立場逆転…そして更新完了

Who wants to sign for my “homework assignment slip”?

“Me!!!”

と一番に手を挙げたのは次女。
今年は五年に一回のACEスーパーバイザーの更新年だったため、一週間セミナーに参加しました。

毎日の宿題に子どもたち、1日ずつ、わたしの宿題カードにサインしてくれました。
3回目のトレーニングでした。ACEの教育理念ややり方を勉強するこのセミナー。やったみなさんはわかると思うのですが、なんというか量が

膨大なんです!

なので正直、今までの二回はやることに精一杯だったのですね。
でも、今回、単語とかある程度はわかるじゃない?少し読む方にも余裕があるというか。心にスペースもあって、よくよく読んでいると、

なんか、クリスチャン教育ってすごいことだなー

と。

じーんと心にしみました。

 

と同時に、「知恵」のテキストでは涙が止まらなくなってしまいました。

 

知恵のテキストはクリスチャン教育論の基本が書かれています。ちょっとした論文のような内容です。でも、本当によくまとまっていて、ACEでホームスクールしなくてもいいから、この本はぜひ読んでもらいたいと思います。「私たちが次世代に伝えなければならないことって何?」「主にある教育って根本的になに?」ということがぶれなく書いてあり、これを読むといかに自分がぶれまくっていたのかがわかります(😢でも感謝)

 

こんなこと、今回初めてだったのですが、知恵の本を読みながら、たくさんの、本当にたくさんの失敗が走馬灯のように駆け巡り、涙がでてきて、字が読めないほど、苦しくなりました。

まじ、悔い改めです。

ほんと、ACEの指針からずれまくりがあり過ぎて、「あー、もっとあのようにできたのでは?」「このようにできたのでは?」と子どもたちにごめんなさいと謝ることがあり過ぎました。

その日はそれ以上、宿題を進めることができず、別のテキストを進めなければならないほどでした。

 

2日目、先生に特別に時間を取ってもらい、祈っていただきました。

 

その中で、10年間、やってきたからこそ、そう思えたのだねという慰めとともに、自分を赦すことを教えていただきました。先生方もたくさんの失敗をして、でも、その時の自分にはそれがベストだったと主に栄光をお返しすることを学びました。実際、子供たちは私の失敗に傷ついたかもしれないけれど、それでも信仰をもって育っているし、いろいろな意味で傲慢だった自分を砕き、祈ることができました。

 

もちろん、子供たちにも謝って、赦してもらいました。
涙で止まらなかった初日、終了できるのかしら?と思ったのですが、

無事、できました!

 

 

皆さんも2回目、3回目、是非受けてね!
今回はホームスクールで始められる方がまた増えました!感謝です!
ネットワーク作りもやっていきたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.