お茶とおもてなしの心

先日、2回目のお茶のクラスに出かけてきました。

 

今回はお抹茶だけでなく、日本茶全般の知識についても学ぶことができました。

 

こちらは梅のお饅頭。

そして、初めて宝瓶でいれた玉露を頂きました。

私、あまり日本茶(煎茶系)は好きではなかったのですが、こちらのお茶を飲んでイメージががらりと変わりました。

 

とっても柔らかで、甘味すら感じるお茶で、お上品な味でした。

 

 

お茶のことを勉強しながら、おもてなしの心(=奉仕の心)を学んでいきたいなと思います。

 

クラスの掛け軸がとっても縁起がいい絵でした。

2羽の鶴の絵。そして、よーくみると子育てをしているのです。

御翼の陰…ととっさに思い浮かび、神様の守りを感じました。また、もう一つ、「ホームスクール」って思っちゃいました。自然界では当たり前のことなんだよね、親が子供を育てるってことは。この絵を通して、励まされました。

整理整頓

ラーニングセンター(子供の勉強部屋)の本棚を整理してみました。

 

長女が去年使っていた受験勉強の本もずら~と並んであったりして、ひとまずそれらのものを同じラーニングセンターの物置へ。

 

おかげで物置のほうはパンパンになってしまったのですが、ついでの片付けでボードゲームは取りやすくなりました。

 

*******************************

 

最近、ネットフリックスのkonmari(近藤まりえ)さんの片付け番組を見たのですが、ご主人の遺品を片付けるという回で、涙が止まりませんでした。新しい季節(2度目の独身生活)に入るために何を残すのかという決断は並大抵のものではないと思います。ですが、片付け終えた彼女の表情は穏やかで、生気に満ちて、寂しい気持ちは否定しないものの、これからの人生をまるで冒険するかのような晴れやかさがありました。

 

今回はたった少しの片付けですが、いつか終わるホームスクールのことを少し考えてしまいました。このラーニングセンターはどのような部屋になるのでしょうね。少し寂しい気持ちもしますが、だからこそ、今、しっかりと主にある教育をしていきたいなと思いました。

 

 

また、ホームスクールのママたちにあって、元気を注入されたいな。コンベンションが待ち遠しいです。

 

春休み

長女あんちゃんの後期試験が終わり、春休みに入りました。

 

夕方から1か月分の調味料や乾物を買い込みにスーパーに行き、家にたどり着くと、仲良く3人でゲーム。

 

こんな光景を見るのは何か月ぶりかしら?

 

 

***********************************

 

1年前に1年後のこんな姿は想像できなかったなぁ。

神様、ほんとうにいつもいつもともにいてくださり、ありがとうございます。

 

 

 

 

ホームスクールの流れ~

こんばんわー!(こんにちは~。おはよー。)

 

久しぶりにホームスクールのことを書いてみようと思いました。ホームスクールも10年以上がたち、いろいろな波風がありながらも、私がルーティンのようにしていることをちょいとシェアーしますね。

 

昼の12時(~時には午後1時くらいまで)が、私が一緒に付き添うホームスクールの時間です。このように我が家の犬は寝ております。(ホームスクールしている間は誰も構って遊べないから、勝手に朝はよく寝る犬になりました。)

 

昼ごはんの前に次の日のゴールをこのように書き込んでもらいます。

 

↓ 息子(N高)の場合もこのようにしています。

 

 

子供たちがこのように昼ご飯の準備をしている間、

 

のんちゃんのゴールカードを見ながら、今日のPACEがどれくらい終わっているのかをチェックします。そして、宿題の範囲の量のチェックをしながら、次の日のホームスクールの最初がスコアーが多くなるのかなど、頭の中で考えています。スコアーが多めになる感じの日の朝は、なるべく早くスタートし、スコアリングが進むように心づもりをする感じです。(その時に、息子のレポート提出が重なったりとのんちゃんに時間が割けないなぁと思ったら、夜にスコアーしたいかどうかを聞いて、時間が合えば、午後に特別にスコアーの時間を設けたりする配慮もします。)

↑ こちらは息子の勉強の進みなのですが、3時間の勉強で終わったものを丸をしています。だいたい半分くらいを終わることを目指しています。

 

子供たちが昼ご飯を調理している間に、テストを採点する場合も。

 

 

お昼12時のオフィスは一度、このように整理されて、整えられます。

 

ホームスクールって、どこまでで区切りをつけていいのかわからなくなってしまいますよね。

 

みなさま、それぞれの家庭にあった流れがつかめますように~。

ルーベンス展

結婚記念日週間の〆のデートに行ってきました。

 

 

上野にて、ぶらぶら。

大学生のお金事情

 

