Archive for 2017/08/25

フィリピン🇵🇭旅行の時のやりくり

ずいぶん前のことですが、暇なので☺︎

色々とフィリピン旅行のお金の使い方をもう一回トラックバックしました。

細かくはできないので、(レシートもらえないのもあるし)、わりと食費とか、お土産とか空港までの交通費…みたいな感じてざっくりと。

そうしたら、思ったりよはみ出したりすることなく、割と予算内に過ごせました。フィリピンは物価がやすかったのもよかったねー。

みんな旅の後に振り返ったりする?

私はお金の流れをみると、そこからまた思い出が蘇ってきたり、「我が家って、こういう状況でこんな選択をするんだなー」とか、子供達のお土産パターンなんかもみえたりしてなかなか面白くって好きなんです。

そして、今回良かった点、不必要だった物、なくて困ったものなどをメモしておいて、次回の同じような旅行で応用するのだー。

もちろん、最後には家族全員に

予算内に収まったよー!みんな協力ありがとう😊

と声かけもします。報告することで、家族全員がその後、節約を強いられないと安心できるし、旅行中の非日常な事もあるけど、これくらいは許容範囲なんだとわかるからです。

あ、話が逸れた。

今回、子供たちにはそれぞれ、ここ数ヶ月の間の夜ご飯当番であげていたバイト代を貯めてもらっていました。それが5000円くらいになっていたんだけど、それをもとに過ごしてもらいました。そこからペソに換金して、食事やお土産、自分のためのショッピングに使ってもらいました。

ちょびちょび貯めてもらえると、親の負担も減るのでグッドですね!

余ったペソは日本円に換金。

先週、主人が行ったシンガポール出張で、マニラに立ち寄ったので、お土産に向かってきてもらいました!
私、主人からのお土産をもらう前に、入院してしまったー(涙)

内視鏡検査だー

こんにちは〜!

何かの記念になるかもと、入院記録でーす!
今もバリバリ、絶食中ですが、今回、このお腹を休めるって大切なんだなーと感じています。

もちろん、点滴とかしていての病院での管理のもとですが、何かリセットされるような気持ちです。なにか赤ちゃんの自分に戻ったような…。イエス様にこの事の意味を聞いてみたいと思います。

入院して4日目ですが、昨日の血液検査の結果が悪くなく、今日は内視鏡検査です。

一時、盲腸説もあったのですが、憩室炎が濃厚となってきました。盲腸だったら、入院長引くことになりそうです。

そうならないように、祈る!

神様、私は家に帰りたーい

寝起きから、2リットルの腸洗浄液。

はっきりいってマズイ。

生ぬるい椰子の実ジュースを飲まされている感じ?もうちょっと味を足したらイケるのにっていうなんとも残念な味なんだな。

でも、今回は(笑)飲みきれました!←偉いぞ!自分!

**************************************
家族や友達がお見舞いに来てくれて


お部屋が華やかになりました。ありがとう😊
今回、皆さんに祈ってもらいながら、なかなか痛みが治まらず、なぜかな?と思っていたのですが、その時にふと、

「あっ、イエス様をこの場所にお迎えしてなかった」

と気づき、ベッドの上で、イエス様をお迎えするお祈り、そしてイエス様の血潮でこのベッドと場所を清める祈り(その前にどんな人がこのベッドを使ったかわからないし、死んだかもしれないし)、家族、健康、所有物への覆いの祈りをしました。
そうしたら、自分の入院スペースの4平方メートルくらいの場所が幕屋になったような安心感が出て来て、痛みがドンドン引いていく感じでした。
不思議な経験です。自分の家はイスラエルの過越のように扉にはことごとく香油を塗り、各部屋手を置いて祈りをもって入居してたから、当たり前に過ごしていたんだ。我が家が霊的にも過ごしやすい環境になっていたのにはちゃんと神の護りがあったんだなーと実感することができました💗

痛みが半減してからは、読者もできるようになり、普段なかなか読み進められなかった難しい本を読み始めています。聖書もよんでるよー。

イヤホンはね、周りがおばあちゃんだらけなので、話すのも声が大きいの。なのでクリスチャンのインストゥロメンタルの曲を聞いて、集中力を高めてます。クラッシックは歌じゃないから割と大丈夫。

↓ こんなのね。Apple Musicでたくさんあるよ


↗︎ 色々と痛々しくてすみません。


400ページもある本(これが難しい本)なので、元気じゃないと読み進められないの。でも、ここ2日くらいで勢いをつけて読めるようになりました。

この中で、夫婦関係や子育てに関しての神様の法則を整理することができて、祝福を受けました。

そしてふと、うちではよく、パパが頭に手を置いて祝福の祈りをしてるんだけど、パパはおじいちやんから祝福の祈り(イサクの長子を祈る)を受けたかしら?と思ったの。いつか神様のタイミングで…と祈る事にしました。退院したら聞いてみよう。
********************************************
最後に!


