Archive for 2016/09/30

体力づくりと新しいスタイルに挑戦

img_2729.jpg

前のフィットネスクラブは靴を履き替えずにマシンを使えたのですが、新しく入会したフィットネスクラブは土足厳禁(今、現金って変換した~笑)なので、今までは毎回運動靴の後ろをぞうきんで拭いて1足の運動靴を回していました。でもさすがにだんだん面倒くさくなってきたところ。

前に入会の時にお金が浮いたんで、そのお金とちょっと自分のお小遣いを足して、気合の意味でも1足買ってみました。といってもアウトレットの安いやつね。こうやって買おうと思った時に買えるって恵みです。数年前にはできなかった。時々思う、お金を管理することと向き合ってよかったと。興味のある人は右👉のpeace in financeをさぁチェックよ!

で買った一足は…やっぱり三本線が好き?(個人的にはNBも好き)

 

さてさて、ここ1か月ほど割と毎日6時25分からの教育テレビの体操を真面目にやってきました。私のような40代世代ではよく話題に上るこの昔からの体操。あなたももし同世代なら一度は「結構キツイ、効くよ」と聞いたことあると思いますが、本当にそうなんだよね。やるとわかります。かなりしんどい動きもあります。

私も始めた最初の週末、太ももの裏がものすごく痛くて、「なんで?」と不思議だったのですが、あとでわかったのは体操による筋肉痛でした。

うけるよね~。体操で筋肉痛。 それくらい足腰の筋力、弱まってたんですね。

でも、そこから続けること数週間、さすがにもう筋肉痛はないです。

この体操のいいところはとにかくタダだから!

テレビでやっててお手本もあるし、やりやすい。これやると本当に頭がスッキリします。

さらに最近は、なんか少し筋肉がついてきているような感じがしています。腰回りが楽になったというか、疲れにくくなったというか。なんでしょうね。

 

無駄に元気に満ち溢れております

 

そうそう、最近読んだやる気に満ち溢れる本、5AM Miracle の中に、立ち仕事が無駄を省くとありました。最後のチェック項目にstanding tableを買うように、いつ買うのか、さもなくばいつ家具屋さんに観に行くのか日付を書くみたいなのもありました。そして、立ち仕事をサポートするために疲れないスリッパもしくは靴を買うことも書いてありました。

さすがに何から何まで新調することはできませんが、最近はホームスクールの時はなるべく立って作業をしてます。


お家大公開ですが、もともと子供たちの採点用テーブルが腰を曲げずにスコアーできる高さにしてあるので、私も裏側から立って作業したり。(ジョエルを探せ!)

リビング脇のサイドテーブルもちょうど立って作業するのにいい高さだから


そこには手帳を置いてます。


やることとかチェックしたり、暇になったら基本の1日の流れを見たりしてます。

写真はホームスクール始めた頃の子供たち♡
座らないと歩くので血流もいいような気もします。

ちなみにスリッパはここ数年pansyってメーカーを愛用してます。履き心地、良いです。
ホームスクールしながら体力つけることもできるんだなーと。

自分勝手に可能性を閉じちゃダメね。

 

歯医者さんにて

先日、子供たちが本当に小さなころからお世話になっている歯医者さんの定期健診に3人連れて行ってきました。かれこれ10年以上になるかもしれません。

 

その歯医者さんの院長でもあられるW先生との出会いは、療育センターに通っていたころでした。

一秒たりともじっとできなかった息子はあらゆる病院でパニックを起こし、そのたびに親の私は白い目で見られ、本当に病院で過ごす1時間のために私の祈りと労力は半端なかったと思います。でもこの歯医者さんは違いました。

 

おそらく、最初の検診は、お口の中を見ることもできず、先生とお会いしただけで終わったと思います。それから「あ~ん」って一瞬開けるその隙から先生が診察とか(笑)先生が息子の口の中に器具どころか指を入れるまでに年単位だったと思います。初めて診察台に登れた時は一緒に泣いて喜んだ私を励ましてくれました。無理強いをしない先生は息子のことを本当に大切に思ってくれて、だから息子もいつもニコニコ。自然な形で病院通いができたのは先生のおかげです。

 

そんなW先生は、どうやら最近息子さんに院長の座をゆずったようです。前回は先生のお姿は見えませんでした。

 

