Archive for 2016/12/31

恒例山登り


来年は元旦が礼拝なので、大晦日に恒例の山登り。
八景と海、そして遠くの千葉を見渡すこの景色をみて、今年一年を映画だったらどんなジャンルかとその理由を加えて話すという事をしました。
みなさんの一年は映画に見立てたらどんなジャンルに入りますか?
私は多くのチャレンジと新しい体験が多かった年でした。

なので  アクション映画  かなと思います。

山頂でおやつとあったかいインスタントの飲み物を飲んでまーす。ジョエルもいっぱい歩きました。

そして夜はみんなでお好み焼きディナー💖


浪速男子のパパのお手本の後に子供達で作ってくれました。

辻家の味を引き継いでいってねー。

子供達の作ってくれたお好み焼きはまた格別ですね。キャベツも千切りもアンナがしてくれました。
さてさて、今年のアップも今日が最後です。

今年もBe Free を読んでくれてありがとうございます!
ムカッとすることや嫌な思いをした方、ごめんなさいね。あまり深く考えずサラリと読んで流してくださいねー。許してねー
また、読んでよかったと思えてくださった方、ありがとうございます。また来年も引き続き、フォローお願いいたしまーす!
来年はいよいよ長女の大学受験やら、ホームスクール最終年になり、大きな節目を迎えるのでは?と思われます。3人がみなティーンになり、ますますジーザスヘルプミーです。

中高生の溢れる才能ややる気をどう伸ばすのか?神様からの知恵を分かち合っていきたいと思ってます。
ではー!2016年もありがとうございました😊

ソウルにて…

 


 

娘が産まれたこの街を通りながら、また私はとても不思議な気持ちに包まれました。

 

神様の始めた彼女の人生の一ページ目がこの場所であったことは偶然ではなく、必然で、深い計画の中にあったのだなと。

普通の人から見たら、「えっ?」と思われるようなことの連続の出産。そして生活環境。でも、神様がそれを許したというか、神様がそれをよしとしたのだな~と。

 

娘は「韓国、楽しかった~」とか、「私、わりとおしゃれなところで生まれたんだね~」とか、とてもフレッシュな気持ちだったと思うのですが、なっちゃんはまた別の、思い出やその時の信仰、気持ち、そんなことが渦巻いてしまって、連れてきてよかったし、私が来てよかった(パパではなくて!←ごめん、パパ)と思ったのでした。

 

正直、娘の進路や将来のこと、ホームスクールが終わりに近づいている中で、親として

「あと、何ができるのだろうか?」「もっとやれたことがあったのではないか?」「いやいや、まだまだやれることもあるのではないか?」

という葛藤や焦りがあったのだと気づきました。

 

娘の生まれた場所、そこに立った時、

彼女の人生は神様のものだった=だから、彼女の人生計画をお持ちの神様にお任せすればいい

と頭だけではなく、心で深く感じた、そんな旅でした。

 

korea-annas-birthplace

 

もし神様から許されるのであれば、ぜひ子供と二人きりで旅行もお勧めしたいです。家にいると、どうしても長女らしく振舞ってしまう(ある意味自然にだけれど)娘ですが、旅にでると別に誰に気兼ねする必要もないですし、自分の興味のあるままに行動できます。この3日間、彼女の心が満たされていることを母として感じることができました。我が家はHS家族の中では決して子だくさんの家族ではないですが、やっぱり家の中では暗黙の役割みたいなものがあったのだなと思います。親が夫婦だけの時間を持つことが必要なように、子供たちもそれぞれの親と二人きりの時間を持って、兄弟からある意味引き離される必要があったのだと感じました。

 

次は、やはり韓国生まれの息子を連れてきてあげたいですね。

 

神様に信頼して歩むことへの挑戦

先週、息子の学校が冬休みになりました。

 

2学期の様子がまとめられたものを学校から持ち帰り、また、冬休みの課題も持ち帰りました。

 

息子は今、週2回、特別支援学級に通学していますが、その同級生はみな養護学校希望の中、息子はそこへは行かずにホームスクールを選択しています。

 

ですが、そのことが神様の計らいだったのだなと気づくことがありました。今、県内の養護学校は希望者が受け入れ枠よりも増えてしまい、大変なことになっている(12月中旬の時点で)ということを担任の先生から聞きました。

 

