれないですね。

 

家事をしっかりしている母は確かに良いお母さんですが、じゃぁ、子供の成長の本質を逃し、聖書の親の立場を吟味せずに家事にいそしんでるだけのお母さんがいいお母さんとも限らない。

 

主よ~光を与えてくださ~い!

 

神様にだれに何を教えたらよいのか、長い夏休みまでじっくり祈り求めて、再スタートしようと思います。

 

マンネリ化していたホームスクールでしたが、少しオーダーメイドっぽくなってきました。

 

※ こういったアセスメントテストは結果がすべてではないので、祈りつつうまく利用したいなと思っています。みんながみんなやるのがいいってわけではないので、一応、書いておきますね。

Science Projects Lesson 119

久しぶりののんちゃん理科の実験です。

 

のんちゃんはいま、mixture と compound の違いを勉強しています。

 

 

以下の実験は、二つのものを掛け合わてまったく別のものを作るという実験ね。

要はcompoundの実験です。

化学反応させてガスを発生させ、風船膨らませます。

 

↓ なかなか面白いな~。というか、こんなに風船が膨らんだことにびっくり!

 

img_1338.jpg

 

 

下は、混合物を分けるというもの。mixtureは二つを混ぜ合わせたものなので、基本、分離させることができるという実験。

水に砂と塩をまぜて、コーヒーフィルターでこします。

そうすると砂と塩水を分離させることができます。(さらにここから水分を蒸発させると塩も分離させることもできるかもしれないけれど、まぁ、ここまででよしとの実験でした)

img_1340.jpg img_1339.jpg

最初、フィルター1枚でこしたら破けちゃって (;’∀’)

そして気が付いたらそれが最後のフィルターで💦

慌ててスーパーに買い出しにいって、2枚重ねで実験。無事成功しました。

 

 

ホームスクールを長くやっていると、実験道具に必要そうな紙コップ、ペットボトル、ジョウゴ、風船、ワイヤー もろもろ だんだんそろっちゃって、工作天国になっちゃってます(笑)

 

ホームスクールあるある かな?