Archive for 2017/03/31

立場逆転…そして更新完了

Who wants to sign for my “homework assignment slip”?

“Me!!!”

と一番に手を挙げたのは次女。
今年は五年に一回のACEスーパーバイザーの更新年だったため、一週間セミナーに参加しました。

毎日の宿題に子どもたち、1日ずつ、わたしの宿題カードにサインしてくれました。
3回目のトレーニングでした。ACEの教育理念ややり方を勉強するこのセミナー。やったみなさんはわかると思うのですが、なんというか量が

膨大なんです!

なので正直、今までの二回はやることに精一杯だったのですね。
でも、今回、単語とかある程度はわかるじゃない?少し読む方にも余裕があるというか。心にスペースもあって、よくよく読んでいると、

なんか、クリスチャン教育ってすごいことだなー

と。

じーんと心にしみました。

 

と同時に、「知恵」のテキストでは涙が止まらなくなってしまいました。

 

知恵のテキストはクリスチャン教育論の基本が書かれています。ちょっとした論文のような内容です。でも、本当によくまとまっていて、ACEでホームスクールしなくてもいいから、この本はぜひ読んでもらいたいと思います。「私たちが次世代に伝えなければならないことって何?」「主にある教育って根本的になに?」ということがぶれなく書いてあり、これを読むといかに自分がぶれまくっていたのかがわかります(😢でも感謝)

 

こんなこと、今回初めてだったのですが、知恵の本を読みながら、たくさんの、本当にたくさんの失敗が走馬灯のように駆け巡り、涙がでてきて、字が読めないほど、苦しくなりました。

まじ、悔い改めです。

ほんと、ACEの指針からずれまくりがあり過ぎて、「あー、もっとあのようにできたのでは?」「このようにできたのでは?」と子どもたちにごめんなさいと謝ることがあり過ぎました。

その日はそれ以上、宿題を進めることができず、別のテキストを進めなければならないほどでした。

 

2日目、先生に特別に時間を取ってもらい、祈っていただきました。

 

その中で、10年間、やってきたからこそ、そう思えたのだねという慰めとともに、自分を赦すことを教えていただきました。先生方もたくさんの失敗をして、でも、その時の自分にはそれがベストだったと主に栄光をお返しすることを学びました。実際、子供たちは私の失敗に傷ついたかもしれないけれど、それでも信仰をもって育っているし、いろいろな意味で傲慢だった自分を砕き、祈ることができました。

 

もちろん、子供たちにも謝って、赦してもらいました。
涙で止まらなかった初日、終了できるのかしら?と思ったのですが、

無事、できました!

 

 

皆さんも2回目、3回目、是非受けてね!
今回はホームスクールで始められる方がまた増えました!感謝です!
ネットワーク作りもやっていきたいと思います!

いい時も悪い時も

先週、ちょうどわが家にとってはホームスクールがweek3でした。色々な意味で、ペースの進ちょく具合がわかる週です。

学年の始まりは、つまりはペースナンバーが1013,1025,1037,1049,1061,1073,1085,1097,1119,1121,1137に入るときは、ペースの内容が少し高度になるし、文字も小さく、読む量が増えます。選択科目に関してはどれくらい難しくなるのかは本当に検討もつきません。なので、日々の習い事や土曜日なんかの行事もなるべく少なくして、まずはペースの進み具合のバランスを図ります。

長女はもう12年目ですが、高校生になると、ただ勉強だけではなく、奉仕もあるし、大学のためのもろもろの資格や受験勉強もあってなかなかのスケジュールになります。
12年生を初めて、すぐに、宿題の量を見ても、これをこなすには相当の覚悟が必要と感じました。やる気がないわけではないのですが、空回りしている感じや、焦りも見えてて、そんな感じです。でも、もうティーンも後期になれば、頭ごなしに話すのは知恵がありませんし、効果もありません。彼女自身が戦わなければならない霊的な戦もあるので、親としては悪い実が出るまでほっておく勇気も必要です。