ずっと特別支援学級を小学生、中学生ときて、さぁ、高校は養護学校と思っていた親御さんにとっては本当にショッキングな出来事だったと思います。自分の子供の進路がどうなってしまうのか、来年いく高校はあるのか?という不安な気持ちでクリスマスやお正月を過ごさなければならないなんて、つらいですよね。

 

でも、そんな中、HSはどうなっちゃうのかわけのわからないことの連続でもあったな~とも思いました。

 

というか、本来、子育てって、そんなもので、そんなものだからこそ神様にもっともっと信頼しなくてはならないのだと、神様に聞いていかなきゃならないものだったんだとも思いました。

 

息子にはチャレンジがありますが、セラピストさんのアドバイスを受けつつ、また神様の知恵とタイミングも聞いて、一つ一つ、主に信頼して歩む毎日でありたいなと思いました。

 

お子さんにチャレンジのあるお母さんのリーダーの方もいると思います。毎日、大変だと思います。でも、神様はよいお方で、よいプランをお持ちで、きっと素晴らしいことがあると信じてゆきましょう。

 

昨日、末っ子のんんちゃんといろいろ話した兄弟児ネタもあるので、またシェアーしますね。

韓国

クリスマスが終わりました🎄

そして、娘と2人、韓国へ。母娘旅行に行ってきました。

実は韓国は娘の出生地。

3歳で帰国したので、それまでのおぼろげな記憶と、アルバムの中の韓国、あとはメディアの韓国が彼女の知る韓国。でも、いつか、やっぱり、彼女のアイデンティティーのためにも彼女自身でその場所を見て、触れて、感じることができたらいいなーと祈っていたところの今回の旅行の実現でしたー。

年末年始で色々と不自由のある中での旅行。とりあえず、出生地には連れて行こうと、それだけ?!にターゲットを絞ってね。

夕方の便。窓際の席で2人、新ゴジラを見ながらも(新ゴジラはなかなかのストーリーで面白かったし、考えさせられるものもあった)ソウルの夜景が見えてきて、テンション上がる⤴️


韓国入国後もとりあえずバスに乗ってソウル市内に移動するのに、なっちゃんドキドキ。

さすがに航空会社の陸上勤務の方は英語も日本語もわりと行けるので、助けを受けながらバスに乗りました。

なっちゃん、なんか少し、韓国ってこんな国だった感が蘇ってきました。韓国の人は、一見きつく感じるけど(←韓国の方、ごめんなさい🙏)、でもとても情に深いんです。韓国語で「トワ チュセヨ(助けてください)」といえば、若い子でも「そらきた」ばりに助けてくれるんです。

ヘロヘロになりながらも、高速バスターミナルのマリオットホテルに到着。


⬆︎ こんなお部屋です。

マリオットホテル を拠点にハンガン(ソウル市内に流れる河)の南寄り中心に楽しみました。


パパとママの通っていた大学院にも行きました。よく娘も連れて行っていたので、お昼寝のためのお散歩コースの公園に行ったり、完全に観光からは外れてます笑
交通カードもチャージして


地下鉄に乗って見たり


ローカルフードも食べちゃいました。マンジューっていうベビーカステラ。パパの大好物です。
産まれた街に着くと、

↓ よく買い物したスーパー

奇跡的に残っていた当時住んでいたアパート


そして産まれた病院にも行きました。

残念ながら病院はもうありませんでしたが、ビルは残っていました。


⬆︎ こうやって陣痛の中階段を登ったんだよーっていう再現の絵

わかったこと。

な、なんと!病院だったところが教会になってました。

韓国で食べたあれこれー






ガイドブックにはないようなところばかり。

今回、これはっ!と思ったのは、ジャガイモのナムル。めっちゃ美味しくて、うちでも作ってみる。
さらにさらに

昔ながらの地下街のショッピングモールで掘り出し物を探したり

キムズクラブっていう大型スーパーに行って買い物もしたよ〜

⬆︎ お土産のおやつとラーメン

ヘーテーというお菓子メーカーが10個で300円(ウォンだと2900ウォン)とかって売ってた。

教会やお友達へのお土産はここでぜーんぶ済ませちゃいました。
という、かなりローカル感満載な旅でした。

自分が産まれた国を好きになってもらえるといいなー。いや、きっと好きになったはず。あれだけ食べて、買い物して、笑えれば!

母娘旅行、三日間。こんなにアンナと2人きりでいたのは、何十年ぶりかしら?

