Archive for 2019/10/30

最近の朝のルーティーン

WEEK7に入りました~。今週を含めてあと3週間で一区切りです。

年始から始めた聖書通読が、いよいよ今月で終わりそうです。

この一年間、ともに聖書通読を励ましてくれたジョエルくんに感謝♡

みことばを毎朝読むという習慣、毎年苦戦しています。やっぱりサタンは読ませたくないものね。霊の戦いです。45歳すぎたあたりから、集中力の部分に霊的な戦いを感じ始めました。以前に比べ、集中力を維持するのが難しくって、すぐに雑念にとらわれてしまいます。それなりに努力してみたり、一応、理想的な朝の過ごし方なんかのプランもあるのだけれど、うまくいかない日も多々です。

先週のある日、長男、次女も同じような葛藤を持ち合わせていることがわかって、神様との関係をもっと深めたいし、勉強の時間も守りたいのに守れない、いろいろなもやもやを話したのだけど、その中で私が最近、学んだ行動契約についてシェアーしたところ、やってみようとなりました。

一人だとなかなかさぼってしまうことも、3人だったらお互いに助け合えそうです。習慣になればもう、終わりなので…。気軽な気持ち(でも引き締まる気持ちも持って)始めてみました。

達成した時のご褒美(メリット)も3人で話し合って設定して、「昼休みのTVタイム1時間」としました。

もちろん、神様の言葉が聞きたくて起きれるのがいいのですが、とりあえずTVタイムのために起きたとしても、神様との時間をしっかりもってくれたら…と祈っています。

興味のある方は「行動契約」「応用分析学」などのキーワードを入力して、検索してみてね。

絵画教室

月一回、参加させていただいている絵画教室にて…。

のんちゃん、りっぱな大根を描いてきました。先生の畑でとれた大根がモデルさんです。

この絵をみて、おでんが食べたいと思ったのは私だけ?

寒くなって、お鍋が美味しい季節になりましたね~。

白馬でワークショップします

お知らせです。

チアにっぽん主催の白馬セミナーでワークショップをすることになりました。

特性や発達障害をもったお子さんのホームスクールって大変です。椅子も座れないお子さん(多動過ぎて)とどうやってホームスクールできるのか?発語がないお子さんとどうやって勉強できるのか?

そんな疑問にホームセラピーという考え方をもとに、聖書的な見解や療育的なテクニック、証しなどを踏まえてお話できたらと思います。

先月取得したRBT(登録行動技師)という資格をひっさげての初めてのワークショップです。

昔のビデオも流す予定。今や男性の域に入りつつある息子の声変わり前のめちゃめちゃ天使voiceが流れちゃいます。私のぐだぐだぶりのホームスクールの映像も…。

よかったら、聞きに来てね。

仕える心

最近、長女から素敵な言葉を聞きました。

「はぴしぇあ」

です。

これは Happy Sharing の略で、感謝や喜びを分かち合う=喜んで仕える ということだそうです。

おごる というと、お返しが…とかありますが、はぴしぇあは見返りを求めないシェアーだそうです。

長女は はぴしぇあの日を月に2回すると決めているそうで、1回は大学の友達に、もう1回は私たち家族にしてくれました。

先週の土曜日、賞味期限がやばいクリームチーズがあって、私が「チーズケーキでも作らないといけないわ~」とぼやいていたのですが、一向にチーズケーキを作る気配のない母を思ってくれて、次女がオレオクッキーと生クリームをお小遣いで買い、チーズケーキを作ってくれました。

とっても美味しかったです。次女にもはぴしぇあの文化が移ったようです。

私も昨日、はぴしぇあ、やってみました。いつも行列のケーキ屋さんの前を通ったのですが、その日は珍しく駐車場が空いていました。一度は通り過ぎたのですが戻って、店内へ。子供たちにサプライズでケーキを買ってみました。

