Archive for 2018/07/27

続いてます………夫婦の時間

まだこれからが8月で夏本番ってところなのに、いやぁ、本当に毎日暑いですね。

⬇️ こんなの食べて、仕事帰りの主人を待ちました。

 

週に一度の夫婦の時間、今年は割と続いています。

 

 

子供達との時間が持ててなくて、そっちを夏休みは頑張らないとなぁ

家族の時間

先日の海の日の夜。

 

祝日も関係なく働く主人と、月曜日の祝日は普通に大学の長女。(だったので、残ったはーくんとのんちゃんもホームスクール)

 

主人の仕事と長女の五限が終わってから、みなとみらいで久しぶりに家族で時間を持ちました。

 

映画の予定が時間が合わず、家族で食事を。家族全員で揃って出かけられる機会もだんだん少なくなりました。

 

 

マリン&ウォークにて。

最近のホームスクールとそれぞれの進路についてのこと

 

久しぶりの実験です。こちらは長男の理科の実験。

 

 

巷では夏休みに入っておりますが、我が家ではまだまだホームスクールをしています。今年の予定だと8月の最初まで。

 

にしても、今年は

 

暑っ!

 

私たちの住む横浜は海風が気温を少し和らげてくれていますが、勉強する時間になったらクーラーを入れて勉強しています。先日、内陸側の方に車を走らせていたら、39度とか出てきて、本当に驚きました!

 

さてさて、最近のホームスクールですが、次女は9月始まりの子なので、今回8年生のPACEが全て終了次第夏休み。この夏休み開けから高校生の勉強に入りますので(ACEでは9年生=日本の中学3年生から高校課程です)、この夏休み中に手続きをする予定です。

 

長男の方は、自分のペースで生物学的な学年よりも下の学年のPACEを勉強をしています。ですが、本人の意見も考慮して、秋から日本語中心の勉強に移行することが濃厚な感じです。ACEは、いくつかの得意科目は1200番代まで続けていきたいと考えていますが、様子をみつつ、対応していきたいと思います。息子は、人の考えを飲み込んで、自分で解釈し、そして、そこから自分が感じ取ったことをさらに人に伝えるまで、時間をじっくり使うタイプの人なので、この案がでたのは半年以上も前だったのですが、最近、やっとこんな感じで動き出そうかと、進路について一歩前進です。

今月のお料理教室

毎日暑いですね。

昨日、私が外出している間にお姉ちゃんが五限のテストで使うための電卓を家に忘れたとのことで、妹に連絡し、「三限の授業が早く終わったところを急いで電車に乗って最寄り駅まで行くから、電卓をそこに持ってきて欲しい」と頼んだとのことで、妹は暑いなか、お姉ちゃんの電卓を片手に握りしめ、駅まで届けてあげたという、そしてお姉ちゃんはタッチで電卓を受け取り、なんとか四限にも出席でき、五限のテスト(の出来はどうだかしらんが)では、前日にテストのために買ったという電卓を片手に計算ができたというなんとも麗しい姉妹愛のこもった話を聞くことができ、母さんは「母さんが家にいないことにも意味がある時もある」と神様に感謝した夜でした。

 

もともとは、長女が電卓を忘れなければ、こんなことにもならなかったし、私が家に入れば、しょうがないなぁと大学まで車を飛ばして電卓を届けに行くこともできたかもしれなかったのだけれど、そのころ母さんは実家の八王子(39キロほど離れた場所)にいたために、そんなことができず、

長女にしてみれば「あぁ、もう!」と状況を恨むオチの話になることもできただろうけれど、神様はなんとも姉妹助け合いのストーリーにしてくれ、それを聞くことができた母は感謝の思いになることができました。

 

 

と話は変わるのですが、これは海の日の次の日、普段は昼に行くフランス家庭料理の料理教室に夜に遊びに行った時の写真です。

 

今回はペッパーステーキとのことで、塊肉をがっつりいただくコースだったため、参加してきました。

 

周りを砕いた粒胡椒で覆う。

 

このソースがね、おいしいんだがなっ

 

ガーリックトーストもバッチリ習ってきた。

⬆️ そして、デザートはピーチメルバ。

 

 

次の次の日、同じメニューを家で復習して、子供達に食べさせたところ、とても喜んでくれました。

 

夏、もう一回は作ろうと思う。

 

 

肉をがっつり食べ終え、自分のピーチメルバの写真を取っている奥で、みなさんのピーチメルバを作っている先生をパパラッチ!