とある日の夜。

のんちゃんが出かけて、アンナがうちにいるよ~。

 

はーくんは洗い物を担当で、その側でアンナが

大学にもっていくお弁当の作り置きを作っていました。大学で学食ばかり食べているとお金が持たないので、わりとみんなお弁当が多いそうです。お友達どうしでお弁当のレシピを交換したりしてるみたい。主婦のように学校帰りにスーパーの袋をぶら下げて帰ってくる大学生です。

 

大学生になりたての頃は家から出たくて出たくてって感じだったのですが、最近は「家っていいよね~」と。割と、遅くまで大学で勉強するにも関わらず、ご飯は家で食べるとお腹を空かせて帰ってきてくれるので、ママとしてはとっても嬉しいです。うふふ。

 

そんな長女もあと1週間で大学1年生も終わり。その後長~い春休みに突入です。

 

 

*******************************

 

大学生の小遣い事情って、それぞれの家庭によるのだけれど、

我が家は学費と通学定期、学業に必要な書籍や必要な資格、通信費(携帯電話)以外は自分で賄ってもらっています。

 

これがすごい経済効果で、家計的には助かっております。

 

先日、長女とお金の話などをしていたのですが、そのことをちゃんと伝えていなかったために、無理をさせていたようだったので、「バイトをしてくれてありがとう」と伝えることができました。大切なことは学業と霊的成長なので、そのことのバランスが崩れるほどにバイトに打ち込む必要がないことも話し合うことができました。

 

そこで今後、試験期間などがある月や教会の奉仕、行事参加など、思うようにバイトができなかったときは遠慮なく親に相談するなどしようねと、お互いに状況を理解する時間となりました。

 

 

 

結婚記念日

結婚記念日の当日、午前中のホームスクールをささっと済ませてから午後から、東京駅へ向かいました。

昨年夏以来、仙台と横浜を往復している彼(=主人)は、結婚記念日は仙台で仕事でしたので、そこでお祝いをするためです。

 

久しぶりの新幹線、SUICAのアプリがちゃんと作動してくれるのか、改札口をピッて通るまでドキドキしてました。新幹線用の改札口で

 

「ピッ」って通過できた瞬間。

 

あぁ、私は文明を生き抜いた!って思ったよ。あぁ、ホームスクール&車移動の多い私はどんどん文明社会から追いやられているように思う笑笑。

 

1時間半の移動のあと、着きました。仙台。

↑ 仙台の景色。

 

主人が宿泊しているホテルに到着後、部屋へはいると。

お祝いのお花が置いてありました♡ 年々、ロマンティックになっているような。ありがとう。

 

仕事帰りの主人をラウンジで待つこと数時間。そのまま、ディナーへ行きました。

 

同じホテルの最上階の日本食屋さんでした~。

 

いろいろと楽しい話をしながら、最後のプレートに

メッセージが。お花も描いてありました。可愛い。

 

今回、ホテルの方々には本当にお世話になりました。部屋のアップグレードから、結婚記念日だからと細かいサービスまで、心遣いを感じました。派手な祝いではなかったのですが、帰ってきてからも「楽しい時間だったな」としみじみ感じています。

 

20年、う~ん。これは、節目ですね。

10年目の時ほどきらびやかなイベントではないのですが、20年はしみじみとこの人と結婚してよかったと深く思いました。私の欠点も20年もたつと隠しきれないっていうか、いろいろボロボロと自己中な私がたくさん出てきちゃうし、20年の中で一回も苦労がないってことはないし、そういったある意味「影」な部分も含めて驚かずに受け入れて、さらに許してくれちゃう主人の想いに愛を感じています。主人も主人で自分の足りない分部をサポートを感謝していると、従い続けることをありがたく思ってくれているみたいで、そんな話をつらつら話していました。

 

結婚記念日って、やっぱりその日ならではのマジックがあるよね。普段言えないようなことも、さらりと言えたりね。

 

主人の仕事の都合に合わせての一泊だけの仙台でしたが、のんびり過ごさせてもらいました。

 

 

勉強したり、本を読んだり、仙台市内をぷらぷら散策しました。

↑ 帰りの新幹線前に仙台駅で「ずんだシェイク」を購入。

こうして、結婚記念日のささやかなお祝いが終わりました。

 

 

その間の子供たちはというと、お姉ちゃんは大学、した二人は自主勉強で過ごしていました。洗濯と食事、犬の世話さえすれば、掃除はいいよと。普段4人で回している家事を3人(昼間は2人)で回すことになるので、そんな感じで過ごしました。

 

 

次の日の子供たちの勉強のスコアーのチェックが半端なかったのは言うまでもありません。

 

 

