Archive for 2018/12/31

2018年 お世話になりました!

バイト帰りのお姉ちゃんを待ってからの、家族の年越しです。

神様に感謝しかない1年でした。

また、子育てのこと、個人の話し、書きにきまーす!

クリスマス2018

いよいよクリスマスが来週となりました。

クリスマス礼拝やクリスマスパーティーで忙しくしている方も多いと思います。

 

実は今だからか書けるのですが、私は去年、毎週末クリスマスパーティーのような12月を過ごし、そしてクリスマスイブに父が入院したと知らせを聞いて、なにかがプチっと切れてしまったのでしょうか?

 

円形脱毛症になってしまいました。ほんと、初めてのことでびっくりしました!!!

 

それで、今年は少し意識してゆる~く過ごしてきました。本当に私が行くべきものか?私が行かなくてもいいものは断るというくらいの気持ちでいました。

それでもやっぱり忙しい12月です(笑)

 

話は少し変わるのですが、私は毎年、ロイヘッションのカルバリの道という本を読むようにしています。この本はとても薄い本なのですが、自分が砕かれる必要があると感じます。イエス様の十字架が心に迫ってくるそんな本です。

町がクリスマスでにぎわっている時に読むと、あぁ、こんな罪深い私を許してくださるために生まれてこられたと、イエス様の誕生のありがたみがひしひしと感じられました。

 

今朝、神様にお祈りをしていた時に、週末のクリスマス会準備で少し心が騒いでいまる自分を発見しました。私の中の「やらなくっちゃ」スイッチが入ってしまい、そのことをイエス様に告白した時に、私がトラウマの出来事が頭にふと浮かびました。そして、そのことをイエス様にもっていき、悔い改め、裁いていたこと、裁いていた人を赦す祈りができました。クリスマス会の主役はイエス様でイエス様をお迎えすることが会にとって最高に幸せなことだと気づきました。はっきりいって私の下準備はどうでもいいことなんだなと。その時に、マリヤとマルタの話を思い出し、大切なことは一つと思い出すことができました。

 

と同時に、頭の中に

♪Holy Spirit ここに、そばにひきよせ、あなたを知るため♪

といつも教会で歌っている賛美が浮かんできました。

クリスマス会が最初から最後まで聖霊様がいてくださるので、私をあなたのそばに引き寄せてくださいと賛美することができました。

 

 

アドベント最後の週に、神様が「私の元においで、一緒に祝おう」とクリスマスに招待してくださったように感じました。

 

 

どうか、ブログリーダーの皆さんも素敵なクリスマスとなりますように。

 

 

LAB

ACE9年生の理科は生物です。

生物の実験はDVDを見ながら勉強します。

こちら、ミミズの解剖だそうです。

めっちゃクリスマスの雰囲気のリビングで、そして大画面で…

 

ミミズの解剖…。

 

なんか妙にシュールな光景でした。

 

あと1日で冬休みです。

N高用のスターチャート作りました

すっごい、ご無沙汰しちゃっています。

↑ 実は、数年ぶりにヘッダーの写真を変えたのですが、お気づきでしょうか?先日、同じくホームスクールという形で勉強し、今や写真家(アーティストといってもいいのかな?)になりましたS君に撮影してもらいました。彼のインスタは→ こちら

 

 

さて、最近、もっぱらACEの話題から離れてしまってすみません。ある意味、お姉ちゃんがACEを一通り終えてしまい、新しい情報もないというのが正直なところなのですが、またぽろぽろと書いていきたいと思いますがので、どうぞよろしくお願いしますね。

 

さて、前回、息子のN高の話を少し書いたのですが、今回もN高の話です。

 

N高の形に合わせてのスターチャートを作ってみました。

☟ これです。

とりあえず進捗具合を視覚的に確認できることがいいかな?と思いました。これから、改良するかもしれません。

赤い部分は、その月の締め切り日。締切日のある週には何番のレポートを提出していなければならないかを薄い色で番号を入れてあります。

ちなみに、青い線部分はお休みの週です。

ACEのようにWEEK1とかできないので、左側には週の始まりの日にちを書き込んでいます。

 

私もこのスターチャートを作ってから、改めて、ACE的にすると、どうこの状況を読めばいいのか、少し客観的に考えられると思いました。

ただただ、「できた?」と不安で確認するのではなく、この科目はこれくらいのペースで進んでいるのだなとわかるようになりました。

チャートの横には、次の締め切り、次の次の締め切りの課題レポートだけを書き出したメモも張り付けています。できたらスラッシュして、全部できたらクシャっとして捨てる。

↑ こんな小さなことでも少しでも達成感が出たらいいなと思っています。

PACEと違って、冊子を何冊もやるわけではなく、1冊の教科書を1年かけてやるからね

N高に入って…いろいろ感じることを徒然なるままに(笑)