が、今回の診察では先生もいらっしゃてて、しみじみと、「みんな大きくなったね~」と言ってくださいました。特に長女なんか子供っぽさも抜けてしまったし、長男(あ~、本当にこの人が一番大変だった)の身長の伸びも喜んでくれました。

 

発達障害の子供、みんながみんなではないのですが、息子は人の顔を覚えたりするのがあまり得意でなかったり、嫌な思い出のあるところには寄り付かないとか恐ろしくそのあたりに関しては記憶力がよかったので、すでに横浜で3回引っ越ししていますが、息子がパニくらずにいられる病院は少し遠くても変えないようにしています。

 

病院は嫌なことや苦手なことも検査のためにはしなければならないところなので、なるべく自然な形で、パニックも少なくなるように気を配ってきました。あとは祈りですが…。

絵カードや写真をつかって、前もって説明したり、ある程度見通しやそのあとのご褒美も決めて親子で乗り越えるようにしてきました。

 

元気になっても薬を飲み続けるのを教えるのが大変だったな~。カレンダーに薬マークつけて、飲ませてた時期もありました。

 

 

今思うと懐かしい。でもその時は精一杯でした。

 

 

今回の検診で分かったこと。のんちゃんにはまだ子供の歯があった!

ゆっくり成長してね!まだもう少し身長も伸びるかな?

5AM Miracle

img_2115.jpg

自分のだらだらした生活をどうしたらいいのか?

毎日、やり残し感満載の私の生活は本当にこれでいいのか?

 

神様にしつこくしつこく聞きながら、自分の信仰の成長を模索している中で出会ったこの1冊の本。

 

ここに書いてあることを一つ一つ自分の生活にあてはめながら、そして、教会の姉妹に祈ってもらいながら、

「神様、もっと時間を上手に使えるようになりたい」という一心で過ごしてきたけれど、

 

祈りの成果のおかげで、

 

毎日5時起き

約45分のディボーション

10分間の体操

フルーツ(グリーンスムージー)をとる

 

スケジュールを管理

メールとLINEとメッセンジャーのメール管理

 

 

を朝のルーティーンと夜のルーティーンで手に入れる生活を送ることができました!

 

そして、これらをルーティーンでやることができたため、日中に

 

教会の翻訳奉仕やカウンセリングのための時間

水をたくさん飲む(コーヒーは朝の一杯だけ)

本を読む

週1回以上の運動

毎日5時間のホームスクール

 

をすることができています。

 

そして風邪もひかず、5時になるとパッと起きれるまるで奇跡のような生活です。

もう2度寝しなくなったのは、2度寝の効率の悪さを実感したからだと思います!

 

 

すごいよ、この本。

img_2555.jpg

 

日曜日から金曜日までは5時起き、土曜日だけはだらだらさせてもらっています。

ルーティーンでできない日は無理にはやりません。

 

そういう続けさせるコツが書いてあって、感謝でした。

 

改革を求めている方への一冊です。

わくわく勉強会

シルバーウィーク、終わりましたね。

というわけで昨日から、また通常のホームスクールが始まりました。

先週を振り返ると、ホームスクールカレンダー的には「チアにっぽんウィーク」だったのね~。

19日のチアオリンピックに始まり、わくわく勉強合宿、そして、私たちはCHEA HOPEのバスケ練習と。

 

オリンピックは行きたかったものの、長女の発表会の翌日ということもあり参加ならず。ですが、次女がわくわく合宿に参加したいとのことで、母娘で3日間お泊りしてきました。その間、残った家族は協力し合って頑張ってました。長女は発表会が終わったこととホームスクールが1週間なしということで思いっきり羽を伸ばして短期バイトに行ってしまいました。

長男は学校へ行ったり、パパの会社に行ったりの絵描きの日々。

 

さてさて、わくわく勉強合宿ですが、秋雨前線が頑張りすぎて、丸々3日雨、雨、雨。

着替え、勉強道具を一式もって、傘ももってのスタートでした。

長女は勉強がしたいモチベーションが半端なかったので、中高生に混ざって勉強三昧。

特に、計算メソッドが気に入ってしまって、家でもやっていきたいと思ったほどだったみたい。

数学に自信がついて、理科と数学、もっと勉強してみたいとお尻に火が付いたようでした。

 

近い年齢のホームすクーラーと仲良くなれたこともとっても良かったです。

img_2652.jpg

小学生向きの太陽電池とネパールの話。興味深く聞いてました。

img_2655.jpg

 