ここ数年、夫婦の旅行は北陸が多かったのですが、主人の仕事が落ち着くまでは東北を中心に遊びに行くのもいいなと思っています。

 

片付けたよ~

緑と赤と金色のクリスマスカラーから、家が一気にシンプルになりました。

 

テレビ周りも…

ダイニングも…

 

クリスマス装飾がなくなると、ちょっぴりさみしい気持ちになりますね。

 

 

今回は、私と長男と次女の3人だけでツリーの飾りを取り外し、解体したり、窓枠のガーランド、各部屋の装飾品を片付けたのですが、なかなか骨の折れる仕事でした。

 

子供たちがそれぞれ進学就職して家にいるのは私一人になったら、どうやって片付けるのかしら?とちょっと考えて、口にしたら、子供たちに即効で「無理だろう」と言われました。でも、クリスマスが大好きな私なので、おばあちゃんになっても、クリスマスツリーは飾りたいな~って思っちゃうんだよね。

 

新年が始まり、先日1週間の断食祈り会も終わり、いよいよ今年が始動したって感じです。

 

2019年、行くぜ!

いよいよ結婚20年です。

年を明けてもクリスマスデコレーションの中で生活している辻家です。

 

先週の日曜日の夜に、辻家の誕生日でもある私たちの結婚記念日を祝ってケーキを食べました。

 

結婚式当日の写真をおいて撮ったら?という娘のアドバイスをもらい、写真を撮ったのですが、

 

「なんか、私たち、死んじゃったみたいね…」

 

ってなって、結局、ブログ冒頭の写真を撮ってもらいました。

 

20年たって変わったことはいろいろあるけれど、あえて、増加と減少で考えると

増えたこと

体重、白髪、しわ、笑い、年収、そしてなによりも主の弟子が加えられました!

減ったこと

髪の毛、体力、奨学金返済金、歯、……あとなんだろうねぇ。減ったものを思い出すのはなかなか難しい。

 

子供が二十歳になると大人といいますが、私たちの結婚生活も大人の域に入るのでしょうか?あと5年でいよいよ銀婚式です。

結婚した時は20年後がどうなるか全く想像もつきませんでした。今、次の20年後を思うとそれは簡単に想像できます。どこで何をしているのかは不明ですが、私の横には主人がいるってのはわかります。(お互いに健康であれば(笑))

 

今年は20周年という区切りの年でもあるので、久しぶりに結婚式の写真を引っ張り出して、家族で見ました。

そこにはウェディングドレスとタキシードの二人、そして、結婚式の式次第なんかもちゃんと残ってて、20年前のあの日にタイムスリップした気持ちになりました。

私は、バージンロードを結婚行進曲ではなく、マラナサのI love you, Lord.で歩きました。主人もそのことを覚えていてか、ギターを取り出して、演奏してくれたので家族で初めてこの曲を歌いました。

最近、ヒルソングのYOUNG and FREE でこの曲がカバーされたそうです。→ こちら

この曲と私たちの家族の縁について話をしたのは、その時が初めてだったのですが、子供たちは個別にこの曲を聴いて、いいな~と思っていたそうで、「自分が好きな曲が家族の思い出の曲とわかって、ますます好きになったわ~」と話してくれました。

私が、子供たちに子守歌として歌っていた古い賛美も、最近、どなたかが現代風にカバーしているそうで、「ママ、この曲、めっちゃいいんだよ!」って伝えてくれた時も、そんな下りの話をしました。

 

時代が巡り巡って、よい賛美は受け継がれてゆくのですね~。自分が好きな曲を、子供たちもいいな~って言ってくれるのはうれしいです。

 

step by step, hands in hands…. これからも楽しく暮らしましょうね。

 

 

おまけ。  ジョエルの位置!

 

ジョエル、ケーキ、狙ってます!

2019年の習い事

2018年はカジュアルフレンチのお料理教室に通っていました。

ですが、悲しいことにその先生が年末でおやめになってしまったの。

でもこれは何か新しいことを始める転機かも?と

前からやってみたいと思っていたけれど、ハードルが高くって無理だろうと勝手に思っていたお茶に挑戦することにしました。

といっても、毎週通うことはできないし、お着物もないので、こちら普段着で椅子で習える、茶論さんにて気軽な感じで始めました。

気持ちとしては毎月1回、ホームスクールが終わった午後に自分を見つめなおす時間としていきたいと思っています。

 

お茶ってもっととっつきにくいものだと思っていました。やってみると楽しいです。

 

さっそくアマゾンで簡単な茶器セットを購入したのですが、やはりお道具が違うと泡立ちとか違うのかな?と感じています。

 

お出かけしたら、茶道具や茶器のお店にふらりと入るくせが今年はつきそうです。