Archive for 2019/04/28

ありがとう

週末は大阪で行われるRBTセミナーに参加してました。

その出発前に、子供たちがこの本をプレゼントしてくれました。嬉しい!3人でお金を出して買ってくれた本です。RBTの資格をしっかり取ったら、読みたいと思います。

最高の強化子!

 

新しい命

先週はイースターでしたね。復活祭、ここ数年で日本でもポピュラーになりましたね。皆さんは、よい時間を過ごされましたか?


先週は我が家の庭でエッグハントをしました。お客様の子供たちはバッグにプラスチックの卵をいっぱい入れて、みんなにっこにこで楽しんでいました。

自分の子供たちはエッグハントをする年ではないのですが、子離れできないなっちゃんは小さな籠にプラスチック玉子を用意してしましました。中にはおやつが入っています。ちょっとしたサプライズ。夜ご飯の後のお楽しみです。

新しい命といえば、昨年、台風の塩害で死んだと思っていた庭のクレマチスとバラがなんと復活したのでした。枯れてしまったので、ダメ元でお水を上げていました。春になって、なにも出てこなかったら掘り起こして新しい苗を植えようと思っていました。ほとんど期待していなかったので、芽吹いたときの喜びは「復活祭」並みの喜びでした。

紫のクレマチス
黄色のモッコウバラ

紫と黄色を伝わせています。塀が覆われるのはいつになるかしら?

そして、百合の芽も出てきました。こちらは夏に大きなカサブランカが咲いてほしいな~と思って昨年の冬に植えました。同時期に植え付けたチューリップがいまいちだったので、中で虫に食べられたかもと思っていたのですが、やはりこちらも忘れかけていたころにぴょこんと芽を出し、その後はタケノコのようにぐんぐん伸びています。

ガーデニングはまだまだ初心者ですが、毎季節、失敗と成功があって、学ばされます。

最近、ネットフリックスのドリームガーデンを見始めました。大好きなモンティーさんの番組です。ある回で、ガーデニングを通して鬱が回復したという下りがありました。その時にふと、「ある神学的研究でも、土いじりと霊的健全さには関係があるということも言われているそう」という話を思い出しました。自然の法則は神様が作られた法則ですから、ガーデニング(草花や土いじり)を通して、霊的に触れられるものがあるというのはその通りなのかもしれないな~と思いました。かくいう私も、去年、庭いじりを始めたのは、体と心が弱っている時だったので…。

GW中も時間を見て、庭の手入れをしようと思っています。夏の草花を植える予定です。ガーデニングのこと、詳しい方がいたらいろいろ教えてもらいたいな~。

着付け教室

「着物が似合う50歳」を目指して着物教室に通い始めました。最近始めたお茶と合わせて、ぼちぼちやっていきます。

今日は初めて、先生に教えてもらいながら一人で着物を着てみました。まだまだ下手なのは承知で、ここからどれくらい変われるかという記念のために一枚、パシャリ。

その後、上級クラスの生徒さんの見本のために、私の体をお貸しして帯のデモンストレーションがありました。おかげで私は先生に帯を締めてもらい素敵な仕上がりになりました。

着物を着ると背筋がピンと伸びて、気持ちいいなって感覚を少し感じました。

お着物を着る時、ちょっとした所作に着物を大切に思う思いが込められてて、お茶の時も感じましたが「日本って、ほんと気配りの文化なのだなぁ」と改めて思いました。大和撫子な新しい自分にご対面しちゃって、くすぐったいやら恥ずかしいやらな気分です。

7月までに一人で着られるようになるのかしら?あと8回、頑張るわ。

遠足

先日、ACEプログラムをしているホームスクールの家族と合同の遠足に行ってきました。

科学技術館(九段下にある)です。実は我が家は初めての訪問でした。ホームスクールファミリーの何家族からか、「科学技術館が楽しい」と聞いていたのですが、行ってみたらなかなか面白い!

お母さんは後半まったりコーヒー片手におしゃべりを楽しみましたが、子供たちも2階から5階まで各セクションを行ったり来たり、科学体験できました。

同世代の、しかも同じ教材を勉強しているお友達がいるということは本当に恵みだとつくづく思います。出会いを神様に感謝です。返りの車の中でも楽しかったね~と、わりと口数の少ない息子も「楽しかった」と満足な一日を過ごせたようです。