ACEのAはアクセルですが、勉強が慣れからではなく、(慣れもあるけど)心からの動機があって楽しく進んでいるべき(アクセル=前進している)なのですが、そうなってないなーってときには何かを見落としています。

これは一つのサインなので、様子を見つつ、神様に聞いて確認するといいと思います。(← これはスーパーバイザーの親の仕事)

ある朝、彼女の怒り💢がうわーって出てきました。直接、それを聞いたのは父親ですが、私もその前触れ的なものを感じていました。彼女に祝福の祈りと心からの謝罪をしました。

みなさん、12年生になってまで?と驚くかもしれませんが、私はこの歳でも、向き合えるチャンスをくださった主に本当に感謝しています。

特に親が未熟でティーンの娘をよく導けなてなかった部分、説明不足だったことを謝りました。その上で、今、主人が仕事でどんな立場で働いていて、どんなストレスの中生活しているのかを再度説明し、和解しました。また、進路に向けては、心の動機を確かめました。また、親としては、信仰面での成熟を期待しているし、そうでなければたとえアカデミックな部分で受験を突破したとしても、人生においては失うものが多いことなど、ザックリ話した上で本人の信仰に任せました。

下の兄弟たちには、お姉ちゃんの態度が好ましくないことがあるけれど、ママとパパはそれを許しているわけではないこと、だから、人をみて(これくらいならいいかな?と)判断ではなく、常に神様に聞いて言動を考えるように話していました。

今回、長女にも、兄弟たちがどれだけお姉ちゃんの態度に傷ついたか考え、赦しを乞うように進めました。
先週はそんな大波乱のホームスクールだったのですが、そんな中、私はセミナーに通っていて、その中の知恵というテキストに、もう本当に砕かれました。そのことはまた書きまーす。
良いときだけではないです。でも、悪いからってやめる必要もないホームスクール。

大切なのは、動機かなー?とやんわり思うこの頃。

最近、心に留めているミコトバ👇

Dear friends, don’t be surprised at the fiery trials you are going through, as if something strange were happening to you. (‭‭1 Peter‬ ‭4:12‬ ‭NLT‬‬)

For God has not given us a spirit of fear and timidity, but of power, love, and self-discipline.(‭‭2 Timothy‬ ‭1:7‬ ‭NLT‬)

誕生日


先週のことですが、娘の誕生日でした。
どんな風に過ごしたい?と話していたところ、「誕生日の日は普通に家族ごはんでplusケーキがあればいいよ。」との話だったので、そんな風に過ごしました。

私は(その週)セミナー真っ只中だったので、夜ご飯ははーくんのんちゃんのカレー、そして私が彼女のリクエストのフルーツケーキを買ってきました。

そして、日曜日の午後、本人の希望で(誕生日会って感じじゃない)韓国料理パーティーしたいってことだったので



プルコギ、サムギョプサル、キムチ、ナムル、チヂミ、マンドゥウとトックの入ったスープを準備。

あとはご自由にーと。父母退散。

みんなでワイワイご飯食べたり、映画みて過ごしてたみたい。


みんなからもらったプレゼントが大人びてきました!今度遊びに行く時につけて行くと合う服選びに奮闘してます!

誕生日、おめでとう!

のんちゃん、卒業式🎓

先週はたくさんのことがありました。

のんちゃん、卒業式。


地元の学校のご好意で、卒業証書をいただきました。

しっかりとした口調で

『学校にはあまりいけませんでしたが、今日は式を開いてくださってありがとうございます』

と校長先生にお話できたそうです。

のんちゃんの成長を感じました。
この日はのんちゃんの成長の区切りとして、外食。そしてケーキでお祝い。


ケーキ食べるのが多いねー。
そして、日曜日は教会学校の卒業式🎓でした!

我が家にとってはこっちかメインだったりして!

2歳からのキッズチャーチ、10年以上在籍して卒業です!


証書の授与。
保護者、先生、次に行くユースグループのみんなもあつまってのファミリーです!

お祝いもいっぱいもらえてよかったね♡

 

ボーリング

かなり前ですが、長男がボーリング🎳の楽しさにはまってしまい、彼の誕生日のプレゼントとして遊びに行ってきました!


