ホームスクール推進?

先日、買った雑誌、脳科学系の話の中に興味深い記事がありました。

 

発達障害の子供の教育についてです。

障害をどのように捉えるのか。不得手なところがあっても、それをカバーできていれば障害ではないという定義。ふむふむ。

ホームスクールって言葉も出て来ました。

ホームスクールで育てた子供は学力が向上する(発達障害の子供も含む)というデータは前からありますが、なるほど、ホームスクールという言葉がこんなにも普通の雑誌の中でも最近は語られるようになったのね〜。

 

もっと、もっと祈らなければね!だんだんホームスクールであることに肩身が狭くならなくてよくなる時代が来つつあるね!

 

発達障害の子供は、情報処理に時間がかかったり、なにかしらの過敏な反応があって、対応できないだけであって、なにもわかっていないわけではありません。

 

コツを掴んでいけば、その子にあったやり方で、神様がその子に望もうとしておられる人生が開けると信じています。両親には試練ですがね。

 

でも、毎日の十字架は軽いと神様は話してくださっているので、イエス様と一緒に歩めばいいと思います。それは、本人も同じですね。

 

明日、発達障害で不登校になってしまったお母さんとランチします。イエス様の希望=福音を語れるように、今、祈っています。

 

神様は失敗しないということをきっちりまずは伝えようと思います。愛を持って。

子育てハウツー話にならないように気をつけなきゃ。笑笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.