一緒に食べると楽しいし、家族の雰囲気が一転変わります。はぴしぇあ文化、いいです。

我が家の中にはぴしぇあを実践してくれた長女に感謝です。

TEENをやる気にさせるために…

先日も書かせていただいたのですが、12月をもってブログを閉鎖することにしました。残り2か月ちょっとですが、お付き合いくださると感謝です。

さて、最近私が学んでいる応用行動分析学(ABA)的なお話を…

ホームスクールはABAをするのに最高の環境だなぁ~とつくづく思うこの頃。何気ない家庭の一幕が、セラピーになるんですね。毎日の当たり前なことが、実はABA的テクニックであったと分かった時はちょっと心の中でガッツポーズです(笑)

先日の週末、自治会の古紙、古布回収日の朝の一幕です。

土曜日、二階の廊下にまとめて置いた古紙を「玄関に運んでね」と頼みました。

夜までにすべて玄関に運んで置いてありました。

日曜日の朝、「外の階段下に8時までに運んでおいてね」と頼みました。

朝、8時にチェックしたところ、きちんと運ばれていました。

↑ これ、ふつうの家族の会話ですよね。でも、これも「行動記録」の手法の一つなのです。

買い物で「これとこれとこれ、買ってきて」とリストアップし、それがきちんと買えたかというのも、データになるんです。

うちの子は、言われたことをやらない…となる前に、振り返ってみるのも一つの手です。このように、言われたことができたということは、指示が通っている(理解できている)という意味でもあるんですね。

私も最近、セラピストの修行をはじめ、自分の行動をビデオで撮ってみてわかったことがたくさんあります。

それは、私の指示がわかりにくいんです。(笑)

「あ~、これじゃぁ、できない相手を責められないなぁ」と思いました。

子も成長しますが、親もまだまだ成長の余地ありです…。

WEEK5に入りました

昨日からWEEK5に入りました。いよいよ、真ん中の週。今週を乗り切ると、後半戦です。

今回は、息子の話。

10月生なので、10月1日に高校2年生になりました。まずは、レポートを進むためのペース配分を決めます。私が作成したスターチャート(兼1年の勉強計画表)によると↓ 12月15日にまず、レポート10枚、そして冬休みを挟み、わずか数週間の1月15日にレポート10枚という大きな波が来るので、

まず、レポート数を週で割り算して、一つのレポートの何日かけるのかということを計算します。そこから、一日に視聴する動画数を割り出しました。

きっとそれぞれのお子さんの勉強スタイルがあると思うのですが、息子はまんべんなく進んでいくのが落ち着くタイプなので、単位数の多い科目は動画の数が多く、少ない科目は動画の数も少なくって感じです。

ゴールカードはACEのものが健在です(笑)

動画はそれぞれ教科書何ページからか記されているので、ゴールカードは教科書のページ数を書くようにしています。右端のトータル頁数の欄は動画視聴時間を書き込んでもらっています。

こういったスケジュール管理も、大人になって生きていくうえでこれからますます必要になってきますね。引き続き、サポートしながら、教えていきたいと思います。

夫婦の時間

主人の職場が自宅近くになったため、1年ぶりに平日の夫婦の時間を持つことを再開しました。

台風前の備品の買い物の後、山下公園付近のメガドンキの中のレストラン、その名もCobara Hetta(小腹減った)さんのインド料理です。

リーズナブルで、でも美味しいんです。平日の夜でも家族連れでにぎわっておりました。

去る1年は、主人が平日家にいることが少なく、その生活になったばかりのころは寂しさに押しつぶされそうでした。ですが、そこから脱すると、だんだん主人なしの生活もやりくり術を覚えて、案外慣れてしまったりしちゃって…。人間ってホント、勝手ですね。

主人は、出張がなくなって、「毎週木曜日はデートの日」とやりたかったようなのですが、私の方は変化に弱いというか、臨機応変にぱぱっとやることが苦手な性格で、隔週にしてもらえないか?と…。

また、少しずつ変化に慣れていきながら、毎週デートができるようになりたいです。

久しぶりのメリットショップ

のんちゃんもはーくんも、それぞれメリットが1000メリット近くたまっていましたので、久しぶりのメリットショップをオープンしました。

といっても二人とも高校生なので、メリットショップのラインナップも様変わりです。お店のような形はなくなり、交渉式に…。それだけ子供たちが成長したのだと感じています。