今回、このクリームにたくさん助けられました。

このクリームは7月にパパが出張した時に私にくれた前プレ。このいい匂いが入院中、慰めになりました。

もしもし、友達が入院して、お見舞いに行くとしてら、お花もいいけど、いい匂いのクリームやシャンプー、ボディーソープをもっていくのもいいなーと思ったの。入院中の沈んだ気持ちを上向きにしてくれるんだよー。
私の健康と家族のために祈ってくださりありがとうございます😊


Awwwwww. I miss this boy soooooo much. 

しばらくお休みしまーす


入院しましたー!

えー、出産ではありません。

フィリピンから帰ってきて、体の不調は地味ーに続いていたのですが、主人のシンガポール出張が終わると同時に張りつめていたのか、腹部の痛みと発熱で身体が倒れてしまいました。
今回は今までよりも炎症の値も高く、自宅安静ではなくて入院となりました。

お祈りください

世間はお盆休み~

子育てママは「夏休みが一番大変!」なのでしょうが、ホームスクールママはもしかしたら夏休みが一番気が楽なのかな?って思ってしまいます。

 

いろいろな意味での緊張感から解放されるように思います。ほら、「あれ?学校は?」っていう質問に出くわすこともないし、勉強もチェックしなくていいしね。

 

子供にとっても、親にとっても(←ここ、重要)しっかり休みをとることが、次のセメスターへの活力になるんだよね。

 

8月から3レッスンお休みしていた英語クラスも来週から再開ということで、夏休みモードから徐々に平常ホームスクールモードになっていくのでしょう。最後の1週間の休みを自分ケアーにあてました。

 

月曜日の午後、妙なだるさに襲われた私。その日は昼寝なんかして過ごしちゃって。でも、もしかして夏バテかしら?と思い、夏の疲れをとるために、火曜日、アロママッサージを受けてきました~。

 

いつもは代官山店でお世話になっているのですが、今回は家から激近の関内店へ~

ダマイさんはこちら

 

たっぷりのオイルでごりごりコリをほぐしてもらいました。そして、ありえないほどの汗を岩盤浴で流してきました。

あんなに汗びっしょりになったのは何か月ぶり?いや何年振りか?

 

初体験、岩盤浴!

 

これ、一か月に1回とかでもやったら、痩せるんじゃないかな?ただ、体重が落ちるんじゃなくて、こうちゃんと引き締めボディになるのではないか?と思ったなっちゃんでした。でも、時々お金をためては、体の中の老廃物を外に押しやりたいです。

 

その日はすっきりした身体で、主人の勤務先のみなとみらいへ

みなとみらいは「ピカチュウ大発生中」で混んでるな~。

車にのりながら、写真とれちゃったよ。

車では、よく音楽をかけながら祈ったりします。ちょうど車のことを祈っていたら、私が好きなVOLVOの車が走ってた。いつか、乗りたい。走りとかわからんが、形が好きなんだ。(来年までに、大きな車を祈っています!)

めでたく出会えて、週一の夫婦デートしました~。

 

 

次の日は、化粧品が切れちゃったんで、代官山へ~

雨だし、寒いし…。でも、雨用のパンプス履けて、ルンルン。

岩盤浴効果、まだありの顔!