私はお母さん同士の交わりが楽しかったです。小6となると、付きっきりということもなく、情報交換やたわいもない話をしたりするのが本当にリフレッシュになりました。

 

みんなそれぞれの場所でホームスクール頑張っているんだな~とじんわり励まされました。

 

ずっとずっとACEで来てしまったので、もう少し日本の受験システムを理解しないとね。

母の課題もわかりました。

 

のゆりは英語の進みも順調で、年齢も低いこと、そして時間に余裕もあるので、日本語の勉強にも力を入れてあげつつ、彼女の夢をサポートしていきたいと思ったのでした。

 

今週末はパパさんと、子供の進路についての会議だわ~。

メリットショップ

本日、バスケでした~。

 

とその前に、運動用の靴下を昨日はいたため洗濯してしまい、まったくないことに気が付き、スポーツ店へ。

 

話は変わるけれど、スポーツ用靴下、足のふくらはぎんところがキュウってフィットするのがやっぱり疲れにくいね。年取ると、本当、ちょっとした痒い所に手が届く的なサポートが結構次の日の疲れを軽減してくれるように思う。日々、スポーツグッズは進化してるね~。

 

今日も暑かったけれど、やっぱりスポーツタイツは欠かせなかった(笑)

 

で、そんなことはいいんだけれど、そこで靴下一足買おうとしたら、娘二人が、スポーツ用のヘアバンドをメリットショップでかってほしいとのこと。

 

そうそう、ちょうど、家計の管理をしていたら、先月のメリットショップのお金も丸々残ってて、まったく最近ショップをオープンしていなかったのね。

 

img_2721.jpg

img_2720.jpg

1本500メリットで販売いたしました♡

秋のデコレーション

今週はホームスクールおやすみでした♡
友達とお出かけして、お買い物。

秋のデコレーションを追加してみたよー。

ロウソクの灯火的な。

花瓶×ポプリ 秋バージョン @寝室

ロウソク×オブジェ×花瓶×香木  @玄関
この季節にでてくるカボチャ系

クリスマスのデコレーションに入るまで、初秋から晩秋を楽しみたいと思います。
ちなみに子供達の部屋は季節感はないかもσ^_^;
3日ぶりに会ったジョエルくん


キャワユイよー!

離れている間、FaceTimeでジョエルくんにラブラブ声かけしてたんだけど(かなり怪しい感じでした)、生のジョエルくんは違う!

ジョエルくんも最近涼しくなって嬉しそう。

コンサート

夫婦で出かける時間を取るのがなかなか大変ですよね!

アタシ空いてるけど、旦那さんは会議とか。

旦那さんは空いてたら、アタシは予定入れちゃってたよ。とか。

なので、おっ!今日空いてるね!と飛び入りでデートする事もあるんですが、今回は上手く合わせることができました。

し、しかも、町内会で回ってきた区の新聞の裏で、この横浜音祭りっていうイベントがあることを初めて知り、そして、その前夜祭に西本智実さんが来ると!!!

以前、テレビでその姿を拝見してから、なんてカッコイイ!素敵な人!と密かに思っていたのね。

(宝塚に憧れる女性ファンの心理もちょっとわかる。)

私は彼女の指揮がみたい!そして主人はゲストでくるトランペットの日野さんが聴きたい!と夫婦の意見が見事一致して、夜、みなとみらいに行ってきました!

子供達を教会のお友達のうちに預け、おしゃれしてお出かけ。

夕方からの少しの時間でしたが、とても優雅な気持ちにさせてもらいました。

また、機会があったらイルミナートフィルハーモニー…聴きに行きたいです。

オーケストラとジャスのコラボも素敵でした。

 

中高生のACEの進め方と大学受験

先日、質問を受けて、ちょっとまとめておこうかなと思いました。Uファミリー、よかったら参考にしてね。

 

いよいよ中学生にはいり、ライトハウスアカデミーに入るか、大学受験はどうなるのか、高卒認定のからみは?とかいろいろ気になること、知らないことがたくさんですよね。私も長女の時には、闇の中って感じで、とにかく当たって砕けろ的だったのですが、神様に聞きつつ、みなさんも進まれたら良いと思います。ですが、うちが感じたことを少し分かち合って、みなさんは知恵深く進められたらいいと思います。

 

