お茶とおもてなしの心

先日、2回目のお茶のクラスに出かけてきました。

 

今回はお抹茶だけでなく、日本茶全般の知識についても学ぶことができました。

 

こちらは梅のお饅頭。

そして、初めて宝瓶でいれた玉露を頂きました。

私、あまり日本茶(煎茶系)は好きではなかったのですが、こちらのお茶を飲んでイメージががらりと変わりました。

 

とっても柔らかで、甘味すら感じるお茶で、お上品な味でした。

 

 

お茶のことを勉強しながら、おもてなしの心(=奉仕の心)を学んでいきたいなと思います。

 

クラスの掛け軸がとっても縁起がいい絵でした。

2羽の鶴の絵。そして、よーくみると子育てをしているのです。

御翼の陰…ととっさに思い浮かび、神様の守りを感じました。また、もう一つ、「ホームスクール」って思っちゃいました。自然界では当たり前のことなんだよね、親が子供を育てるってことは。この絵を通して、励まされました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.