 

お友達に紹介してもらったお店、ブランネージュ化粧品はこちら。フェイシャルマッサージをしてもらって(無料なの!)幸せすぎる1時間。

 

ののち、久しぶりに大学の先輩にあってランチ

幸せすぎた~。

 

そして、3日目は…

ネイルとエクステ。

最後に髪の毛までケアーできたら、最高だったのですが、それはまた来月にしました。

 

それぞれの場所で、次に来るときは秋ですね~とか話しながら、贅沢な時間を頂きました。

 

 

 

年に1回、あるかないかだから。

アイデンティティー

ここ数か月、主人と一緒に祈り、また教会のパスター達にも祈っていただいていたことがありました。

 

それは、息子に自分の障害、自分の体のこと、そして神様の啓示をしっかりと話すことでした。そして受け止めてもらうことでした。

 

一方的に話すことはできるけれど、大切なのは関係です。ここ数か月、彼とのオープンな関係をきずけるように、祈っていました。

 

世の中、たくさんの情報があります。

たくさんの嘘、噂、人の考え方、医学的なことも日々変わる中で、何を聞くのかということは大切に思います。

 

 

彼が診断された障害名、また、診断された経緯。障がい者手帳の意味についても話しました。と同時に、神様は、そんな長男をどのように思っておられるのかということも話しました。

 

障害の形は違うけれど、手足がなく生まれたニックさん、サメに片腕を食べられたベサニーさん、みんな力強く神様に用いられているよとか。

 

話してみて、彼は、静かに、とっても穏やかに、自分のありのままを受け止めたように思います。これから、また一緒にいろいろと話す中で、たくさんの質問や疑問が出てくるかもしれませんが、いつもオープンに受け止めていきたいです。人生はチェックリストをチェックするようなものではないと思います。

 

自分の体のことを知れて、彼がセラピーや自分の弱さにたいして、隠そうとせずに、恥じるのではなく、前向きに「練習しよう」「もう一度チャレンジしよう」という気持ちになっていることはとても大きいです。

 

これが彼の信仰の証なのだな~と思います。

 

きっといつか、彼の人生が大きな励ましになると信じます!

それぞれの挑戦

長男、最近 嵐 系の番組になぜかはまり、嵐=大野君=忍びの国 ということで映画も見に行ったのですが(しかも2回も!)こちらの本も読んでいます。

 

のんちゃん、

フランス語会話の先生から、こちらの本を勧められ、フランス語で読み始めました。

 

長女はまだ、PACEが終わらん!

でも、英語の勉強と受験勉強、自分なりに頑張っているよ。

去年の今頃はバレエ一筋だったんだけれど、1年先はわからないね~。

夏休み

 

普段、見ることのない景色。

 

久しぶりにボードゲームを取り出して遊ぶした二人の姿に「かわいい」と思ってしまうママさん。

 

こういう景色が当たり前ではなくなる最近。

 

小学生ロスです。

 

マニラ旅行記⑤

カンファレンス最後の日。

この日のメッセージも、私たちの恥はもう取り除かれている(十字架の上で)のだから、ためらわず、GO!というメッセージ。

 

3日間、濃かったな~。

 

賛美で触れられて泣き崩れる子、ひざまずいて祈る子、神様に触れられて洗礼を受けると決心した子、今まで全く心の内のシェアーなんてできなかったのにぽつりぽつりと語りだす子…

 

もう、本当に本当に素晴らしい経験でした。

 

 

キャンパスミニスターの働きの大切さ、彼らの献身、私たちもたくさんたくさん学びました。

 

個人的にも、もう一度、自分のビジョンをブラシュアップできたし、とくに、家族の中の雰囲気が行く前と行った後では変わりました。

 

お母さんだから当たり前といえばそうだけれど、私の中で、「この子はこれで大丈夫なんだろうか?」という不安のようなものが漠然とあったのですが、その辺のもやもやがぱーっと晴れました。

 

私は子供たちを恥じない。私は主人を恥じない。

 

神様にたいしての信頼がまた深まったし、関係も深まりました。

 

子供たち一人ひとり、神様からのメッセージを受けていたことを心から感謝します。

 

 

*************************

 

余談ですが、フィリピンからの帰りの飛行機で the Shack (神の小屋)の映画を途中まで見ることができました。最近、もう一度、本を読みたいなとやんわりと思っていたので、嬉しかったです。

 

フィリピン1週間の旅行でした。2017年、始まりの年のように感じます。

 

 

 

マニラ旅行記④

カンファレンス二日目。

この日も午後からはずっとカンファレンスという日程。

今回のユース&カレッジのキャンプツアーには数名の保護者がいました。グループ行動で子供たちの面倒も見ていたのですが、さすがに体力的に厳しく(40代のオバは体がついてきてくれん( ;∀;) もう一人の保護者ママと朝は別行動させてもらいました~。

会場のカンファレンス前では、

 