一番の悩みは、ACEを続けていくのか?という大ざっばな進路への疑問で、それによってLCAに入るか?となると思います。

現在、LCAを卒業していただける卒業証書で大学を受験できるかどうかは、各大学の入試課の判断にかかっています。バカレシア(なんとか)でもなく、アメリカの標準の科目をやっているわけでもない(州や連邦認定の場合はこんなにクリスチャン科目をやれないのです)と、日本の大学で認めてもらえるのかは個々に聞いていかなければなりません。LCAに入っていると、最終学年前に、LCAの生徒がいける大学名を描いた用紙をもらえるそうなので(私たちはまだもらっていません)、それを見せたり、リストを先に教えてもらい、自分で、LCAからこの大学に行っていると説明し、そこから日本の大学の入試課に判断してもらいます。私立の大学ですと、わりと理解を得られると思いますが、国公立の場合はおそらく無理だとおもいますので、高卒認定を受けることになるかもしれません。ですが、情報は毎年変わるので、お子さんが中1~2くらいの年齢になったら、親がざざっと調べるのがいいと思います。

社会のPACE1073~1078までに大まかに職業を学ぶので、子供の興味が理数系か文系かくらいはわかると思います。それをもとに調べるのもいいと思います。(まずは大きい大学に聞いてみるといいですね)

 

もし、アメリカの大学に留学させたい場合は、LCAを認めてくれる学校が南部にたくさんあるので、そちらを選ぶといいと思います。実際に進学されている方もいます。一番スムーズですし、LCAのメリットですね。

 

高卒認定を受けるメリットは、大変ですが、選択の幅が広がります。高卒認定を受けることで、バイリンガルという強みを全面に出すことができますし、(日本語の読み書きができる:インターの子供はそんなにできません)、普通に受験できます。またAO入試などでバイリンガルであることのアピールすることもできるでしょう(学部によってだけれど)

 

高卒認定はそんなに難しくありませんが、生物や化学は創造論ではないので、最初面喰います。また、ある程度、中学生で日本語の言葉の下地を作っておくといいです。化学記号や元素記号の名称を日本語で覚える練習をしたり、国語は漢字は漢検4級レベルはできるようにしておくといいです。娘はよく、熟語を間違えて読んでいましたが、訓練で読めるようになりました。子供は吸収が早いですね。数学はあまりしませんでしたが、数学は解き方が異なるので、問題になれるためにも少しは日本語で(週1~2日レベル)ででも、ゆるくやっておくと苦労しないと思います。最後に世界史はさほど苦労しません。日本語でも教科書をよんで押さえておく必要がありますが、PACEでの知識がかなり役に立ちました。本を読んだり、ニュースを見たりして、日本語の正しい言葉(いつもアニメとか映画ではなく)に触れるチャンスをできる範囲でやってみてください。

 

前もって計画して、少しずつ進めれば、なおいいですね。(難しいけれど)

 

**********************

 

PACEと高卒認定を同時進行で勉強すると量は多くなります。PACEの調節をしてください。

中3の学年=9年生のカリキュラムを組むときに、高卒認定の科目をどのように組むのか、どのコース(4つのコースがあります)でLCAを卒業するのか、はたまたLCAはやめるのかの選択をします。でもコース変更は後でもできるので(もちろん変更手数料はとられるけれど)、むこう4年間のアウトラインを作って、子供と確認しておくとなおいいですね。それまでに、大学に行く意思があるのかくらいは子供と話しておくといいと思うので、大学案内や中高生向けの大学イベントに足を運んだり、先輩クリスチャンとか学校に行っている友達から情報をもらったりするのも手かもしれません。

 

ACEでやってきている子は勉強習慣がついていますので、そこは強みです。

 

中学生になると、ペースが難しくなり、量も増えます。その中で、7年生、8年生は高校4年間の土台作りかなと感じています。小学生とは違い、テストが90点以上ちゃんととれていれば、自分の力をためさせて、どんどん読む練習をさせてください。読みが間違えていれば、チェックアップやテストがボロボロになります。完璧に読めていなくても、それでいいです。自分で自分の勉強スタイルや自分の強み、弱みを意識する時期と思います。私も悩みましたが、LCAの人にも、本人に責任感を持たせる教材を作っているので、PACEの指示通りといわれました。成績ががたっと落ちても、本人に悩ませましょう(笑)

中学の時期で確認したのは新しい単語の読みだけ。あとはチェックしていません。

高校生になったら、(私の場合だけれど)最後のスコアキーとペースの答えがあっているかどうかのチェックもしません。メリットは上げられないのですが、自分で蒔いたものは刈り取るとしています。