できれは今年は季節ごと遠足に行けたらいいなと思っていて、小さな目標にしたいです。

地元学校との交流

すごくお久しぶりな投稿になってしまいました。4月は新学期ですので、なにかと慌ただしくなってしまいます。

4月の二週目に長女の大学が始まり、彼女は履修科目と睨めっこしながら時間割を作成していました。それが終わるとバイトの時間がどれくらいとれるのか、そうしたら生活費は足りるのか…。そんなことも少し話す時間が必要です。ホームスクールは終わりですが、子育てはまだ途上ですね。そうそう、子供たちのことで嬉しいなと思ったことが一つ。毎朝、ホームスクール前の30分、子供たちと私の4人で分担して家事をする時間があります。その担当表をいつもは私が作っていました。ですが、今回は長女が「お姉ちゃんの時間割決まったから」とPCをもってきて作成してくれたのです。一限から大学の日は朝のお手伝いはなしで、夜にお手伝いをしてもらっていました。ですが、1年生の時は夜は夜でバイトやら、部活やら、習い事でお手伝いがままならぬ状態で、結局は長男と次女と私の3人で分担するという事態が多発していたんです。やや「お姉ちゃんは当てにならないね~」的なムードが流れていましたが、そんな中、長女が率先してお手伝い表を作成してくれたので、ママはかなり感動しました。

さて、もう一人変化のあった人が。それは次女ののんちゃんです。のんちゃんは中学生で今年は3年生です。義務教育ラスト!そして我が家で最後の一人!2年生の時の担任のK先生はとても好感が持てる先生で、K先生の尽力によってのんちゃんはクラスの子と友達になり、日曜日に遊んだりする仲になったのでした。2年生を終える時は「来年もまたK先生みたいな先生になるといいね」と親子で祈ったのですが、4月の登校日、(我々はホームスクールだったのですが)、2年生の時のクラスの子がわざわざメールでのんちゃんにクラス発表の紙と担任の先生が誰なのかを教えてくれました!

またK先生です!

さっそくK先生から連絡があり、今年もよろしくお願いしますとご挨拶できました。ホームスクール3人目で、こんなに地元の学校と関わることになるとは思いませんでしたが、学校もこのようにオープンであるならば関わることもまたいいなぁと思い始めています。さっそくのんちゃん、(レンタル)制服を着て学校へ行き、先生の配慮で2年生の時のクラスの子、新しいクラスの子、そして5月の修学旅行に行くときのグループの子と会えたそうです。

今まで、なんとなく学校とは関わらずに来てしまったのですが、それは校長先生によるのかなと思います。長女の時は、籍すらもらえませんでした。長男の時は籍をもらいましたが、ホームスクールということを理解してもらえませんでした。そして次女の今、学校がすごくオープンに状況を受け入れてくれているように思います。学校を通して情報も入ってくるので、うまく学校と連携し、進路情報など教えてもらいたいなと思っています。私たちはずっと同じ地域に住んでいるのですが、3人とも校長先生は別々でした。横浜は校長先生の力が大きいのだと思います。みなさんの地域はどうでしょうか?

地元の校長先生のために祈るというのは、結局は自分たちのホームスクールに返ってくることなのかな?とぼんやり感じているこの頃です。

お誕生日

先週は、お誕生日ラッシュでした~。

10歳のお誕生日を迎えたペットのジョエルくんと…

36歳(+10)の私、なっちゃんです。← ここ、突っ込むところよ。

みんなの予定が合わな過ぎて、当日はとりあえずいる人だけで祝って、その後、追加でってやってたらなんだか先週末は毎日ケーキを食べていました(なんだかお腹が粉もんでパンパンです。)でも、お祝いしてもらえるって本当に嬉しいことです。もったいないくらいの喜びがありました。

最近、ちょっとしたパーティー気分の食事として、レミさんの「ペテンダック」にはまっています。

春巻きの皮にお肉と野菜を巻いて食べるの。生春巻きのようなのだけれど、生春巻きよりもライスペーパーをお湯で戻さなくていい分、もっと手軽です。作る工程は「なるほど、レミさん流だわ」とお目目びっくりな作業もあるのですが、手巻き寿司にくらべ、材料費がぐっと抑えられる感じがするわ。

さてさて、去年は「いよいよアラフィフか」と思ったのですが、いざアラフィフに入ったら45だろうが、46だろうがあんまり変わらない気がして来てます。きっとしばらくはこの「あれ?私は何歳だっけ?」感を楽しみながら過ごしたい気分です。2歳年上の主人は、「40代になった時、どんな風になるのかなぁと思ったけれど、40代を何年も過ごして、今は40代も後半で40代ということに慣れて楽しむ余裕が出てきた。」と話していました。私も主人のように、よいしめくくりのできる40代を過ごしたいなって思います。50って年はどうなるのかまだ未知だけれど、「今までもよかったけれど、今もいい」と感謝があふれる年になりますようにと祈る思いです。