神様は子供たち一人ひとりをロボットのようにではなく、個性や特性を与えてオンリーワンとして造ってくださいます。ですから子供ひとりひとりはオーダーメイドの育ち方だよね。そんなことををふと思うこの頃。

 

最近、N高に入った長男のお話です。

 

長男の息子の今までの生育期をみると

0歳 韓国で生まれる

1歳 日本に帰国 保育園へ

2歳 ほぼ3歳になるときに自閉症スペクトラムであることがわかる

3歳 保育園と療育センターを利用

6歳 ホームスクール開始 幼稚園を1年追加でやる

7歳 1年生(この時点で生物的な年齢の学年より1年遅れ)

13歳 突如、地元の学校に編入。中学2年生になり1年飛び級(でも生物学的には元の学年に戻る)

14歳 中3になる(学校とホームスクールの併用の1年を過ごす)

クラスの友達は特別支援学校の高等部過程に進むことを選択するが自分はそこではないと神様から示される。

15歳 高校生活をどうすればいいのかを神様に聞きながら、ホームスクールの中学の課題を取り組む。

16歳 高卒認定で勉強してみるかと近くの塾に行ったものの、勉強法に迷い、祈りと導きの中でN高の説明会に参加。

N高志願、受験。

 

そして、生物学的な年齢では1年半遅れだけれど、高校入学を果たした彼なのでした。

 

こうやって、彼の生育期を見つめ返しても、いやぁ、人と違うなぁとか、彼らしいな~って思います。そして、「うん、これでいい」って思えて納得している自分も子とともに成長させていただいたと思います。

 

そして、N高に入り、楽になったのかといったら、そんなこともなく、彼らしさは相変わらず続いているのですが、私も最初の数か月ほっておいてしまって、今思えば、もっと関わればよかったなと反省です。というのは、彼は私の予想に思ったよりも動画コンテンツを見て、勉強することに時間がかかることがわかったのでした。

 

10月ごろは、ACEのペースも併用しながら勉強もしていたのですが、11月後半ごろにそれはかなり大変なことだったみたい。限界の際みまでやらせていたかもしれません。本当にごめん。夜中まで時間がかかる勉強に、「これは何かが違う」と思い、息子と向き合って、私も中身をもう一度確認して、あぁ、これは申し訳ないことをさせていたと…。

そこで、11月下旬から、一度PACEはお休みして、N高のものを中心に勉強することに切り替えました。N高は期日があるので、息子の性格的にはそのプレッシャーがかなり苦しかったようでした。

 

息子は

1)締め切りなどのプレッシャーに弱い

2)現代文、社会科、家庭科、体育などにみる覚える系のものが苦手で、動画を見ただけでは理解できないタイプ。

3)そのため、動画を見る前に範囲の教科書を読み、動画を見て、さらにノートをとるという3段階方式で勉強しているので時間もかかる

4)そしてできないジレンマがさらにプレッシャーになる

 

という悪循環にはまりそうでした。

なので、今はPACEを区切りの良いところで区切り、一休み。N高の授業の特に差し迫っているレポートが多いものを順にあげ、PACEのように、一日の動画時間を配分することによって一日の勉強量を調節するようにしています。

N高の授業は必ず動画を見ないと前に進めないので、ページ数ではなく、動画の時間数をすべて計算機で計算して、ゴールカードの一番最後の欄に書くようにしています。(あまり動画で量を詰め込みすぎても、覚えきれないタイプなので、動画の本数の数ではなく、時間を重視)

ゴールカードには、動画の範囲の教科書のページを書き込み、毎日できたらスラッシュ、確認テストをチェックアップのように、レポートをペーステストのように扱っています。

 

特にレポートの時には、テスティングテーブルに移動して、そちらで母の私がいるときに受けるようにと少し、やり方を変えてみました。

 

保護者ページから、毎日の勉強の進捗状況がパーセンテージで出てくるので、毎朝、それをチェックして、記録するようにしています。

 

このようにして3週間経ちました。本人、だいぶ余裕が出てくるようになり、やっと、N高以外の課題を少しできる余裕が出てきました。レポートのサイクルができるあと1か月したら、PACEも徐々に取り戻せるかもしれません。

彼の目標でもある、PACEをすべて1096まで終わらせるということは、頑張ってさせてあげたいと思っています。コミュニケーション英語は楽なので、そちらは余裕のあるうちにどんどんレポートを進め、余った時間を英検などの資格取得に使いたいと今は話せるほどに余裕が出てきました。

ちなみに妹ののんちゃんは高卒認定試験派なので、こちらもこちらで別対策が必要だなと思っています。