ガータ防止ベルトなくても、バンバンストライクも出して行きます!

むかーし、ボーリングに数回連れて行ったのですが、その時よりも一段と上手くなっててびっくり!

のんちゃん、なかなかうまくいかなかったのですが、二ゲーム、三ゲームとこなして行くうちにピンに当たるようになったの!

最初に当たった時のパパの喜びようったら

ストライクが出るたびにハンマーゲームが出てくるんだけど、そのハンマーゲームもクリアーすると1ゲーム分無料券がもらえるのです!
今回は、三枚もらえました!

最後はパパのんちゃん、ママはーくんチームに分かれてなかなかの勝負!
このボーリング場、うちから近い上になかなか手頃な値段で、また行きたいです。

パパの四十肩もボーリングで良くなったみたい笑

Science 1079 ~ 障がい者教育

中学生のPACEに入り(1073~)、いくつかのPACEで小学生のようにはいかない部分が出てきます。当たり前といえば当たり前なのですが、だんだん難しくなるね。

自己採点のページ数も幅が増えるので、それだけ管理責任も増します。

もちろんきちんと採点することができたことに越したことはないのですが、と同時に間違えることを恐れないことを教えることも大切だなと思います。

この間も子育てクラスで話していたのですが、

It’s okay to fail something…(何かに失敗する・つまづくことは大丈夫)

It’s not okay to fail someone…(人につまづくのは大丈夫じゃない)

 

勉強でいっぱい間違えていいんです。でも、間違えたときにそれを誰かに隠したいとか、これを間違えたら怒られるんじゃないか、バカにされるんじゃないか、よく思われないんじゃないか…って人を気にするようだったら、それはダメなんだよね。そう思わせちゃったらそれは親子で話さなきゃならないんだよね~。まぁ、たいてい親の責任なので、最近は謝りまくっている私。そうなの、小さい時の子育ての刈り取りはティーンでするのよ~( ;∀;)

 

っと、話がそれました~。

 

そんなわけで、きちんと理解できているのかチェックするのも親の役目。なるべく目を通すようにしています。

 

そんな中、のんちゃんのPACE(理科)で障がい者のことが出てきました。

 

アンナの時はこんなのあったかな?と思いつつ、バージョンも違うのでやってなかったかもしれないし、もしかしたら見過ごしてしまったのかもしれませんね。

 

自分の身近にチャレンジのある子はいますか?という質問もあり、のんちゃんの中で数名のお友達を書いていました。

私はその名前を見ながら、チェックのサインをしたのですが、みんな神様の戦士って思いがすごく来ました。

 

のんちゃんには家族の中に弱い立場の人がいるので、気持ちは複雑かもしれないです。でも、丁寧に聞いていきたいと思います。

サプライズ!

我が家ではバレンタインだけでホワイトデーはとくに何もしないのね。

 

完全に14日ってことを忘れていたし、たしかお店ではホワイトデーの垂れ幕も出てたりしたけれど、気にも留めてなかったの。

 

だって、うちはバレンタインで終了したしって。

 

なので、14日、本当に不意打ちでした。

しかも仕事帰り。女子だけが家に遅くなるってパターンだったのね。

おいしそうなチョコレートケーキと

お花を頂きました。(すでに玄関はイースター飾りが始まっています)

 

 

そんなにたくさんのお小遣いじゃないのに、ありがとう♡

来週はACEスーパーバイザートレーニングです

5年に一度の更新、ACEのスーパーバイザートレーニングが来週やってきます。

先日、「日本語と英語、どちらでされますか?」と聞かれ、今回は日本語でやることに決めました。その心は→ちょっとでも楽したい( ´∀` )

おそらく、英語能力的には5年前より今の方がちょっとレベルアップしているように思うのですが、また5年後もやるんだし、その時は英語にしよう。(えっとその時のんちゃんが12年生?)