こうなってくると、一日高卒認定試験のための勉強塾に行くことになっても、残り4日で勉強5日分を割り振り、やりきることができる責任感を持ってくるようになります。お休みの時にちょこっと自分で進ませたり、時間を上手に使えるようになります。

 

 

発表会

先日、長女のバレエの発表会が終わりました~。

 

img_2630.jpg

見に来てくれた祖父母、またお友達、お花をありがとうございます。

そして、こんな素敵なクッキーまで!

img_2626.jpg

美しすぎて、食べられないよね~。

 

2年に一度の発表会。

でも今年は高校生になって、衣装の虫づくりも、管理もすべて自分でやってくれました。

それだけでも大成長です。

 

メイクももちろん自分で。スケジュール管理もいろいろありながらも自分でやってくれ、お金はかかるが、手はかからなくなりました。嵐の目のような発表会のイベントですが、終わるのはあっさりです。

 

img_2628.jpg

素敵なチュチュにティアラ、衣装は今回は二つ。これにプラスでコンテンポラリーダンスを踊りました。

 

コンテンポラリーダンスの先生は娘のバレエ教室出身の大先輩、いまや振付師として活躍されているC先生。毎週水曜日に時間をとってくれて、じきじきに指導をしてくださいました。中学生と高校生8人のダンス。

 

めっちゃ、カッコよかったです。

 

お友達も感動して泣いたそう。私も先日のリハで初めて見て、思わず拍手を送りました!(←って、前日のリハが初めてっていうほど、今年は何も母は手伝わなかったという…)

 

ほとんど最初から最後まで出ていた娘たち高校生ですが、本当によくこれだけの振り付けを覚えるな~と感心です。そして、だんだん高度になってくるし。

最後の花園の舞台では、本当に私も手に汗握り、「あと1分、足、がんばれ~」「あと1分、笑顔、がんばれー」と応援してました。

 

限界の一歩手前までの振り付け

って感じで、プロのバレリーナはしれって踊るけれど、あれはほんとに大変なんだなと思いました。

 

 

さてさて、振り返って思えばロイヤルアカデミーオブダンスの試験(Grade8)の個人練習に始まってから、オーケストラのコラボレーション、そしてこの発表会、お教室の年長者としての先生との連絡係とかいろいろあって、その間の毎日の勉強に高卒認定試験の勉強。怒涛の日々、夏休みも返上で踊ってました。毎日、起きれないし、朝から戦闘モードの日々も1度や2度ではなく。

 

あ~、本当に駆け抜けた2016年上半期でした。

 

燃え尽きて、受験勉強に切り替えられるかな?と思いきや、「コンテンポラリーのクラス、続けた~い」「踊りた~い」とまだまだ踊りたいようです。

 

しばらくは地味なバレエ活動になりそうですが、(でも、ACEの体育にバレエを入れているから辞めないよ)、いろいろ落ち着いたら、コンクールも挑戦してもよいのかなと思いました。

 

 

今回感じた事。

 

 

バレエは練習した分返ってくる。

 

 

次回はもう少し経済を準備して、備えてあげたいと思ったのでした。

再開

秋になり、(私の中では夏は終わった。かなり前に。)運動再開しました!
スポーツクラブで久しぶりのジョギングしたよー。
今週からは筋力トレーニングとダンスを始めたいと思います。ヘロヘロになることは間違いないだろう。
という訳で、そんな、「あー、あん時、やっておてよかった!」ポイントを稼ぐためにも、動ける時とやる気がある時にやれることはやっておこー!

野菜は買ったら基本、わりとすぐに下ごしらえしてしまいます。

野菜室にはジュースや買い置きの牛乳が横たわりる我が家の冷蔵庫。

ツッコんでいいよ。

やる気にみちてるだろう?!

こうしておけば数日持つし、ご飯の準備も楽です。
秋は体も心もフットワーク軽やかにいきたいなー

鶏肉、フライパンで味付けしてさ、そのまま、夜ご飯にって置いてきたんだけど、私、娘のバレエの発表会のリハーサルで食べるの遅いのよ。
上手くできたのに、写メしわすれた!とバスで気づいて、ラインで写真、送ってもらった笑

アンちゃん。なかなかいいアングルで撮ってくれるじゃないー!