 

Sharing and Blessing

最近、長女と一緒にディボーションを分かち合っています。

 

彼女は英語で。私は日本語で。笑笑

 

 

これくらいの年齢の子が、親とディボーションなんて嫌だと思うのよ。

クリスチャンであっても、ホームスクール出身であってもね。

 

でも、やはり、彼女を祝福したいから、お願いしてやってもらっています。

 

数日経ちましたが、彼女の学校生活での葛藤や友達関係なんかも分かち合ってもらう中で、祈り&祝福の言葉がけをしているのですが、それらを受け入れてくれています。

 

こんな子供の母親に慣れて、ありがたいですね。

イスラエル旅行記12 エルサレム最終日

 

この日は主人と一緒にエルサレムのホテルで一緒に過ごしました。

 

夫婦の回復というか、祈る時間が必要で、二人、静かにお互いの気持ちを話したり、赦し合う時間を持ちました。

 

そのときの気持ちを旅行の思い出とともに、絵葉書に書き込み、最終日に送りました。帰ってからも、イスラエルでの出来事をリマインドするためでもあります。

 

 

このイスラエルの旅行は、3ヶ月経った今でも、私の中に大きな変化を与えてくれた旅となりました。

 

 

一緒に旅に行った仲間たちとの思い出は一生の思い出です。

 

 

イスラエルから帰り、日常生活が始まりましたが、その後、色々な形で自分を見つめる機会がありました。そして、自分の弱さ、罪深さ、そいういったものと直面しています。ですが、イスラエルに行ったときの風景を思い出すと、自然とイエス様の思いとイスラエルの風が思い起こされ、自分には本当に必要な体験だったのだと感じます。

 

もし、また機会があるのでしたら、イスラエルに行ってみたいです。

 

 

主人と一緒に食べたエルビスのバーガーで旅行記を〆たいと思います。

梅雨の思い出

連続の猛暑日続きで、今からこの暑さだったら、来月はどうなっちゃうのかしら?と思ってしまう最近ですね。

 

ちょっと振り返って、六月末の梅雨休み中の夫婦旅行を記録がてら書いておきたいと思います。

 

二泊三日で小田原ヒルトンホテルに行ってきました。

年に二回のファミリービジネスミーティングをするためです。

今年半年を振り返っての神様からの恵みを数えたり、年初に設定した目標を振り返り、それが祈るべきことだったのかを吟味したり、年始に想定できなかった新たな目標を話し合ったり、そんな内容です。

 

毎週ベースでも予定の確認やお金の出入り、ホームスクールのことや子供のことは話しているのですが、そこで話しきれないような内容なんかもカバーできます。

 

今回は3日の休みを取りましたので、私たちが「レガシーボックス」と呼んでいる書類を完成させることも大きな目標でした。

レガシーボックスには、万が一不慮の事故などで主人が天に召されたとき、また私が召されたとき、どのような補償があり、それをどのように活用するのか、葬儀はどのようにするのか、自分の荷物はどのように処分するのか、子供たちに伝えたいことは何かなど、私たちの残したい思いと信仰継承が詰まっている箱です。

 

このレガシーボックスは、かれこれ2年前から作り始め、最低限のものは出来上がりましたが、お互い夫婦で読みあうことによって、客観的にわかりにくい部分を補修する作業なんかをしています。また子どもたちに伝えたい言葉なんかも、半年もすると変わったりするもので、見直したりしています。

 

ここまで書いて、なんとなく想像つくと思いますが、もう、ロマンティックは無関係です。結構、事務作業的な要素が多いのです。

 

前回もこちらのホテルに滞在して話したのですが、ホテルでよいのは、ジムやスパが無料なので、2時間話して煮詰まっても、ジムで汗を流して気分転換が図れることです。2時間~3時間の話し合いを4~5回したのですが、その都度ご飯を食べたり、泳いだり…と気分転換をしながら過ごすことができました。

 

もちろん、話は膨大過ぎて、絶対に全部なんて終わらないので、ある程度、最低限の話はしつつも、ウィークリーレベルで話せる内容だったらあえて、泊りの時には話しません。また、今回の3日では解決できないような話の場合は、勇気をもって次回に話す議題として残すこともあります。

 

このような夫婦リトリートがすべての夫婦にとって有益かはわかりませんが、少なくとも私たち夫婦にとっては良いことだと感じています。

 

特に、主人は毎日仕事、そして週末は教会とかで自分のためだけに時間を使うことがすごく大変なので、仕事を休み、家から離れることで、自分と向き合う時間が持てて、すごくリフレッシュできているようでした。

主人の遺書が未完成だったので、彼が完成させている3時間の間、私はアロママッサージを受けてホームスクールの疲れを癒す時間をもらったり、それぞれ形は違うのですが、自分だけの時間を持つことができました。

 

この夫婦ミーティングは楽しいものではないのですが、終わるとすごく達成感と一致感が与えられます。そして、これとは別に、ロマンティック旅行もしたいねとなります。(ロマンティック旅行は夏に計画中。)

