Archive for 2018/04/08

イスラエル旅行記② テルアビブ→エルサレム

(テルアビブ郊外からのぞむ市内)

 

この日はスタディーツアーの初日の日。

一日の始まりが日没から始まるユダヤの人たちの習慣にならってか、夕食のみが予定の一日でした。

なので、迎えのバスが来るまでの時間、テルアビブで自由時間が与えられ、グループの数人と博物館へ行きました。

ユダヤ民族の歴史や生活などがよくわかる資料館で、8つのパビリオンからなっていました。

博物館はテルアビブ市の北側にあり、タクシーで移動しました。

新しい街並みとなっていて、南側のヨッパとは違う雰囲気でした。

 

こちら ↓ 博物館のお金の歴史について学ぶ資料館。

↑ こちら、1デナリ。聖書によく出てくるデナリ硬貨。

 

当たり前ですが、基本的に博物館内の表示はヘブル語とアラビア語、そこに英語となります。なので、ヘブル語、アラビア語がわかんない場合は英語、頑張ろう!

 

内部は写真が禁止なので、あまり写真がないのですが、とても興味深い博物館で、プライベートで行くのであれば、こちらの博物館はまた行ってみたいと思いました。

 

そして、博物館でぜひ見てもらいたいのは、お土産。

すこしお値段は高めかもしれませんが、それなりのものが欲しいのであれば間違いない品物に巡り合えます。イスラエルが2回目の方にローマガラスを教えていただいたのですが、博物館のお土産屋さんで素敵な品を購入できました。

ローマンガラスとはイスラエルが主な発掘場所の、ローマ時代のガラスです。つまり2000年前、イエス様の生きておられた時代のガラスを使ったアクセサリーなのです。アクアマリンのようにクリアーな水色なのです。とても気に入って、この後、同じようなものを探したのですが、クリアーな1枚ガラスのローマガラスのアクセサリーに出会えなかったのです。なので、「これは!」と思ったら運命と思って購入がよいと思います(笑)

 

博物館を後にして、いよいよツアーのためにエルサレムへ向かいます。

 

この日の昼ごはんはピザ。

 

そして、

コーヒーも。

 

 

とってもおいしいの。

 

イスラエルでは、食べ物で困ることがほとんどないのがいいところです。

 

 

次からいよいよバイブルスタディーツアーが開始!

もうちょっとまともなこと書きますね。