とっても楽しい旅行でした✈️
2016年もあとわずかですね。

クリスマス2016

前にもちらりと書きましたが、私たちの教会は11月後半から12月丸ごと1か月を

クレイジーアウトリーチ月間 と呼んでおり、英語直訳張りにバカみたいに伝道しまくるんです。それぞれのスモールグループ(略してスモグル=SG)が伝道を目的としたクリスマス会などをします。直接自分の友達ではなくても、SGの友達なら積極的につながるようにお互い協力しあっています。また別のSGでもこの人がいたほうがいいな~そのほうがより未信者の人がリラックスできるかなと思えば誘ったりします。私も誘い、また誘われました。

未信者の人は教会の中に7人以上の知り合いがいると留まる傾向が強いといわれています。ですから、私たちの教会や私のスモールグループは教会に誘うこと以上にまず、教会の人に出会ってもらうことをとても大切にしているんです。

カジュアルなスモールグループのクリスマス会(たいていホームパーティー)だと来る人は多いのだけれど、教会ってなるとみんな行きにくいイメージがあるみたいで大体半分以下です。でも、1年、2年という時間を経て、だんだんとガードが緩くなり、ぷらりと来てくれる人もいました。あきらめてはいけませんね。

SGのパーティーは教会でのクリスマス礼拝のいわば道しるべのようなものなのかなと思います。あちこちのSGの祈りとイベントの実りが礼拝の中で見られましたよ。今年も18日、25日の教会はたくさんの人であふれていました。

というわけで、町中がいよいよクリスマスって時にはかなりもう150%くらいクリスマスを祝っちゃっているのですが、もう、そこはクレイジーなんです!18日、そして続く25日とクリスマスフィーバーです。

さてさて、18日は子供たちのパフォーマンスがありました。

アメージンググレイスのラップバージョン。

img_3676.jpg

img_3678.jpg

ノンちゃん、踊りです。

この踊りの指導はアンナちゃんもたくさんかかわりました。

6年生までなので、今年で最後です。

img_3681.jpg

のんちゃん、聖句やショートメッセージ的な言葉をラップで披露。かっこよかったです。

 

なっちゃんジイジ&バアバをメロメロにしていました。

おばあちゃん、教会の中のおばあちゃんグループの皆さんにちょっと紹介することができました。

こちらは礼拝後、家族でイタリアンレストラン。

img_3687.jpg

ここ毎年、じいじ&ばあばのクリスマス礼拝の出席率は皆勤賞並みです。

 

 

 

そして、今度は場所を変えて、4日後になっちゃん家族(姉含む)でクリスマス会しました。

img_3704.jpg

母の見事なチキン。

img_3705.jpg

特製フルーツポンチ。この器はいつか譲り受けようと密に思っている。

img_3701.jpg

ごはんの数々。私はデザート(ケーキとクッキー)を担当しました~。のんちゃんもクリームブリュレを作ってくれたんだよ~。

この2日間のクリスマスで、母が喜びの句(詩)をフェイスブックでアップしていました。愛しい家族と過ごす愛されたクリスマス…そんな内容でした。母の伝道には反発もあり時間もあり、本当に長い道のりでしたが、神様が心を開いてくれているように思います。

次はイースターだ!

 

 

25日はクリスマス礼拝で忙しくなりそうでしたので、24日に家族だけのクリスマス。

img_3709.jpg

のんちゃんの理科の実験で必要なため、またまたチキンを丸ごと焼きました。

img_3706.jpg

ネットフリックスの暖炉の映像が気に入っています。暖炉を映し出しながら、みんなでご飯です。

 

ちなみに、ここには映ってないのですが、チキンもありながら、離れに鉄板焼きを置き、ステーキも焼きながら食べました。

 

肉尽くしのクリスマス。幸せすぎなクリスマスです。

 

25日のクリスマス当日は、朝の礼拝で急がしながらも、みんなで早起きして

img_3711.jpg

プレゼントオープンターイム

img_3712.jpg

あっという間に部屋が紙だらけです。

 

今年は初めてサンタさんが来なかったクリスマスでした。去年、サンタさんの心について話をして、親の無償の愛について話しました。みんないろんな家族がいますので、本当にそれぞれでよいと思います。また神様が語られたようにされるのがいいと思います。みなそれぞれ、人には語れない家族の事情があると思うのですね。

皆さん、素敵なクリスマスを過ごせましたか?