 

念のためにドレスコードを確認したところ、

「スカートは膝が隠れるものでお願いします」とっ。

 

常にパンツ派の私はスカートそんなに持ってないよ~。あっても膝、見えちゃうよ~と( ;∀;)

隙間時間を見つけてはスカートを探しています。

 

1着は自分で気に入っているものを買い、もう一着は値段のこともあるから安いものにしました。「とりあえず来週しのいで、もし気に入らなければ娘にあげればいい」と自分を励まし、えいって購入。

普段、教員スタイルなんてしてないから、こんな時困るね。

 

******************

 

あちこち回っている際に、ピンクのチューリップを見て、ピンと来て買いました。

 

この季節のチューリップ大好き。先日編み上げたピンクの花瓶カバーに合わせてみました。

 

来週は、きっとブログの更新なんかできないくらいにヘロヘロっていると思いますが、ホームスクールで見えなくなっているへなちょこな部分をデトックスしてきますっ!

Wedding

教会の兄弟姉妹の結婚式に参加させてもらいました。

 

ここ半年間、一緒に結婚の学びをさせてもらったりしていたんです。

久しぶりに披露宴も参加させてもらいました。

MR.とMRS.の誕生をこの目で見られて感謝!

ケーキもおいしかった♡

 

今までの結婚式では、「自分の時は~」と振り返ったものですが、今回は娘の理想の結婚式のためにドレスやヴェール、会場の雰囲気など、写真をとりまくったなっちゃんなのでした。

 

ほんと、あと10年とかしたらお嫁に行っちゃうのかしら?

長女はあと数年で二十歳。だんだんコーチングから友(主にある姉妹)に関係が変化している最近です。

卒業式、そして義務教育終了

先週の出来事ですが、長男が無事、地元の中学を卒業しました。

このブログではちょこちょこ書いてはいたのですが、息子は週一のしかも午後の体育のみという「習い事」感覚で学校に行き始めるところから始め、この1月までは週2回(朝から夕方まで)というペースで学校に行かせてもらっていました。

残りの3日はホームスクールです。

この決断にはいろいろな経緯と積み上げられた祈りとサポートがあったのですが、(←いまは端折りますね)今の家に引っ越ししてから約1年半、そんな風に過ごしていました。

2月に入り、いよいよ我が家的には春休みとなると毎日学校に通って友達との時間を過ごしたり、そのような中で自然な流れで卒業式も参加することになりました。(正直、親の私はもう午後、校長室でいいかぁ?と思っていたのでした)

 

証書のもらい方とか、いろいろ不慣れな部分もあったのですが、一度の直しでそこはさっと理解したようで、当日、立派に振る舞っていました。

 

保育園の卒園式以来、10数年ぶりのちゃんとした式。朝の入場から最後校舎を出るまでの3時間半という長丁場でしたが、彼が名前を呼ばれ、しっかりと受け答えしているのをみて、やっぱり親としてとても感慨深いものがありました。

 

胸にコサージュをつけてもらい、制服を着ての写真。

立派な証書に家族一同、うぇ~い。

 

口下手な彼なのですが。特別支援学級の先生の支えや優しいお友達との出会いで、彼も刺激をもらい、また彼も影響を与えたようでした。

 

卒業後は、ホームスクールに戻ります。

最近、長男の中で、理科や数学に対しての勉強意欲がすごく湧き出てきて、(←神様の働きです!)一緒に今後の進路について神様に聞いていきたいと思います。

 

子どもたち、いろんな形で人生を彩っていますが、こうやって学校にも週2回送り出して、私もホームスクールって何だろう?と思っています。

ホームスクールだって、すべてが完璧なわけではない。だからって学校だってすべてを提供してくれるわけではない。

子どもたちの心を神様に向けること、それをサポートするのがホームスクールの本質なんだといろいろと教えられた、1年半でした。

 

はぁ、それにしても、これで3分の2の子供たちは義務教育終了!ということで、ホームスクールママとしては肩の荷が下ります。

 

末っ子はいよいよ中学生。4月になったら校長先生にいろいろ話に行かなきゃいけないのかな?制服も作ってないしね~。またリサイクル制服を頼まなきゃかしら?