Science Project 1092

理科の実験でした。結晶を作ってみるというプロジェクトで、ミョウバンと卵の殻を利用してのプロジェクト。

 

卵の薄皮を綺麗に剥くのがなかなか大変なの。「ちょっと湿っている方がいいね」とか、こつも掴むものの、もうちょっとで完全に向けるってところで残念にちぎれたりとか…。

 

そうね、粘着力の強い古いシールを「シール剥がし」を使わずにどれだけ傷つけずに綺麗に剥がせるか?みたいな感覚に似ています。

 

 

そして、我が家に焼きミョウバンがあったのですが、溶けやすいということを考えると粉末がいいねと、粉末のミョウバンを買いました。

 

こちらもアマゾンでどのミョウバンがいいかな〜と思って調べていたら、「消臭」ってキーワードがめちゃめちゃ出て来て、なるほど、匂い消しにミョウバンを使うのかとミョウバンの用途とパワーも合わせてを知りました。

 

フードカラーを水に垂らし、卵に色をつけます。

↗︎ この状態になったらほっときっぱなし〜

 

どんどん化学反応が起きて、みるみるクリスタルのような結晶が出て来ます。

 

わかる?

 

面白いのは、卵の殻には色が付いているのに、結晶は色がつかないの。どうしてなのかな?ちょっと不思議ですね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.