子供たちに魅力的なメリットとして、提案したのは、LINEのコインとの交換。二人ともスマートフォンですが、制限をかけているため、自分でスタンプなどを購入することはできません。なので、メリットとLINEのコインを交換できるのは、ちょっと特別な、威力のあるご褒美です。

そんな中、成長を感じさせる発言が

「俺、もう、メリットショップ、やめようかな…」

と長男のつぶやき。

母さんは見逃すはずはありません。

このようなつぶやきが聞かれるのは、とっても良いことです。成長の証し。「もう、子供じゃない」という意味や「勉強はご褒美のためにしているのではない」という意味、いろいろあります。もしかしたら、今、長男が欲しいのは、メリット(ご褒美)ではなく、自由なのかもしれませんね。

ホームスクールが続く限りは、メリットショップは続くと思うのですが、このように、メリットのために頑張るということから抜け出ると、親が躍起になってなんとかメリットを!オーナーロールを!フィールドトリップを!とやらなくて済むので、嬉しいです。

と、同時に、ACEがメイン教材でなくなってしまった息子は、プリビレッジシステムから自動的に外されてしまったのですが、そちらも考え直してみようかな~と思いました。

あと、3年のホームスクールを悔いなく終わらせたいな。

お知らせ

ホームスクールを初めると同時に続けてきたこのブログですが、2019年末をもって閉じる決断を致しました。

ブログを楽しみにしてくださった方々には、ただただ感謝の思いでいっぱいです。私自身も、まだまだ成長する子供たちのホームスクール記録をつぶさに書き留めたい気持ちもありますが、今が一区切りの時と感じています。

今回、ブログを辞める決断に至ったのは、私の中で一つの季節の始まりを感じたからです。

ホームスクールを始める時、長年の夢であったカウンセラーという仕事のキャリアを諦めました。カウンセラーとして働くことよりも子供たちにその時間、エネルギーを使うように神様に召され、私は「はい」と答えました。30代は子育てに力を注ぐように、40歳になった時に必ず召し出すという神様の約束を聞き、ずっと祈り求めていました。その間、ChildDと出会い、そして、ABAセラピストと出会い…。一つ一つがつながれて行きました。ひょんなことから勉強した応用行動分析学の道ですが、いよいよ、ABA(応用行動分析学)の国際資格でもあるセラピストの試験に無事合格をきっかけに、神様が新たな人生のステージに引き上げてくださっていることを感じています。

引き続き、インスタ、フェイスブック、ツイッターなどは続けてゆく予定ですので、近況などはそちらで知ることもできると思います。どうぞよろしくお願いします。

NEXT STEP

先日、ボランティアで移動動物園に行く子ども介助をしました~。

子供たちは元気だな~。特性あっても、元気に生きてる!素晴らしい。

親目線だとついつい目頭が上がって、きつくなりがちだったけれど、それは私に恐れがあったんだな~とつくづく感じます。

このやぎに餌やりするのを怖がっていたRくん。その日、初めて会いました。当然、拒否されまくり。手をつなぐところから始まったけど、その後、餌やりもお手本を見せただけで「やるやる」とやる気になって、切り替えもちゃんとできたし、えらいな~って感動しました。もちろん、いっぱい褒めました。

ACEのエデュケーターセミナーで阿部先生から、デメリットはなるべくあげない。メリットをあげる。デメリットばかりの先生は先生として成長しましょう!←みたいなことを言われて、叱ってばかりの先生から卒業すると心に決めたことがありました。「デメリットを上げるなら、その3倍メリットをあげる」とそんなことを心に決めてホームスクールをしていた時期も。特性のある子供をほめるってかなり大変なんだけれど、おかげで鍛え上げられたかも。それは、何でもないときに何でもないことができていることをほめてあげる。(笑) 勉強してたら、勉強してて偉いね~とか、本読んでたら、本読んでてすごいね~とか。

そんなホームスクールで培った学びが、今、ボランティアをやるうえでの自信にもなっていることに心から感謝し、私も外へ、外へ「出て」行きたいと思います。

GO and MAKE Disciples! イエス様の宣教命令をこれからも胸に刻んでいきたいです。

PS ACEのエデュケーターセミナー、申し込まれましたか?今年は11月1日です。