Archive for 2019/04/17

お誕生日

先週は、お誕生日ラッシュでした~。

10歳のお誕生日を迎えたペットのジョエルくんと…

36歳(+10)の私、なっちゃんです。← ここ、突っ込むところよ。

みんなの予定が合わな過ぎて、当日はとりあえずいる人だけで祝って、その後、追加でってやってたらなんだか先週末は毎日ケーキを食べていました(なんだかお腹が粉もんでパンパンです。)でも、お祝いしてもらえるって本当に嬉しいことです。もったいないくらいの喜びがありました。

最近、ちょっとしたパーティー気分の食事として、レミさんの「ペテンダック」にはまっています。

春巻きの皮にお肉と野菜を巻いて食べるの。生春巻きのようなのだけれど、生春巻きよりもライスペーパーをお湯で戻さなくていい分、もっと手軽です。作る工程は「なるほど、レミさん流だわ」とお目目びっくりな作業もあるのですが、手巻き寿司にくらべ、材料費がぐっと抑えられる感じがするわ。

さてさて、去年は「いよいよアラフィフか」と思ったのですが、いざアラフィフに入ったら45だろうが、46だろうがあんまり変わらない気がして来てます。きっとしばらくはこの「あれ?私は何歳だっけ?」感を楽しみながら過ごしたい気分です。2歳年上の主人は、「40代になった時、どんな風になるのかなぁと思ったけれど、40代を何年も過ごして、今は40代も後半で40代ということに慣れて楽しむ余裕が出てきた。」と話していました。私も主人のように、よいしめくくりのできる40代を過ごしたいなって思います。50って年はどうなるのかまだ未知だけれど、「今までもよかったけれど、今もいい」と感謝があふれる年になりますようにと祈る思いです。

いろいろな方面からお祝いの言葉をいただき、この場を借りて感謝します。愛を受け取りました。

家族旅行

去年の夏休み以来の家族旅行に行ってきました。家族で行く初めての沖縄です。

主人は仕事で沖縄に来ることが数回あったものの、仕事場とホテルの往復で海に行ったことはなく、私(=なっちゃん)も小学1年生の時に来た以来沖縄には来たことがなく、実に38年ぶりの沖縄でした。もちろん、子供たちは全員初めての沖縄です。

4月上旬の沖縄はすでに25度越え。海も開いており家族で海でのアクティビティーを楽しんだり…

↑ 夕日を見に行ったり…

↓ 沖縄の琉球王国や戦争の歴史を勉強する時間をもちました。

***************************************************************************

個人的には朝焼けを見ながらのディボーションが恵まれて…最&高 でした。

最近のディボーションは詩篇なのですが、海辺に誰もいなかったので、音読していたのですね。すると詩篇103篇にこのようなことば書いてあるのを発見。

「神は私たちの罪を取り除き、はるか地平線のかなたに投げ捨ててしまわれました」(リビングバイブルより)

ちょうど☝の写真の景色を前にディボーションをしていたので、神様の赦しがわぁ~ってやってきて、「大丈夫だよ」と言われている感覚になり、神様が私の悩みに答えてくださった瞬間を体験できました。

私にはたくさん欠けているところがあります。神様はそれでも私を使って子供たちを教育するように導いてくださいました。神様には私の弱さ故に子供たちが傷ついたり、親子関係に誤解が生じることなんかはじめからわかっていたことだと思うのです。それでも母として立たせてくださるのは、「神様は神様の御業を成してくださり、そのことが私が成し遂げたことの何百倍も何千倍も素晴らしいのだ」と信仰で受け取るように教えてくださる神様の優しさを知ることにあるのですよね。神様のあきらめない愛と赦しと恵みに改めて感謝でした。

***************************************************************************

神様、家族を、子供たちを、そして私たちに救いをくださって感謝します。

ボランティア活動

ABA(応用行動分析学)のセラピーを公費で受けられることをアピールする活動をしてきました。

最近、このブログでも頻繁に出てきているキーワードのABAですが、これは英語で(Applied Behavior Analysis)の頭文字で、日本語では応用行動分析学といいます。

我が家で勉強しているホームスクールカリキュラムの名前はACE。なんだか紛らわしくてごめんね。

ここ20年の間で発達障害、特に自閉症スペクトラム障害については研究が進められており、いま、主に言われていることは

① 自閉症スペクトラムは脳障害であり、親の養育とは関係がない

② 自閉症スペクトラムの原因の一つは遺伝(DNA)

と言われています。もちろん、まだまだ未知な部分は多いとは思いますが、自閉症スペクトラムの治療として、科学的に効果が得られているのはこのABAというセラピーです。小さければ小さいほど始めると大きな効果が得られ、さらに週に20時間以上のセラピーが治療効果があるといわれています。

このABAを勉強すれば勉強するほど、自分が選んだACEという教材のシステムやホームスクールという環境が驚くほどABAにマッチしていて、「なるほど、どうりで息子のIQの伸びが20ほど上がったのだな」と感じます。私はただただ、神様に導かれてホームスクールをはじめ、またこのACEという教材に出会いました。本当にラッキーだったと思います。(本当に恵みです。)

さて、北米では保険治療として認められているABA、そして発達障害児の療育者として確固たる地位をもっているABAセラピストという職業ですが、日本ではまだまだ知られておらず、アクションを起こそうと立ち上がった団体があります。私もそのビジョンに対し、思うところがあり、微力ながらお手伝いさせていただきました。

その日は、クリーンアップの活動もあり、家族でABA公費化をアピールしつつ、町の清掃活動も取り組みました。このような地味な活動ですが、すこしでも地域に貢献できるように。そして発達障害を抱える親子の子育てが救われ、ABAセラピーによって発達障害を持つ子供の障害が軽度化され、社会に貢献できる(税金を納めることができる)社会人となることができるように願いながら、ゴミを拾いました。

この日はみなとみらいのシンボルである大観覧車が青く灯りました。

国連の定める記念日に伴い、自閉症協会の方が交渉したそうです。

自閉症スペクトラムに必要なのは『かかわり』であり、それを促すABAセラピーであるということがもっともっと広がりますように。私も将来はセラピストとして仕事をし、子育てに困っている親子の力になれたら嬉しいなぁ。

9年生の数学

娘の9年生過程も後半戦になりました。

9年生からの数学ではセルフテスト前に復習というページが追加されています。

9年生は番号が0097からスタートしますが、97番ペースから少しずつ少しずつ問題が出され、忘れていないか復習をするのだそうです。

「復習ペースの枚数がどんどん増える~」と娘、ちょっと愚痴ってました。