 

 

3日目の午後からは、帰り道がてら箱根、そして御殿場アウトレットによって帰ってきました。束の間のデートタイムでした。

 

パパさんが一度は通ってみたかったという箱根ターンパイクを通りました。

そして、ドライブがてら箱根の紫陽花を鑑賞しました。

 

この日は梅雨が明ける直前の週でした。曇り空です。

芦ノ湖付近は本当に綺麗に咲いていたんです。

 

 

一度は訪れてみたかった山の上ホテルの庭園にも行ってきました。

こちらは、バラも綺麗でした。

 

そのまま、御殿場方面へ抜けて、アウトレットでお買い物をして帰ってきました。

 

その日は、10年以上使ったサングラスが壊れてしまったので、新しいサングラスを購入。翌週に梅雨明けしてから、ほぼ毎日使っています。

 

以上、梅雨の思い出でした〜。

 

 

 

 

 

 

今年も!ドラム発表会

じいじ(なっちゃんの父)の楽しみ行事の一つ、ドラムの発表会。

 

今年は、家族とじいじ&ばあば、そして教会のお友達親子が見に来てくれてました。

キャプテンカリブという曲を何か月もかけて頑張っていたんです。

 

今年は6回目の発表会です。小学4年生から始めたので、もう7年もドラムをやっているんだな~。

ホームスクールの音楽の授業がわりに始めたドラムですが、この1年くらいでぐぐっとまた上達しました。

それは、高校生になってアップルミュージックのアプリをアイフォンに入れることをOKにし、自分で音楽を聴き始めたことも大きいかなと思います。

 

好きなバンドができて、あこがれのドラマーみたいなのができたので、パパと一緒にユーチューブで検索して見たり、友達とジャムで叩いてみたりと、音楽の文字通り音を楽しむようになってきました。

 

 

こちらに動画を張り付けておきますので、よかったら見てね。

最近はスタイリッシュになった息子の発表会当日コーディネートもご覧あれ!

 

トップス:One OK Rock 2017 ツアーTシャツ

ボトムス:ジーンズ

シューズ:ナイキ白

アクセサリー:ワンオクのラバーバンドと聖句入りピュリティーブレスレット

 

フレンチ料理教室

6月の最初の2週間、忙しくなると思っていたので、6月下旬に1週間ホームスクールおやすみしました。

ACEを続けて10年学んだこと。それは無理をしないです。

(・Д・) オイっ!他にあるだろう!

 

と思われるかもしれませんが、無理をすると、体力的にきつくなり、そして体力的にきつくなると、精神的に余裕がなくなり、そして精神的に余裕がなくなると、霊が荒れ廃れるというか…。( ̄∀ ̄)

そうなってくると、ホームスクールを「恵みでさせていただいている」というへりくだりから一気にギアーのシフトが

「ホームスクールを回している(=予定通りにやってやっているぜ!)」というパリサイ人の高慢ちきに入ってしまって、結果、

なんのためにホームスクール?という顛末になってしまうのよね。

 

子供達には夏休みが減っちゃうよという思いもよぎったようなので、申し訳ない気持ちもあるのですが、やるべきPACEが終わった時点で夏休みとしましょうと話しあい、(もし予定の日々より早く終わったら、遠足などに振り返る感じにします。)

 

梅雨休み…しました。

(子供達はそれぞれ、コンピューターでプログラミング週間、自分の取りたい資格のための集中勉強週間、に加えて、プレイシャーウォークに出かけたりして過ごしていました。)

 

で、私は月から水までは主人と二人、小田原へ出かけました。そして、金曜日は、ちょうど料理教室の日にちと重なったので、久しぶりに参加してきました。

 

白身魚とホタテを添えたピペラートソース、ズッキーニのピカタ、そして、

クレームブリュレを作りました。

 

バーナーで焼き付ける感じ、うまくできましたよ。

映画、アメリのように、パリって割って食べました。

 

 

フレンチ料理教室は、人を家にお招きするときにもっとまともなものを出せるようにって思って通い始めたのですが、一番喜んでいるのは、家族です。

 

家族が笑顔になると嬉しいね。

 

6月のおデート

木曜日の夜はデートと決めてから、わりと継続して出かけています。

 

コンベンションが終わって、ほっと一息、お疲れ様ディナー&買い物。

 

 

子供達はいつも、「美味しいお土産」を期待して帰宅を待っていてくれるのですが、この日は一風かわったお土産を。

 

ららぽーとへ行ったのですが、夏物セールが始まっていたので、Tシャツをお土産を買って帰りました。

 

本当に、いきなり暑くなりましたね〜。