今回は25日のクリスマスが日曜日ということで、ゆっくりプレゼントを開けて写真を撮ったりはできませんでした。

でも、お互いがお互いにプレゼントをあげているさまが美しかったです。

 

クリスマスと通して、学ぶことや感じることがたくさんありますね。

 

Merry Christmas, Joel 

人間のクリスマスの記事が長くなると思うので、一足先にジョエルの様子を。

ジョエルのプレゼントは骨肉おもちゃです。


お肉の塊のおもちゃ、とっても気に入ってくれた♡

そして、今やすでに破壊の一途をたどっております。

 

ジョエルの靴下にはおやつもあったんだよ~。

お留守番の時に暇つぶしできる、スジ肉のおやつ。

 

我が家では25日まではプレゼントをツリーの下に置いておいて、25日の朝に一斉にみんなで開くという習慣があります。

今まで、ツリースカートをプレゼントに占領されていたんだけれど、やっとスペースができたので、

めっちゃつくろいでます。

 

 

まじで寝てます。

 

ジョエルと過ごすクリスマスも7回目です。

忙しい合間の


ハーブティー💖

セレシャルのハーブティーは結構どれも大好きです。

水も飲みますが、寒い最近はハーブティーで水分補給。

若干のデトックスとリラックス効果を期待してまーす。

カフェインレス生活で気がついた新たな発見です。

また、午後からカフェインレス生活のおかげで朝のコーヒーも旨し!

冬休みのオフィス

ACEでは、勉強する机をオフィスと呼びます。

オフィスは整理整頓されてなければなりません。

ですが今は休み期間…

なのでそれぞれの個性が出てます。


クリスマス★バジェット

今日、無事にクリスマスのプレゼントを買い収め、クリスマスバジェットを閉じることができました。

毎年、クリスマスプレゼント、パーティー用の食費、クリスマスカードや切手代など、クリスマスにまつわることのための予算を立てて、そのなかでやりくりするということをしています。


子供達も兄弟間、親子間のプレゼントはだいぶできるようになりました。プレゼントの山です。 
今年も神様からの知恵を頂いて、小さなものから大きなものまでギフトを渡すこと(&渡す準備)ができました。

 

小さなことですが、クリスマスの収支が合うということ一つで、また一つ、神様に感謝が増えます。

 

いよいよクリスマスまでラスト3日ですね。23日は両親と、24日は家族水入らずで、25日は教会でクリスマスを祝います。

 

素敵な3連休になりますように。

 

メリークリスマス

リーマン妻

img_3693.jpg

ホームスクールママであり、クリスチャンでもあり、そしてなんちゃってお仕事もしていますが、実はアテクシ普通にサラリーマン夫の妻でもありました。

 

昨日、午前の用事が子供がインフルエンザで~という理由でキャンセルになり、そして午後のお仕事がはやり相手都合でキャンセル(この瞬間、私は仕事おさめとなりました)となり、ぽっかり一日自由時間になりました。クリスマス前にっ!な、なんという貴重な時間。

 

パパさんから会社の人たちに何か(ケーキとかスイーツ系)を焼いてほしいと頼まれていたのだけれど、じゃぁ、と焼き始めました。

まず、会社用と実家用に柚子とレーズンがぎっしりのダンディーケーキを。それが上の写真ね。

 

そんでもって、下のキャロットケーキも焼きました。

img_3691.jpg

この二つは私の定番のケーキなので、失敗はないだろうと思って。

 

そしてそれから、それから、チョコチップクッキーとバタークッキー

img_3692.jpg

まさに、3段のクッキークーラーはこの日のためにあるという感じに、重宝した~。

 

もう、朝から焼いて、焼いて、焼きまくって、最初は子供たちも

「いいにお~い」なんて言ってくれてたんだ。

でも最後のほうは、「部屋の空気が甘い」とかなんとか言ってたな~。

私も最後のほうはバターのにおいに酔ってしまってました。

 

最終的に、バタークッキーはパパの直接の部下たちへ。クリスマスカードとともに。

2種類のケーキとチョコチップクッキーは部署全体にクリスマスの差し入れとさせてもらいました。

主人は「おいしかったよ♥」と言ってくれたけれど、部署の皆さんのお口にあうと嬉しいな。

 

その前の日は会社のクリスマスパーティーで、本当ならば家族も同伴OKだったのだけれど、私はちょうど仕事で行けなくて。会社のほうにはご挨拶できなかったから、機会があったらまた、パパさんの会社の人とご挨拶させてもらいたいなと思います。

やっぱり、なんだぁかんだぁいっても、神様がパパの会社を祝福してくれて、それで私たちのホームスクールも動いている。感謝しないとね。

 

リーマン妻のつぶやきでした。