地元学校との交流

すごくお久しぶりな投稿になってしまいました。4月は新学期ですので、なにかと慌ただしくなってしまいます。

4月の二週目に長女の大学が始まり、彼女は履修科目と睨めっこしながら時間割を作成していました。それが終わるとバイトの時間がどれくらいとれるのか、そうしたら生活費は足りるのか…。そんなことも少し話す時間が必要です。ホームスクールは終わりですが、子育てはまだ途上ですね。そうそう、子供たちのことで嬉しいなと思ったことが一つ。毎朝、ホームスクール前の30分、子供たちと私の4人で分担して家事をする時間があります。その担当表をいつもは私が作っていました。ですが、今回は長女が「お姉ちゃんの時間割決まったから」とPCをもってきて作成してくれたのです。一限から大学の日は朝のお手伝いはなしで、夜にお手伝いをしてもらっていました。ですが、1年生の時は夜は夜でバイトやら、部活やら、習い事でお手伝いがままならぬ状態で、結局は長男と次女と私の3人で分担するという事態が多発していたんです。やや「お姉ちゃんは当てにならないね~」的なムードが流れていましたが、そんな中、長女が率先してお手伝い表を作成してくれたので、ママはかなり感動しました。

さて、もう一人変化のあった人が。それは次女ののんちゃんです。のんちゃんは中学生で今年は3年生です。義務教育ラスト!そして我が家で最後の一人!2年生の時の担任のK先生はとても好感が持てる先生で、K先生の尽力によってのんちゃんはクラスの子と友達になり、日曜日に遊んだりする仲になったのでした。2年生を終える時は「来年もまたK先生みたいな先生になるといいね」と親子で祈ったのですが、4月の登校日、(我々はホームスクールだったのですが)、2年生の時のクラスの子がわざわざメールでのんちゃんにクラス発表の紙と担任の先生が誰なのかを教えてくれました!

またK先生です!

さっそくK先生から連絡があり、今年もよろしくお願いしますとご挨拶できました。ホームスクール3人目で、こんなに地元の学校と関わることになるとは思いませんでしたが、学校もこのようにオープンであるならば関わることもまたいいなぁと思い始めています。さっそくのんちゃん、(レンタル)制服を着て学校へ行き、先生の配慮で2年生の時のクラスの子、新しいクラスの子、そして5月の修学旅行に行くときのグループの子と会えたそうです。

今まで、なんとなく学校とは関わらずに来てしまったのですが、それは校長先生によるのかなと思います。長女の時は、籍すらもらえませんでした。長男の時は籍をもらいましたが、ホームスクールということを理解してもらえませんでした。そして次女の今、学校がすごくオープンに状況を受け入れてくれているように思います。学校を通して情報も入ってくるので、うまく学校と連携し、進路情報など教えてもらいたいなと思っています。私たちはずっと同じ地域に住んでいるのですが、3人とも校長先生は別々でした。横浜は校長先生の力が大きいのだと思います。みなさんの地域はどうでしょうか?

地元の校長先生のために祈るというのは、結局は自分たちのホームスクールに返ってくることなのかな?とぼんやり感じているこの頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.