いろいろな方面からお祝いの言葉をいただき、この場を借りて感謝します。愛を受け取りました。

家族旅行

去年の夏休み以来の家族旅行に行ってきました。家族で行く初めての沖縄です。

主人は仕事で沖縄に来ることが数回あったものの、仕事場とホテルの往復で海に行ったことはなく、私(=なっちゃん)も小学1年生の時に来た以来沖縄には来たことがなく、実に38年ぶりの沖縄でした。もちろん、子供たちは全員初めての沖縄です。

4月上旬の沖縄はすでに25度越え。海も開いており家族で海でのアクティビティーを楽しんだり…

↑ 夕日を見に行ったり…

↓ 沖縄の琉球王国や戦争の歴史を勉強する時間をもちました。

***************************************************************************

個人的には朝焼けを見ながらのディボーションが恵まれて…最&高 でした。

最近のディボーションは詩篇なのですが、海辺に誰もいなかったので、音読していたのですね。すると詩篇103篇にこのようなことば書いてあるのを発見。

「神は私たちの罪を取り除き、はるか地平線のかなたに投げ捨ててしまわれました」(リビングバイブルより)

ちょうど☝の写真の景色を前にディボーションをしていたので、神様の赦しがわぁ~ってやってきて、「大丈夫だよ」と言われている感覚になり、神様が私の悩みに答えてくださった瞬間を体験できました。

私にはたくさん欠けているところがあります。神様はそれでも私を使って子供たちを教育するように導いてくださいました。神様には私の弱さ故に子供たちが傷ついたり、親子関係に誤解が生じることなんかはじめからわかっていたことだと思うのです。それでも母として立たせてくださるのは、「神様は神様の御業を成してくださり、そのことが私が成し遂げたことの何百倍も何千倍も素晴らしいのだ」と信仰で受け取るように教えてくださる神様の優しさを知ることにあるのですよね。神様のあきらめない愛と赦しと恵みに改めて感謝でした。

***************************************************************************

神様、家族を、子供たちを、そして私たちに救いをくださって感謝します。

ボランティア活動

ABA(応用行動分析学)のセラピーを公費で受けられることをアピールする活動をしてきました。

最近、このブログでも頻繁に出てきているキーワードのABAですが、これは英語で(Applied Behavior Analysis)の頭文字で、日本語では応用行動分析学といいます。

我が家で勉強しているホームスクールカリキュラムの名前はACE。なんだか紛らわしくてごめんね。

ここ20年の間で発達障害、特に自閉症スペクトラム障害については研究が進められており、いま、主に言われていることは

① 自閉症スペクトラムは脳障害であり、親の養育とは関係がない

② 自閉症スペクトラムの原因の一つは遺伝(DNA)

と言われています。もちろん、まだまだ未知な部分は多いとは思いますが、自閉症スペクトラムの治療として、科学的に効果が得られているのはこのABAというセラピーです。小さければ小さいほど始めると大きな効果が得られ、さらに週に20時間以上のセラピーが治療効果があるといわれています。

このABAを勉強すれば勉強するほど、自分が選んだACEという教材のシステムやホームスクールという環境が驚くほどABAにマッチしていて、「なるほど、どうりで息子のIQの伸びが20ほど上がったのだな」と感じます。私はただただ、神様に導かれてホームスクールをはじめ、またこのACEという教材に出会いました。本当にラッキーだったと思います。(本当に恵みです。)

さて、北米では保険治療として認められているABA、そして発達障害児の療育者として確固たる地位をもっているABAセラピストという職業ですが、日本ではまだまだ知られておらず、アクションを起こそうと立ち上がった団体があります。私もそのビジョンに対し、思うところがあり、微力ながらお手伝いさせていただきました。

その日は、クリーンアップの活動もあり、家族でABA公費化をアピールしつつ、町の清掃活動も取り組みました。このような地味な活動ですが、すこしでも地域に貢献できるように。そして発達障害を抱える親子の子育てが救われ、ABAセラピーによって発達障害を持つ子供の障害が軽度化され、社会に貢献できる(税金を納めることができる)社会人となることができるように願いながら、ゴミを拾いました。

この日はみなとみらいのシンボルである大観覧車が青く灯りました。

国連の定める記念日に伴い、自閉症協会の方が交渉したそうです。

自閉症スペクトラムに必要なのは『かかわり』であり、それを促すABAセラピーであるということがもっともっと広がりますように。私も将来はセラピストとして仕事をし、子育てに困っている親子の力になれたら嬉しいなぁ。

9年生の数学

娘の9年生過程も後半戦になりました。

9年生からの数学ではセルフテスト前に復習というページが追加されています。

9年生は番号が0097からスタートしますが、97番ペースから少しずつ少しずつ問題が出され、忘れていないか復習をするのだそうです。

「復習ペースの枚数がどんどん増える~」と娘、ちょっと愚痴ってました。