普通の通行人のために、アッシャーの人が「質問があったら聞いてください」という看板を掲げて奉仕していました。

雨季のフィリピン、蒸し暑さはサウナと同じですが、それでも奉仕される姿に感動です。

 

若者向けのカンファレンスですので、毎日、いろいろな趣向が凝らされていました。

二日目はキャンパスデー。自分の学校のロゴの入った服を着ていきましょう!ドレスコードがありました。

 

そして、この風船も。

 

スクリーンに指示された通りに音を出したり、掲げたり。何をやっても盛り上がるね、この世代は。

 

カンファレンスの二日目は日本チームを代表して、インタビューを受けました。今回のカンファレンスで受けたこと、日本に帰ったら自分が何をしたいのか、そんなことを話しました。

神様のこと、福音のこと、友達に伝えていきたいと、そんなことをインタビューで語ってくれました。フェイスブックのライブに、その時の動画もありますので、よかったら見てみてね!

 

カンファレンスの二日目は、賛美しながらバルーンを飛ばすという趣向で盛り上がりました。

 

これは、日本でも起こる!

 

一つの教団(っていっていいのかな?)のしかもユースだけでこれだけのアリーナを埋め尽くすし、賛美し、そして祈り、神様に触れられる。

40代のオバの私にも初めての体験でした。これをこの年齢で体験できたここにいるティーンたちは、私たちの思ってもみない方法で、もっともっと飛躍していくのだと思います。

 

私たちの時代の恵みを踏台にしてどんどん突き進んでほしいなと思います。

 

*******************

 

最後に、この日、フィリピンで食べたパスタを紹介します。

すっごいモダンなお店でしょ?

とってもおいしかったの。

 

 

 

マニラ旅行記③

3日目はいよいよ夜からカンファレンス一日目が始まります。

 

フィリピン事情に慣れ始めてきた3日目。

フィリピンはとてもフレンドリーな国で、メトロマニラにいる分には外国にいることを忘れてしまうような気分になります。

同じアジアだからなんとなく雑多な感じは似ているし、英語もほとんど通じるので、私の中のDNAが「ここで住めるかも」と確信できるほど、違和感のない国です。日本料理屋も多いし、たぶん本当に困らないように思います。

いつかまた友達とふらりと遊びに来てもいいかもと思いました。

 

この日もフィリピン伝統のお食事を教会の皆さんと一緒に頂きました。日本から来たカンファレンス参加者全員あいまってのお食事です。

このヌードル、おいしい。

 

フィリピンで少し困るのはお水事情。氷はあまりきれいではないので、常にペットボトルの水が必要です。レストランでもペットボトルの水を買ったりしてました。最後の方は、ミネラルウォーターを氷抜きでくれと図々しく注文してしまいましたが笑笑。

フィリピンで生き抜く方法は、しっかりとした口調の英語で話しきることだと思います。とにかく「これが欲しいのだ!」と自己主張することでたいていのことは何とかなります。( ´∀` )

 

この食事会では、前回参加者であった娘が100人を前に証をしました。

前回の参加の時に神様が自分に語ってくれたこと、そして今度はそれをここにいるみんなとシェアーできる喜びと、みんなと一緒に日本を変えることができる期待を力強く証ししてくれました。
私も主人もまったく聞かされていなかったので驚きましたが、しっかりと語る娘に、神様と歩み始めたのだなと感じたひと時でした。

 

カンファレンスの一日目。

カンファレンスのテーマはUNASHAMED=恥じないです。

 

13000人がアジアの世界各国からアリーナに集まり、賛美。

そして、私たちの恥を取り除いてくれたことのメッセージ。

 

学生向けのメッセージですが、大人の私たちもすごく語られたカンファレンスでした。

 

通訳の必要な学生のために、奉仕したパパさん。同時通訳、大変だったと思います。

 

今回、120%、メッセージを受け取ってほしかったため、長男だけは通訳必要ブースへ。でも本人も、英語だけだと聞き取れなかったと通訳でよかったみたい。

 

のんちゃん、アンナは英語で全部聞き取りました。

末っ子のんちゃんは、今回、英語力を思う存分発揮していました。いろいろな方から話しかけられ、インタビューも受けたり、13歳という年で行けたことがとてもよかったと思います。

 

 

のんちゃんは、本屋さんでこんな祈りの本を自分で買っていました。のんちゃんの神様への思いを母として心にとどめておこうと思います。