地元の学校

のんちゃん、中学生になって地元中学の先生が訪問して来た!前の校長先生にはホームクールスタイルの話をしていて、おりおり四月の少し時間がだったら話しましょーという感じだったので、ワォ!素早い!

書類を見て、校長先生も変わってしまったので、納得し、これはちゃんと説明しなきゃいけないかなーと電話してみました。
のんちゃん、地元の小学校を前向きに不登校=ホームスクールだったので、ある程度の情報は担任の先生にも言っていたみたい。

「ご両親のお考えもあると思いますので」と柔らかな印象でした。
これは個人的な考えなのですが、学校の先生は一生懸命な気持ちで子供の将来を考えてくれています。育てるベクトルと教育の土台はちがうけど。なので、そこを批判して争うよりは、こっちの味方につけるような気持ちで話すのがいいなと考えています。

戦うっていうのでも、許しをもらうとも考えず、ウチは、ホームクールでやりますと淡々とにこやかに話してます。
どんな話になるかなー。
よい関係づくりを祈っていきたいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.